メインメニューを開く

広島市立基町小学校(ひろしましりつ もとまちしょうがっこう)は、広島市中区基町にある公立小学校

広島市立基町小学校
Motomachi Elementary School and kindergarten.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 広島市
設立年月日 1972年(昭和47年)
共学・別学 男女共学
所在地 731-0101
広島県広島市中区基町20-2
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示
校舎と基町高層アパート

概要編集

広島市中心部の基町に位置し、創設以来、韓国籍、朝鮮籍の児童が多く在籍している[1]。近隣の公営住宅(市営基町高層アパート・県営住宅など)に住む児童が多く、中国残留孤児の家族が多く住み着いた地域にある[2]。また日本への留学生の子女も多く通い、全校児童の3割以上が帰国・入国児童となっており[2][3]、中国人児童が最も多く通う小学校となっている[4]。近年は住民の高齢化が進んできており、市内の小学校にも関わらず児童数が少ない[5]。 基町小学校の学区は全域が広島市立幟町中学校の学区に入るため、公立中学校に進学する際は幟町中学校になる。(学校選択制により他の中学校を選ぶことも出来る)

本校には被爆エノキの像が置かれており、世界各地から修学旅行生や留学生などが平和学習のために訪れる。

現在、広島市の方針で児童数の少ない小学校を近隣校へ統合する計画案があり、本校も広島市立白島小学校への統合計画が持ち上がっているが、地域住民及び卒業生は統廃合に強く反発している[5]

沿革編集

  • 1972年4月 創立、1年から4年まで児童数352名。
  • 1973年 地下プール完成、翌1974年にプール温水施設が新設された。
  • 1975年 校歌制定、作詞:野地潤家、作曲:井上一清
  • 1976年 広島市民病院内に病弱学級設置

特徴的な活動編集

広島への原子爆弾投下がされた際に広島第2陸軍病院の庭にあった被爆エノキを守る運動を1979年から始めた[6]。1984年の台風10号で枝が折れるなど、傷んだエノキは翌1985年芽吹いたが、1989年枯死し、同年二世となる樹木が植樹された。1996年には被爆エノキの像が作成されている。

1982年、1984年から1989年まで発明協会から児童生徒発明工夫展学校賞[7]を受賞。

中国帰国子女教育研究校に文部省より平成3年度から平成10年度まで指定を受けるなど国際理解教育を行っており、2008年度には7カ国から来た児童が学んでいた[8]。1994年に博報堂から国際理解教育部門で博報賞を受賞[1]、2006年には日本ユネスコ協会から学校部門の奨励賞を受賞している[9]

交通アクセス編集

関連項目編集

脚註編集

  1. ^ a b 過去の受賞者”. 博報堂. 2011年6月14日閲覧。
  2. ^ a b ―広島市立基町小学校「世界なかよし教室」の取り組み―”. 広島YMCA. 2011年6月14日閲覧。
  3. ^ 山本宏樹 (2006年2月12日). “こどもたちの一日世界旅行=広島市・基町小学校”. 2011年6月14日閲覧。
  4. ^ 中里豊子. “広島市立基町小学校訪問”. 2011年6月14日閲覧。
  5. ^ a b 広島市5小統合計画素案 「一定人数必要」理解求める”. 読売新聞広島県版 (2010-02-05日). 2011年6月14日閲覧。
  6. ^ 平和学習・えのき学習”. 広島市立基町小学校. 2011年6月14日閲覧。
  7. ^ 全日本学生児童発明くふう展”. 発明協会. 2011年6月14日閲覧。
  8. ^ 広島市立基町小学校の6年生から”. 河南町立白木小学校. 2011年6月14日閲覧。
  9. ^ ユネスコ活動奨励賞受賞団体”. 広島ユネスコ協会. 2011年6月14日閲覧。

外部リンク編集