メインメニューを開く

常楽寺(じょうらくじ)は、富山県富山市婦中町千里にある高野山真言宗寺院。山号は法界山(ほっかいさん)。本尊大日如来

常楽寺
所在地 富山県富山市婦中町千里6522
位置 北緯36度37分49.1秒 東経137度6分58.6秒 / 北緯36.630306度 東経137.116278度 / 36.630306; 137.116278座標: 北緯36度37分49.1秒 東経137度6分58.6秒 / 北緯36.630306度 東経137.116278度 / 36.630306; 137.116278
山号 法界山
宗旨 高野山真言宗
本尊 大日如来
札所等 北陸観音霊場 第29番
法人番号 6230005003028
テンプレートを表示

目次

歴史編集

大宝2年(702年)の創建と伝え、仁寿2年(852年円仁が来訪して、寺号を常楽寺とし、二重塔を建立し、千体地蔵を安置したという。

室町時代末期 長尾景虎(上杉謙信)の兵乱で伽藍が焼失。しかし、宿坊であった末寺に避難した菩薩像百姓仁蔵に「我々を常楽寺に還してくれ」と夢告し、村を挙げて白布を敷き送って再建したと伝えられる。寛永年間(1624 - 1644年)、富山藩によって再興された。

文化財編集

重要文化財

交通アクセス編集

外部リンク編集