店村 新次(たなむら しんじ、1919年3月3日[1] - 1991年8月20日)は、フランス文学者同志社大学名誉教授。

満洲奉天生まれ。1941年東京外国語学校フランス語科卒。大日本航空に入りシンガポールで敗戦を迎え抑留ののち復員。京都府立第三中学校(のち京都府立山城高等学校)教諭、1950年天理大学助教授、1953年同志社大学商学部助教授、教授。1983年「ロジェ・マルタン・デュ・ガール研究」で京都大学文学博士。1985年定年退任、聖隷学園聖泉短期大学教授。1991年8月20日、大腸癌のため死去[1]

フランス文学のほか音楽関係の翻訳が多い。

著書編集

  • やさしくまなべるフランス語文法のかなめ 芸林書房、1973
  • ロジェ・マルタン・デュ・ガール研究 三修社、1983.1

翻訳編集

  • 二重の誤解 プロスペール・メリメ 晃文社、1948.フランス文学選集
  • 湖畔の恋人 ラ・マルテイヌ 晃文社 1949.フランス文学選集
  • 生成 マルタン・デュ・ガール 法律文化社、1968. のち講談社文庫 
  • 文学的回想 マルタン・デュ・ガール 法律文化社、1970.
  • ショパン ジャン=マリー・グルニエ 赤瀬雅子共訳.音楽之友社、1971.不滅の大作曲家
  • チャイコフスキー ギー・エリスマン 音楽之友社、1971.不滅の大作曲家
  • ドビュッシー アントワーヌ・ゴレア 音楽之友社、1971.不滅の大作曲家
  • ベートーヴェン ジャン・ヴィトルト 音楽之友社、1971.不滅の大作曲家
  • モーツァルト マルチーヌ・カディユ 音楽之友社、1971.不滅の大作曲家
  • バッハ クロード・レーマン 浅尾己巳子共訳.音楽之友社,1972.不滅の大作曲家
  • 老いたるフランス・水ぶくれ ロジェ・マルタン・デュ・ガール 広田正敏共訳.三修社、1973
  • 20世紀文学における悲劇的世界像 チャールズ・I.グリックスバーグ 楠木美和子共訳.法律文化社、1973
  • イタリア音楽史 ナニー・ブリッジマン 白水社、1975.文庫クセジュ
  • ヴェーベルン クロード・ロスタン 音楽之友社、1975.不滅の大作曲家
  • 意志と偶然 ドリエージュとの対話 ピエール・ブーレーズ 法政大学出版局、1977.9.りぶらりあ選書
  • ゴーチェ幻想作品集 小柳保義共訳.創土社、1977.3
  • シュッツ ロジェ・テラール 浅尾己巳子共訳.音楽之友社、1981.4.不滅の大作曲家
  • アルフレッドコルトー ピアノ演奏解釈 ジャンヌ・ティエフリー編 ムジカノーヴァ、1983.12

脚注編集

  1. ^ a b 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.377

参考編集

  • 吉川浩「昭和史の体現 : 店村新次先生を偲ぶ」『聖隷学園聖泉短期大学人文・社会科学論集』第9巻、聖泉大学、1992年3月31日、 3-25頁、 NAID 110004686418