廖元赫

中国の囲碁棋士

廖元赫(りょう げんかく、廖元赫、2000年12月20日 - )は、中国囲碁棋士四川省成都市出身、中国囲棋協会に所属、八段。建橋杯中国囲棋新人王戦優勝、三星火災杯世界囲碁マスターズベスト4、など。元の名は源培(源培)。

経歴編集

成都市に生まれ、8歳の時から武漢の阮雲生の囲碁道場で2年間学ぶ。2010年からは北京の囲碁道場に通う。2011年に世界青少年囲碁選手権大会少年の部優勝。2013年に元赫に改名、初段[1]。2014年二段。2015年、陜川郡英才囲碁大会で李昌鎬に勝利、新人王戦優勝、阿含・桐山杯中国囲棋快棋公開戦ベスト16、利民杯世界囲碁星鋭最強戦ベスト8、三段。

2016年百霊愛透杯世界囲碁オープン戦に出場しベスト32、五段。2017年Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦ベスト8、西南王戦ベスト8、六段。2018年国手山脈杯世界囲碁最強戦ベスト4、棋王戦準優勝、七段。2019年三星火災杯ベスト4、国手山脈杯準優勝、八段。

中国囲棋リーグには2015年に乙級の成都チームで出場、2016年から昇級により甲級リーグ出場。中国棋士ランキングでは2014年26位、2018年21位。

主な棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦

脚注編集

[脚注の使い方]