メインメニューを開く
 
平時実
時代 平安時代末期-鎌倉時代初期
生誕 仁平元年(1151年
死没 建暦3年1月29日1213年2月21日
別名 讃岐
官位 従三位左中将
主君 六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇
氏族 桓武平氏高棟王
父母 父:平時忠、母:時忠の前妻
兄弟 時実時家時宗時定時国宣子蕨姫中山忠親
吉田経房の娘
時秀、女子
テンプレートを表示

平 時実(たいら の ときざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿桓武平氏高棟王流、平時忠の長男。室の吉田経房女との間に時秀と一女がある。官位従三位左中将。讃岐を号す。

経歴編集

仁安元年(1166年)に叙爵されると同時に越後となり、讃岐守・左近衛少将を経て、寿永2年(1183年)には正四位下・左近衛中将に叙任される。

平家の都落ちに従って解官元暦2年(1185年)3月、壇ノ浦で捕らえられて京に戻り、まもなく周防国への流罪が決まったが、義兄弟となっていた源義経に接近して配所に赴こうとしなかった。11月、義経が源頼朝と対立して都を退去するとこれに同行するが、摂津国大物浦で船が転覆し、離散してに戻る途上で村上経業の弟・禅師経伊に捕らえられた[1]

その後、鎌倉に護送され、文治2年(1186年)正月に上総国配流された。文治5年(1189年)に赦免されて帰京。建暦元年(1211年)には従三位に叙された。公家でありながら「心猛き人」と評された[2]

脚注編集