メインメニューを開く

平野 隆文(ひらの たかふみ、1961年 - 2015年2月3日[1])は、フランス文学者

兵庫県出身。本姓・鈴木。大阪府立北野高等学校[2]。1989年東京大学文学部仏文科卒。96年同大学院博士課程満期退学。1993-94年東京大学文学部助手。パリ第10大学DEA、1996年青山学院大学文学部仏文科専任講師、1999年助教授、2006年教授、2008年立教大学文学部教授[3]

1999年「ジャン・ボダンヨーハン・ヴァイヤー 悪魔学の医学的・法学的・司法的「テクスト戦略」を巡って」で東大文学博士[4]ルネッサンス期の悪魔学を専門とした。

著書編集

  • 『魔女の法廷 ルネサンス・デモノロジーへの誘い』岩波書店 2004

翻訳編集

  • ジョルジュ・ミノワ『未来の歴史 古代の預言から未来研究まで』菅野賢治共訳 筑摩書房 2000
  • アラン・カバントゥ『冒涜の歴史 言葉のタブーに見る近代ヨーロッパ』白水社 2001
  • ロベール・ミュッシャンブレ『悪魔の歴史12~20世紀 西欧文明に見る闇の力学』大修館書店 2003
  • ジョルジュ・ミノワ『悪魔の文化史』白水社 文庫クセジュ 2004
  • マイケル・A.スクリーチ『ラブレー笑いと叡智のルネサンス』白水社 2009
  • ミシェル・パストゥロー『熊の歴史 〈百獣の王〉にみる西洋精神史』筑摩書房 2014
  • 『フランス・ルネサンス文学集 1 学問と信仰と』宮下志朗伊藤進[要曖昧さ回避]共編訳/江口修小島久和菅波和子高橋薫二宮敬訳 白水社、2015

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平野隆文氏死去:茨城新聞
  2. ^ 『週刊朝日』1983年4月1日「東大合格者出身校別一覧」
  3. ^ 立教大学研究者総覧
  4. ^ 博士論文書誌データベース