メインメニューを開く

幽公(ゆうこう、生年不詳 - 紀元前416年)は、中国春秋時代の君主。姓は姫、名は柳。

幽公 姫柳
公(周制における爵位は侯)
王朝
在位期間 紀元前434年 - 紀元前416年(『史記』六国年表では、紀元前438年 - 紀元前420年
都城 新絳
姓・諱 姫柳
諡号 幽公
没年 紀元前416年
哀公
后妃 秦嬴

生涯編集

晋の哀公の子として生まれた。紀元前434年、哀公が死去すると、後を嗣いで幽公が晋公として即位した。幽公のときには、以前とは逆にの君主のもとに朝見に赴く立場となっていた[1]紀元前421年、幽公はの季孫と楚丘で会合した。魯が葭密を奪って、ここに築城した[2]紀元前416年、幽公はひそかに夜間に邑中に出て、婦人と淫行に及んでいたが、このときに盗賊に殺害された[3]。子の烈公が晋公として即位した[1]

脚注編集

  1. ^ a b 史記』晋世家
  2. ^ 水経注』済水所引『竹書紀年
  3. ^ 『史記』晋世家による。同書六国年表によると、魏が幽公を殺害したという。『史記索隠』晋世家所引『竹書紀年』によると、夫人の秦嬴が幽公を寝台の上で殺害したという。
先代:
哀公
君主
前434年 - 前416年
次代:
烈公