メインメニューを開く

帰らざる橋

朝鮮の板門店に存在する橋

座標: 北緯37度57分22.05秒 東経126度40分14.15秒 / 北緯37.9561250度 東経126.6705972度 / 37.9561250; 126.6705972

帰らざる橋(かえらざるはし)とは、朝鮮半島中部・板門店共同警備区域西端に位置するである[1]

帰らざる橋
Bridge of No Return.jpg
各種表記
ハングル 돌아올 수 없는 다리
漢字
発音 トラオル ス オムヌン タリ
英語表記: Bridge of No Return
共同警備区域の地図。左下にBridge of No Returnが記されている

軍事境界線となっている沙川江に架かっている。本来の名は沙川橋(サチョンギョ、사천교[1]

1953年朝鮮戦争停戦後の捕虜交換が、この橋で行われた。捕虜達がこの橋の上で南北いずれかの方向を選択すると、二度と後戻りすることが出来無いことから、「帰らざる橋」(돌아올 수 없는 다리、逐語訳的には「帰って来ることのできない橋」)と呼ばれるようになった[1]。以来、南北朝鮮分断の象徴となっている。

北朝鮮側に村があり、国連軍側の警備所付近では1976年ポプラ事件が発生した。同事件後、共同警備区域内でも軍事境界線が設定され、帰らざる橋が南北の境界線を跨ぐ形となったため、以降は事実上通行できなくなっている。これに伴い、北朝鮮側は上流に新たに「72時間橋」を建設し、現在はそちらが北朝鮮側からの板門店へのアクセスルートとなっている。

2000年に公開された韓国映画JSA』の舞台ともなった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集