メインメニューを開く

光岡 龍三郎(みつおか りゅうざぶろう、1901年3月15日 - 1961年8月4日[1])は、日本俳優である[2]。新字体光岡 竜三郎、本名は中澤 喜一(なかざわ きいち)である[1][3]

みつおか りゅうざぶろう
光岡 龍三郎
光岡 龍三郎
1930年代
本名 中澤 喜一 なかざわ きいち
別名義 光岡 竜三郎
生年月日 (1901-03-15) 1901年3月15日
没年月日 (1961-08-04) 1961年8月4日(60歳没)
出生地 日本の旗 日本 北海道亀田郡大野村(現在の北斗市大野地区
職業 俳優
ジャンル 映画サイレント映画剣戟映画
活動期間 1920年代 - 1961年
配偶者 若木 染 (旧姓、1928年 - 1961年)
著名な家族 中澤喜三郎 (父)
中澤マツ (母)
葛木香一 (兄)
中澤光喜 (長男)
主な作品
鳴門秘帖
テンプレートを表示

来歴編集

1901年(明治34年)3月15日北海道亀田郡大野村(現在の北斗市大野地区)に「中澤喜一」として生まれる[1]。11歳上の兄に俳優の葛木香一がいる[2]

当初舞台劇の俳優であったが[3]、1924年(大正13年)、東亜マキノ等持院撮影所に入社し[1]、映画俳優に転向する。翌1925年(大正14年)、阪東妻三郎主演、二川文太郎監督の『江戸怪賊伝 影法師』前篇・後篇等に出演する[1]。二川監督の『墓石が鼾をする頃』に出演した後、牧野省三らは東亜キネマと分離するが、光岡は東亜キネマに残る[1]。1926年(大正15年)、高木新平主演、仁科熊彦監督の『帰って来た英雄』前篇・後篇に出演、中国人役を演じて注目される。同役で「和製ワーナー・オーランド英語版」との賞賛を受ける[1]。同年、村越章二郎監督の『鳴門秘帖』では主役に抜擢された[1]。以降、東亜キネマの主力の剣戟俳優となった[1][3]。1928年(昭和3年)1月27日、若木染と結婚、染との間にその後6男6女をもうける[2]。そのうち長男中澤光喜は、長じて録音技師となった[2]

1929年(昭和4年)、日活太秦撮影所に移籍した。1936年(昭和11年)からは、牧野省三の長男・マキノ正博(のちのマキノ雅弘)のマキノトーキー製作所に所属した。同社の崩壊後は、新興キネマに移籍、1942年(昭和17年)、第二次世界大戦の戦時合併以降は、そのまま大映京都撮影所に戦後まで在籍した。

1961年(昭和36年)に引退し[1]、同年8月4日、胃がんのため死去した[1][2]。満60歳没。

人物・エピソード編集

昭和10年の『追分三五郎』の撮影で、光岡竜三郎は清水の次郎長に扮したが、監督の辻吉朗も光岡も、秋田弁のきついほうだった。 光岡が「このスムズのズロツォーが(この清水の次郎長が)」とやったところ、辻監督は怒って「ミチオカくん! これはトウガイドウのハナスだよ(光岡くん! これは東海道の話だよ)、スムズじゃない、スムズのズロツォーだ」と教えた。

これに恐縮した光岡は、「わかりました。このスムズのズロツォーが・・・」とおうむ返しに辻監督にそう答えたという[4]

おもなフィルモグラフィ編集

編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 無声映画鑑賞会[2005], p.162.
  2. ^ a b c d e キネマ旬報社[1979], p.562-563.
  3. ^ a b c 『日本俳優名鑑 - 映画俳優の部』、「芝居とキネマ」昭和4年1月号新春付録、1929年、「光岡龍三郎」の項。
  4. ^ 『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)

参考文献編集

関連事項編集

外部リンク編集