メインメニューを開く
幻魔大戦シリーズ > 幻魔大戦 Rebirth

幻魔大戦 Rebirth』(げんまたいせんリバース)は、平井和正石ノ森章太郎幻魔大戦シリーズ全般を原作とする、七月鏡一の脚本[1]早瀬マサト石森プロの作画による漫画[2]

漫画:幻魔大戦 Rebirth
原作・原案など 平井和正石ノ森章太郎(原作)
七月鏡一(脚本)
作画 早瀬マサト石森プロ
出版社 小学館
掲載サイト クラブサンデーサンデーうぇぶり
レーベル 少年サンデーコミックススペシャル
発表期間 2014年8月5日 -
巻数 既刊9巻(2019年3月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

目次

概要編集

2014年から『クラブサンデー』にて配信開始された[3]。その後、『サンデーうぇぶり』に移籍して連載されている。

少年マガジン版のその後の世界からストーリーが開始されているため、少年マガジン版の続編ととることもできるが、その悲劇[4]を変えるため、ステラとベガが過去へ行き、少年マガジン版でのルナやベガの行動に近い行動をなぞっており、リメイク漫画としての側面も持つ。

また、シリーズ全体を内包した物語を企図しており[2]、東丈とベガのつながりが語られる際、丈の過去世として『新幻魔大戦』や『真幻魔大戦』で過去世とされた人物が描かれたり、『幻魔大戦 神話前夜の章』(リュウ版)の主人公ルーフとジンが登場して作中における現代の超能力者に力を貸すなど、少年マガジン版以外の幻魔大戦シリーズのストーリー、人物、台詞、用語などの要素も積極的に取り入れられている。

なお、以下の通り、石ノ森の他の漫画のキャラクター多数、また平井の他の小説(あるいは他の漫画家との漫画)のキャラクターも登場する壮大なクロスオーバー作品にもなっている(#各話の構成の※の箇所を参照)。

各話の構成編集

章題(サブタイトル) 通算の話数 章の話数
グランド・プロローグ 第1話 1話
東丈 第2話 - 第6話 5話(I - V)
ソニー・リンクス 第7話 - 第9話 3話(I - III)
ニューヨーク黙示録 第10話 - 第13話 4話(I - IV)
時空の管理人 第14話 - 第17話 4話(I - IV)
嵐の中の邂逅 第18話 1話
東京戦線 第19話 - 第24話 6話(I - VI)
見知らぬ世界 第25話 - 第30話 6話(I - VI)
東丈の消失 第31話 1話
幻魔領域 第32話 - 第40話 9話(I - IX)
東丈の帰還 第41話 - 第45話 5話(I - V)
幻魔経済入門 第46話 1話
悪霊の王女 第47話 - 第48話 2話(I - II)
虎の檻 第49話 - 第54話 6話(I - VI)
集結の時 第55話 - 第57話 3話(I - III)
黒き竜 第58話 - (I - )
グランド・プロローグ
少年マガジン版での戦いを、ベガの回想としてダイジェスト的に描いた序章。地球へ来る前のベガの戦いでは、小説『真幻魔大戦』で描かれたシーンも加えられている。最後にルナの娘ステラが現れ、戦いに敗れて破損していたベガを修復し、時空を超えた新たな戦場に導く。
※少年マガジン版同様、イワン・ウィスキー、ミュータント・サブ、猿飛エツ子が登場[5]
東丈
少年マガジン版と同様の状況に、ベガ(に化けた幻魔)が東丈を追い込む。本物のベガとステラも現れ、東丈が初めの覚醒を行うまでが描かれる。
東丈、ベガ、東三千子、久保陽子が登場。
※『ジュン』の主人公ジュンが丈の同級生として登場、パラレルワールドについて説き[6]、久保陽子と丈を引き合わせる。ジュンは準レギュラーとしてこの章以降も登場する。
ソニー・リンクス
ステラが力を失い眠りについた頃、ニューヨークでは仲買人スミスを名乗る幻魔が悪夢を見る男から夢を買い、その悪夢を現実に呼び寄せる。
ソニー・リンクス(サンボ)、ジョージ・ドナーが登場。
※『仮面ライダーBlack』のシーサー怪人が、軍人・オズボーン准将(の皮をかぶった幻魔・ザメディ)として登場。
ニューヨーク黙示録(第10話 - 第13話)
正体を現したザメディとの戦い。少年マガジン版などのオマージュ的な部分がある。
※『サイボーグ009』のイワン・ウイスキー(001)[7]が重要なキーパーソンとして登場[5]、準レギュラーとしてこの章以降も登場する。
時空の管理人
クェーサーとベアトリスの釵が登場。
※イワンの過去の回想(『サイボーグ009』の「誕生編」プロローグを一部なぞる)でその周辺人物も登場。
嵐の中の邂逅
漫画『幻魔大戦』(リュウ版)のルーフとジンが登場。
東京戦線
三千子を巡って各国の情報機関、超能力者たち、“神話同盟”が争い、幻魔が暗躍する。
犬神一族の月影(『真幻魔大戦』の行者姿)が登場。
※『ミュータント・サブ』の風田三郎が登場[5]。また、一時的にイナズマンにも変身[8]。“神話同盟”の長の長子ダミアンが『ギルガメッシュ』のギルガメッシュと同一デザインで登場。
見知らぬ世界
丈は三千子の存在しない世界に飛ばされる。
東卓、クロノス、タイガーマンが登場。
※『イナズマン』の桜山高校のメンバーや女性教師・小巻と同一デザインのキャラクターが登場[9]。また、風田三郎が引き続き登場[5]
東丈の消失
※風田三郎が引き続き登場[5]
幻魔領域
『真幻魔大戦』で描かれた幻魔世界、獣人たちが登場。また、リュウ版のマ王が登場。
※アメリカ軍の極秘部隊“ブラックバード”の指揮官、“破壊王”ギル、および“雲の人”がいずれもギルガメッシュと同一デザインで登場。
東丈の帰還
ナオミが登場、また、ルーフとジンが再び登場。
※『さるとびエッちゃん』の猿飛エツ子とブクがこの章以後継続して登場[5]
幻魔経済入門
ダミアンは自らを取り込んだ、人類社会の会社を模した幻魔の組織を率いる幻魔の「会長」と対面し、助力を得る。
※サブタイトルを含めて『マンガ日本経済入門』のパロディになっている。また、ラーメン屋台の店主として『サイボーグ009』の張々湖(006)が登場。
悪霊の王女
ダミアンは「会長」から与えられた、無意識に超能力を発動して視界に入った人間をことごとく殺戮する少女ジルと対面し、不死身の肉体で少女の能力に対抗する。その直後、(2人存在する)東丈(の一方)と再び戦う。
“ブラックバード”が超能力者狩りを行っていること、そして指揮官がダミアンその人であったことが明かされる。
※平井の小説『悪霊の女王』のアニマが、ジルの精神の中にいる存在として登場。
虎の檻
ドナーたちが超能力者狩りによって、タイガーマンと幻魔の監視する超能力者の収容所に囚われている。抗議に訪れたミス・クローノも囚われの身となる。
一方、丈は、いつの間にか持っていた「ベアトリスの釵」の由来を知る。
『新幻魔大戦』での、香川千波とベアトリス王女の出会いからお時の誕生と最初の時間跳躍までが、丈が釵から伝達される記憶として回想される。
集結の時
丈のもとに超能力者たちが集結する。一方、ジュンも現れ、自らの正体が幻魔の地球侵略軍総司令官・シグであることを明かし、丈たちに宣戦布告する。
黒き竜

登場人物編集

ここでは、主人公の東丈とステラのみ記述。これまでの幻魔大戦シリーズのキャラクターや石ノ森章太郎の別作品のキャラクターが多数登場するが、そちらについては上述の一覧を参照。

東丈(あずま じょう)
本作および幻魔大戦シリーズの主人公。少年マガジン版の舞台であるステラがもともといた世界では、1967年頃に高校2年生だったが、この世界では1967年から半世紀ほど経っているのに高校2年生で登場する。
ステラがもともといた世界では姉を殺されたことで次第にルナたちと距離をとるようになり、その怒りなどの負の感情により幻魔に支配され、魔王になってしまったことが明かされている。
ステラ
ルナと東丈の娘。初登場時はルナを思わせる成長した姿で登場していたが、それはサイキックエネルギーで自分の姿を変えていただけで、実際はまだ幼い子供だった。

用語編集

神話同盟(ミュートス)
奥多摩山中の城を拠点とする集団。ラミルカとダミアンを頂点とした組織だが、少年マガジン版のみに登場したフランケンなどのエスパー戦団の超能力者なども所属する。

書誌情報編集

脚注編集

  1. ^ 七月は、本作以前に同じく平井の作品を原作とする『8マン インフィニティ』(作画:鷹氏隆之・メカデザイン:永田太)を描いている。
  2. ^ a b 特集第25回 『幻魔大戦 Rebirth』単行本1巻発売記念インタビュー - 石ノ森WEBサイト ~変身!~
  3. ^ 『サンデーうぇぶり』設立により、2016年8月に公開を終了。
  4. ^ かつての幻魔大戦の影響で、地球は荒れ、希望とされた東丈も魔王となったことが明かされている。
  5. ^ a b c d e f イワン・ウィスキー、ミュータント・サブ、猿飛エツ子は少年マガジン版にも、東丈たちとともに髑髏の月を見る超能力戦士として最終回に1コマのみながら登場している。
  6. ^ ジュン』は、主人公が様々な世界に迷い込むという設定の作品。
  7. ^ 本作ではイワン以降の00ナンバーのサイボーグが登場せず、イワンも「001」のナンバーでは呼ばれない。
  8. ^ 『ミュータント・サブ』の主人公は風田三郎、漫画版『イナズマン』の主人公は風田サブロウであるが、元は同一作品から派生したためデザインも共通性がある。
  9. ^ 小巻のデザインを使った三輪真名に関しては、平井和正の『スパイダーマン』『魔女の標的』に登場する三輪真名児もモデルにしているため、本作ならではの複合キャラクターともいえる。

外部リンク編集