メインメニューを開く

年金危機もしくは年金時限爆弾は、様々な国々での、企業や国の雇用退職年金の支払いにおける予報された困難である。それは国等の給付者への年金給付義務とそれらに資金を供するよう併設される財源とのくい違いによる。人口動態は退職者当たりの勤労者の比率の低下を引き起こしている;寄与する要因は(退職者の相対的な人数の増加の)退職者の長寿化、ならびに(特に第二次世界大戦後のベビー・ブーム英語版に関係する、勤労者の人数の減少の)低出生率を含む。その問題の規模と重要性を考慮した有意義な討論がある。[1]

一例として、2008年のような、アメリカ合衆国の州の年金計画の資金準備についての見積もりは、8%の割引率を用いる1兆ドルから、その割引率とした合衆国債を用いた23兆ドルにまで及ぶ。[2][3]2010年における社会保障のもとでの資金供給の証券の現在価値はおおよそ5.4兆ドルだった。言い換えれば、その元金の利子が今後75年間の支払いと税収の間の、計画の不足額を埋めるであろうするために、この総額は今日では取り除けて貯えておかれていたかもしれない[4]

何人かの経済学者たちは、今貯蓄によって問題を処置するような私たちの能力を議論する。不換通貨の形態での、政府による貯蓄基金は、機能的には彼ら自らの信用証書を集めた貯蓄と同等である。政府はその通貨の発行に責任があるから、今発行して、直ちにそれを貯蓄して、そして後で流通へ放すことは、単にそれを後で発行することに経済的には同等である。[5]これは後の危機を処置するよう政府によって今日現金を貯えることは解決策ではないことを提起する。

改革の意見は三つの範疇に分類できる:

  • 退職年齢の引き上げ、雇用政策、ならびに移民政策による、勤労者と退職者の比率の措置。
  • 確定給付から定額拠出の型への転換、ならびに(たとえば、受益水準を決定する公式の調節による)将来支給額総計の引き下げによる、国の支払い義務の低減
  • 租税の寄与率の引き上げならびに増税による、年金に資金供給するような財源の増加。

目次

背景編集

(「扶養比率」であるところの)年金生活者に対する勤労者の割合は多くの開発された世界で減少している。これは二つの人口統計学上の要因による:

出生率の減少が、勤労者の人数を減少させるときに、個人らは長い退職後の生活をもって退職するので、(定められた定年を伴う)平均余命の増長は常に退職者の人数を増加させる。

1950年に、OECD諸国では65歳以上の各人に対し、7.2人の20歳から65歳までの人がいた。1980年では扶養比率は5.1に低下し、2010年では4.1だった。2050年ではそれは丁度2.1に達するよう見通される。EUでの平均の比率は2010では3.5であり、2050年では1.8に見通される。[6]選ばれた幾つかの国と地域における扶養比率の1970年、2010年、ならびに中位の異本を用いた2050年の見通しの例は以下のようである:[7]

国または地域 1970 2010 2050
アメリカ 5.2 4.6 2.5
イギリス 4.3 3.6 2.1
ドイツ 4.1 3.0 1.7
日本 8.7 2.6 1.3
フランス 4.2 3.5 1.9
アジア 12.0 8.6 3.3
アフリカ 13.6 13.2 8.8
オセアニア 7.2 5.3 3.0
北アメリカ 5.3 4.6 2.4
ラテンアメリカとカリブ海諸国 10.8 8.3 3.0
ヨーロッパ 5.4 3.8 1.9
世界 8.9 7.4 3.5

年金計算編集

年金計算はしばしばアクチュアリーによって実行される。それはその他の変量における次のことを考慮する仮定をもちいる:

  • 現在ならびに将来の人口統計
  • 平均余命
  • 投資利益
  • 課金の寄付の水準
  • 受益者への払い出し

論点の一部分は投資利益の仮定された毎年の利率に関係する。もし、高い投資利益が仮定されるならば、相対的に低い寄付はそのシステムへこれらの支払いを必要とする。年金システムへの個人や政府による必要な寄付の総計を引き下げるよう、投資利益の仮定は人為的に膨張していることを、評論家たちは主張している。例えば、アメリカ合衆国やその他の国々での(保証された投資における収益の)債券収入は低い(そして合衆国ならびにその他の株式市場は2000年から2010年の期間に一貫して膨張を打ち鳴らさなかった)。しかし、多くの年金は、2000年以前の平均収益に近い、7~8%の平均範囲での毎年の投資利益の仮定を有する。もし、それらの利率が1~2パーセントのポイントで低かったならば、俸給や課税を通しての、その要求される年金寄付金は劇的に増大するだろう。一つの見積もりによれば、低減1%当たりは寄付金での10%以上を意味する。例えば、もし年金計画が8%から7%へその投資収益の利率の仮定を引き下げたならば、それらの年金への毎月当たり100ドルの寄付金は110ドルを要求するようになろう。市場より良い収益を維持するよう試みることは、ポートフォリオ管理人により多くのリスクをとらせることも引き起こす。[8]

国際通貨基金は2012年4月に、先進国が彼らの公的もしくは民間の年金計算において長寿化の衝撃を過小評価しているかもしれないことを報告した。国際通貨基金は、もし個人らが予測よりも3年長く生きる場合、増加する費用が将来の経済で2010年のGDPの50%に及び、現在の経済で25%になることを見積もった。アメリカ合衆国では、これは年金寄付の9%の増加を表すだろう。国際通貨基金の勧告は退職年齢の上昇は平均余命と釣り合うことを含む。[9]

アメリカ合衆国編集

合衆国の社会保障計画編集

 
退職者に対して勤労者が負担する社会保障-比率

アメリカ合衆国の退職者当たりの勤労者の数は1960年では5.1人だった;これは2009年には3.0まで減少し、2030年には2.1まで減少するよう推し量られる。[10]社会保障の計画の受益者の人数は2010年での4400万人から2030年には7300万人へと増加すると予測される。[11]2010年8月における、社会保障のもとでの資金供給の証券の現在価値はおおよそ5.4兆ドルだった。言い換えれば、その元金と利子が今後75年間の支払いと税収の間の、計画の不足額を埋めるであろうするために、この合計は今日では取り除けて貯えておかれていたかもしれない。[4]給与税の課税基礎の1.9%もしくはGDPの0.7%に相当する給与税増税が、次の75年間での財政均衡英語: fiscal balanceにおける社会保障の計画を保つのに必要になるだろうことを社会保障庁は計画した。無限時平線: infinite time horizon)にわたり、これらの不足額は平均では、給与税の課税基礎の3.4%またはGDPの1.2%となる。[12]

アメリカ合衆国の州-レベルの問題編集

金融の分野では、危機は予定された収益の合計とそれらについて支払われるよう併設された財源との間の食い違いを表す。例えば、合衆国の諸州は、退職者への将来の支払いに必要となる見積もりの総額に国が関与しないことを意味した、資金供給される年金を有する。国のピュー研究所は2010年2月に、諸州が彼らの年金に2008年分として1兆ドル近く資金供給したことを報告した。それは諸州が雇用者の退職の利益に対して支払うよう併設した、これらの約束の値段の3.35兆ドルのところと、2.35兆ドルとの間の食い違いを表す。[2]

2011年1月にCenter on Budget and Policy Priorities 英語版(CBPP)は次の事を報告した:

  • 2010年のようにして、将来の寄付の値付けに用いる割引率に基づくと、州の年金の不足額は7000億ドルから13兆ドルまでの間を示した。3兆ドルが、歴史的な(無危険な)国債収益を表す5%の範囲での割引率を表すときに、7000億ドルの合計額は、歴史的な年金基金投資収益を表す8%の割引率の使用に基づいている。[13]
  • 二度の景気後退からの税収の減収に伴い、この不足額は2000年以降現れた。
  • 国は、平均してその年金計画へそれの管理する予算のおよそ3.8%を寄与する。これは7000億ドルの不足額を埋めるよう5.0%に上昇するだろう、そして3兆ドルの不足を埋めるよう9.0%まで上昇するだろう。
  • (例えば、イリノイカルフォルニアニュージャージーの)幾つかの州は著しく資金供給されるそれらの年金計画を有する、そして積極的な8%以上の割引率の仮定のもとにあっても、それらの管理する予算の7~8%へ寄与を上げるだろう。
  • 国は年金資産が流出する前に著しい時期を過ごした。1970年代に遡ってそれらの年金供給を始めた多くの、十分な基金は現在までに次の15~20年間に対する支払い義務がある。CBPPは諸州がそれらの年金が30年間までの不足になったことを見積もる。
  • 諸州は1980年から2007年の期間に資産において3兆ドル以上積み上げた、そして景気回復英語: economic recoveryにつれ、彼らがそれを再度なしうる、そして行うだろうと考える根拠がある。
  • 州の(一般的に証券を通じた)ほとんどすべての債権発行は、それの管理予算ではなく、それの資本予算への資金供給に使われた。資本予算は道路、橋梁や学校のような経済基盤のために使われる。管理予算は年金、給与、料金その他を支払う。そう国の債務水準は債券発行に関係している、そして年金支払いへの資金供給はこの点を終わらせる問題とは実質的に切り離されたままになっている。
  • 国の債務水準は1999年から2009年の間にGDPの12%から18%の範囲にあった。2010年の第二四半期には、その債務水準の16.7%だった。
  • 国の支払利息: interest expense)は、国や地方のすべての支出全体の「中程度の」4~5%のままである。
  • 幾つかの州での年金の約束は、契約上結ばれている。多くの州で、憲法上の訂正はそれらを修正するような要求もまたする。[14]その他の諸州は違った年金法英語版と政策を有している。[15]

年金転換率、もしくは年金に置き換わるところの勤労者の前-退職所得の割合は、週毎に幅広く多様である。それは集合的な取引の合意によってカバーされる者である、国の勤労者の割合に少し関係することを支える。例えば、転換率はニューヨークではそれは77.1%であるが、ミズーリでは55.4%である。コロラドでは、転換率はより高いが、しかし、これらの雇用者は社会保障に加わることから横木で隔てられている。[16]

議会予算事務局英語: Congressional Budget Officeは2011年5月に次の様に報告した:[17]

多くの州と地方の年金計画は、何年にも予定された利益を支払うよう、多分十分な資産、所得、ならびに寄付を持つだろう、そしてしたがって、彼らの資金供給の不足を直ちに処置する必要は無いだろう。しかしそれらはもしかするとそうしなければいけないかもしれない、そして長く経てば、大きなこれらの不足になりうる。年金の信頼を保護するのに必要な多くの追加の資金供給は高い政府の関与の形をとりそうである、そしてしたがって高い税を要求するか、居住者に対して政府のサービスを引き下げるだろう。

合衆国の市ならびに自治体の年金編集

加えて諸州においては、合衆国の諸都市ならびに諸自治体もまた年金計画を有する。220の州の年金計画と地方が管理するおよそ3200の計画がある。一つの評価として、これらの計画の根拠のない信頼性 は5740億ドルに上る。根拠のない信頼性とは、長期にわたる計画の現金流入と流出の間の相違を埋めるであろう元本ならびに利子として、併設されるべきである金銭の合計を指す用語である。平均して諸年金は自治体予算の20%近くを消費する。しかし傾向がもし続けば、税収での各々のドルの半分以上は年金に向かうであろう、そして幾らかの実例での幾らかの評価は75%にも上る。[18][19]

2013年のように、幾つかの合衆国の市は連邦レベルでの倒産保護: bankruptcy protection)のための登録をした、そしてその年金支払い義務を引き下げるよう検討している。幾つかの場合、これは合衆国最高裁判所によって措置されるかもしれない一組の憲法上の問題に導かれる、連邦法との矛盾であるかもしれない。[20]

確定給付年金から定額拠出年金への切り替え編集

社会保障局は、2009年に確定給付[21](DB)から定額拠出[22](DC)への切り替えの長期的な傾向があることを報告した。その報告は次の様に結論づける:「残高において、勝者よりも敗者の方が多くなるだろう、そして平均の家族収入は減少するだろう。家族収入の減少の面では、1946年から1950年に生まれた第一次の波のブームの者よりも、1961年から1965年に生まれた先の波のブームの者において大きく予測される、なぜなら先の波のブームの者は相対的に短い在職期間をもって彼らの年金の凍結により大きくなりそうだからである。」[23]

伝統的な確定給付(DB)年金計画によりカバーされる勤労者の割合は1980年の38%から2008年の20%まで経常的に減少した。対照的に、定額拠出(DC)年金計画によってカバーされる勤労者の割合は今まで常に増加してきた。1980年から2008年にかけてDC年金計画だけに加入している民間の賃金や俸給の勤労者の比率は8%から31%に増加した。公的セクターでは小さなものである、大きな移り変わりは民間セクターで続いた。幾人かの専門家は、多くの民間セクターの計画が告ぎの数年間で凍結されるだろうこと、そしてもしかすると終了することだろうことを予期する。典型的な確定給付計画の凍結の下で、現行の加入者は凍結日までの彼らの利子に基づいて年金支給を得るだろう、しかし何ら他の追加の支給は加えられないだろう;新しい従業員はカバーされないだろう。その代わり、雇用主らは新しい定額拠出計画を創設するか、既存の定額拠出計画へ寄付を引き上げるだろう。[23]

非組合の勤労者の13%に対して2011年の間にこのような計画によってカバーされる67%の勤労者をもって、組合の従業員らは大きく確定給付計画によってカバーされそうである。[24]

経済学者のポール・クルーグマンは2013年11月に書いた:「今日、どういうわけか、何らかの退職プランを持っている勤労者はまったく一般的に確定拠出プランを持つ―基本的に401(k)の―退職後に十分多額になるようサポートされる、ものである、非課税の口座へ勤労者らが入金するものである。問題は、401(k)のものへの移り変わりは巨大な失敗だったことが、この時点において明らかであることである。雇用主は支給をこっそりとカットするよう切り替えることの恩恵を持った;投資収益は、勤労者に話されていた期待よりもはるかに低いままだった;そして次のことは正当になる、多くの人々は彼らのお金を賢く管理してこなかった。結果として、アメリカ人の千人に十人が彼らの勤労生活の終わりにおける生活水準での鋭い下落に直面する、退職危機がじわじわ迫ってくることを私たちは見ている。多くの者にとって、このような貧窮から彼らを保護する唯一のものは社会保障だろう。」[25][26]

2014年のギャラップの世論調査は、投資家の21%が彼らの401(k)の定額拠出年金計画が早期に撤退されたか、もしくは先の5年間のうちに終わるのに向けて貸付するかのいずれかを経験した;彼らが、401kのプランの意図された目的ではないか、または彼らが課税、報酬ならびにより小さな年金基金での付随する費用を持てる、両方の選択肢が可能な場合に。[27]フィデリティ・インベストメンツは2014年に次の事を報じた:

  • 平均の401(k)の残高は、2013年の第四四半期において、2012年を超える15%増加の、そして(景気大後退による影響での)2009年にその最低の46,200ドルのほぼ2倍の、記録の89,300ドルに達した。
  • 55歳以上の人々についての平均残高は165,200ドルだった。
  • 401(k)全加入者のおおよそ三分の一(35%)が、2013年に彼らが退職する前に、(それらを個人年金口座にうなるほど持つのに向けるよりもむしろ)違約金や課税の点から見ると、副次的に投資家に負担になるうるものである、彼らの口座から引き出した。[28]

重要用語編集

  • 扶養比率(: supprt ratio):定年以上の年齢の人々の人数と比較した、勤労年齢の人々の人数
  • 加入比率(: participation rate):労働力にある人々の比率
  • 確定給付(: defined benefit):雇用主が契約した総額を支払うことにおいて危険が生じるものである、従業員の俸給に関係する年金
  • 定額拠出(: definde contribution):寄付総額ならびに投資効率性に関して、主に従業員側に危険が生じるものであることに基づく年金。[1]

関連項目編集

脚注または引用文献編集

  1. ^ a b “Falling Short”, The Economist, (2011-04), http://www.economist.com/node/11529345 
  2. ^ a b Pew Center on the States - The Trillion Doller Gap, (2010-02), オリジナルの2011-04-20時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110420014738/http:www.pewcenteronthestates.org/report_datail.aspx?id=56695 
  3. ^ , http://rnm.simon.rochester.edu/research/JEP_Fall2009.pdf 
  4. ^ a b SSA (2010).
  5. ^ Seven Deadly Innocent Frauds Of Economic Policy, http://moslereconomics.com/wp-content/powerpoints/7DIF.pdf 
  6. ^ Old-age- dependency ratios”. 2018年10月4日閲覧。
  7. ^ UN (2017).
  8. ^ Pension assumptions hitting the wall”. Reutere. 2018年10月4日閲覧。
  9. ^ IMF (2012).
  10. ^ Concord Slides, オリジナルの2011-05-24時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110524235214/http://www.concordcoalition.org/files/uploaded_for_nodes/080626-concord-chart-talk.ppt 
  11. ^ “As Boomers Wicle”, The Economist, (2010-12), http://www.economist.com/node/17800237 
  12. ^ SSA (2009).
  13. ^ Equicapita: Demographics are Still Destiny”. 2018年10月4日閲覧。
  14. ^ Misunderstandings Regarding State Debt, Pensions, and Ritiree Health Costs Create Unneccessary Alarm” (2011年1月19日). 2018年10月4日閲覧。
  15. ^ , http://www.governing.com/finance101/gov-pension-protections-state-by-state.html 
  16. ^ Walsh, Mary Williams. “Costs for State Pensions Often Exeed the Estimates”. 2018年10月4日閲覧。
  17. ^ CBO (2011).
  18. ^ Flint, Anthony (2012-09), “The Next Big Financial Crisis That Could Cripple Cities”, The Atlantic, http://www.theatlanticcities.com/jobs-and-economy/2012/09/next-big-financial-crisis-could-cripple-cities/3433/ 
  19. ^ The state of Local Government Pensions”. LILP. 2018年10月4日閲覧。
  20. ^ Board, The Editrial. “Opinion - Public Pensions in Bankruptcy Court”. 2018年10月4日閲覧。
  21. ^ 例えば、サービスの年数と最終俸給に典型的に基づく生涯毎年のもの。
  22. ^ 例えば、401(k)プラン、これは勤労者が一定の総額を投資し、しばしば雇主が一緒に取り組ませ、そして定年後または特別な条件の下でその金銭にアクセスできるもの。
  23. ^ a b SSA (2007).
  24. ^ BoLS (2013).
  25. ^ Krugman, Paul. “Opinion - Expanding Social Security”. 2018年10月4日閲覧。
  26. ^ Retirement Inequality Chartbook: How the 401(k) revolution created a few big winners and many losers”. 2018年10月4日閲覧。
  27. ^ Inc., Gallup,. “One in Five Investors Have Tapped Into 401(k) Prematurely”. 2018年10月4日閲覧。
  28. ^ Fidelity: Average 401(k) nearly doubles since '09”. 2018年10月4日閲覧。

外部リンク編集