メインメニューを開く

平長盛(たいら の ながもり)は、平安時代後期の武将平忠正の長男。弟に忠綱、正綱、通正がある。長盛のみ父の偏諱が含まれない名前だが、「長」の字は父が仕えていた藤原頼長からの偏諱(「盛」は伊勢平氏の通字)と考えられる。

 
平長盛
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 保元元年7月28日1156年8月15日))
官位 蔵人
主君 崇徳上皇
氏族 桓武平氏伊勢平氏
父母 父:平忠正
兄弟 長盛忠綱正綱通正維盛中根正持?
長光宇都宮業綱

略歴編集

崇徳上皇に親しく仕え、その北面蔵人となり、新院蔵人と呼ばれた。保元元年(1156年)の保元の乱においては、父や三人の弟と共に上皇方として参戦。敗戦に伴い、一家全員捕虜となり、従兄弟平清盛の手によって処刑された。

一女は宇都宮業綱に嫁ぎ、頼綱の母となったという(『系図纂要』)。また後世、江戸幕府幕臣の服部氏は、伊賀国に住んだ長盛の一子長光の後裔を称している。