メインメニューを開く

平 常晴(たいら の つねはる)は、平安時代中期の武士上総氏2代当主。平常長の子。兄弟に千葉氏の祖常兼。子に戸気長実佐賀常澄常時常明とも。

 
平常晴
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 常時、常明、相馬五郎
官位 上総権介
氏族 房総平氏上総氏
父母 父:平常長
兄弟 佐賀常家千葉常兼鴨根常房
原頼常常晴村澤常義
安西常遠大須賀常継次浦常盛
埴生常門
戸気長実佐賀常澄
養子:千葉常重
テンプレートを表示

略歴編集

房総平氏代々の土地である下総国相馬郡にて相馬五郎と称する。長兄・常家が男子を儲けることなく没したため、養子と言う形で上総氏の家督、即ち上総権介の地位を継承する。上総氏は常晴を初代当主とすることが多い。

常晴は実子の常澄と折り合いが悪かったのか、兄・常兼の三子である千葉常重を養子として大治5年(1130年)6月に家督を譲った。これが後に、房総平氏間の抗争の遠因となる。

先代:
佐賀常家
房総平氏歴代当主
-
次代:
千葉常重
先代:
佐賀常家
上総氏歴代当主
-
次代:
佐賀常澄