メインメニューを開く

廖 了以(りょう りょうい)は台湾の政治家。前亜東関係協会会長[1]逢甲大学統計学部卒。国民党に属し、元豊原市長や、台中県長、内政部長、総統府秘書長、2009年9月から2012年1月31日まで国民党秘書長。 台湾政治に付き物である地方派閥のうち、台中県紅派のボス。地盤は豊原区 (台中市)

廖了以
Liao Liou-yi.jpg
プロフィール
出生: (1947-10-29) 1947年10月29日(72歳)
出身地:  台湾台中県(現:台中市
職業: 政治家
各種表記
繁体字 廖了以
簡体字 廖了以
拼音 Liào Liăoyĭ
和名表記: りょう りょうい
発音転記: リャオ リャオイー
テンプレートを表示
右が廖了以。左は公益財団法人交流協会会長の大橋光夫

母親は日本人であり、外祖父に日本統治時代に台中庁長を務めた佐藤謙太郎がいる。日本語は「読むのは苦手だが話すのは可能」と語っており、日本人との会話には日本語を使用する[2]

脚注編集

  1. ^ “亜東関係協会会長に李嘉進氏を選出”. 台湾週報 (台北駐日経済文化代表処). (2013年6月13日). http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=383649&ctNode=3591&mp=202 2013年5月6日閲覧。 
  2. ^ “台湾の対日窓口トップに廖氏 母は日本人”. 朝日新聞 (朝日新聞デジタル). (2012年2月10日). http://www.asahi.com/international/update/0210/TKY201202100382.html 2012年2月10日閲覧。 
  中華民国(台湾)
先代:
陳庚金
台中県長
1989年 - 1997年
次代:
廖永来
先代:
李逸洋
 内政部長
2008年 - 2009年
次代:
江宜樺