メインメニューを開く

平 貞蔵(たいら ていぞう、1894年8月7日 - 1978年5月28日)は日本の思想家。新人会昭和研究会に参加。昭和塾を設立。

概要編集

山形県出身。米沢中学校第三高等学校を経て、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東京帝大の新人会に所属。

佐々弘雄の紹介で、奉天において後藤隆之助らに会い、これが縁で昭和研究会の支那問題研究会に参加することになり、多くの軍人と接触した。

昭和13年(1938年)5月に大山岩雄とともに中支視察のため上海へ赴き、6月に野田清海軍少将らと現地視察談を昭和研究会で発表。

法政大学経済学部教授、満鉄の参事などを務めた後、佐々弘雄とともに昭和塾を設立して講師を務めた。