メインメニューを開く
本来の表記は「申眞諝」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

申眞諝(シン・ジンソ、신진서、2000年3月17日 - )は、韓国囲碁棋士釜山出身、韓鐘振九段門下、韓国棋院所属、九段。Let's Run PARK杯オープントーナメント優勝、百霊愛透杯世界囲碁オープン戦準優勝など。

経歴編集

家が囲碁教室を運営していたことから、5歳の時に囲碁を覚えた[1]。その後ネット碁で打ち始め、8歳頃にはタイゼム8〜9段となり[2]、2010年に大韓生命杯世界子供国手戦で優勝。2012年にソウルに移り沖岩囲碁道場に入り、この年に韓国棋院の新制度である英才入団大会で初段となる[1]

2013年バッカス杯天元戦ベスト8進出、陜川郡英才囲碁大会で優勝し、英才頂上対決では李昌鎬に勝利、二段。囲碁リーグ予選で5連勝をおさめる[2]。2014年英才大会2連覇、グロービス杯世界囲碁U-20ベスト8、百霊愛透杯世界囲碁オープン戦出場、利民杯世界囲碁星鋭最強戦でベスト4進出、国手戦ベスト8、囲碁大賞新鋭棋士賞受賞。この年52勝28敗[2]

2015年英才大会3連覇、メジオン杯オープン新人王戦優勝、三段昇段、Let's Run PARK杯に優勝し五段昇段。中国乙級リーグで5勝2敗の成績をおさめた。2015年成績は59勝22敗1分け[1]。2016年六段、LG杯百霊愛透杯でベスト4進出。 

2017年七段。同年グロービス杯に優勝し、八段昇段。2018年GSカルテックス杯プロ棋戦に優勝し九段昇段、天府杯戦準優勝。2019年百霊愛透杯戦準優勝。

韓国囲碁リーグは2013年から出場し、2016年には主将を務める。中国甲級リーグに2014年から出場。韓国囲碁棋士ランキングでは2014年32位、2015年7位、2017年2月に2位、2019年2月に1位。『囲碁発陽論』で主に勉強している。

タイトル歴編集

国際棋戦

国内棋戦

他の棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦等

  • クラウン・ヘテ杯 準優勝 2018年
  • 陜川郡招待河燦錫国手杯英才囲碁大会英才頂上対決
  • 韓国囲碁リーグ
    • 2013年(ポスコケムテク)4-8
    • 2014年(CJ E&M)8-5
    • 2015年(CJ E&M)
    • 2016年(正官庄皇眞丹)13-1
    • 2017年(正官庄皇眞丹)13-2
    • 2018年(正官庄皇眞丹)11-2(ポストシーズン 3-1)
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2014年(山東景芝酒業)2-3
    • 2015年乙級(安徽寧国市政)5-2
    • 2016年(雲南保山永子)7-6
    • 2017年(杭州雲林決破)8-3
    • 2018年(竜元明城杭州)11-2

脚注編集

外部リンク編集