申眞諝

韓国の囲碁棋士

申 眞諝(シン・ジンソ、신진서、2000年3月17日 - )は、韓国囲碁棋士釜山出身、韓鐘振九段門下、韓国棋院所属、九段。Let's Run PARK杯オープントーナメント優勝、LG杯世界棋王戦優勝など。

経歴編集

家が囲碁教室を運営していたことから、5歳の時に囲碁を覚えた[1]。その後ネット碁で打ち始め、8歳頃にはタイゼム8〜9段となり[2]、2010年に大韓生命杯世界子供国手戦で優勝。2012年にソウルに移り沖岩囲碁道場に入り、この年に韓国棋院の新制度である英才入団大会で初段となる[1]

2013年バッカス杯天元戦ベスト8進出、陜川郡英才囲碁大会で優勝し、英才頂上対決では李昌鎬に勝利、二段。囲碁リーグ予選で5連勝をおさめる[2]。2014年英才大会2連覇、グロービス杯世界囲碁U-20ベスト8、百霊愛透杯世界囲碁オープン戦出場、利民杯世界囲碁星鋭最強戦でベスト4進出、国手戦ベスト8、囲碁大賞新鋭棋士賞受賞。この年52勝28敗[2]

2015年英才大会3連覇、メジオン杯オープン新人王戦優勝、三段昇段、Let's Run PARK杯に優勝し五段昇段。中国乙級リーグで5勝2敗の成績をおさめた。2015年成績は59勝22敗1分け[1]。2016年六段、LG杯百霊愛透杯でベスト4進出。 

2017年七段。同年グロービス杯に優勝し、八段昇段。2018年GSカルテックス杯プロ棋戦に優勝し九段昇段、天府杯戦準優勝。2019年百霊愛透杯戦準優勝。2020年LG杯優勝、国内棋戦4冠、また朴廷桓との特別七番勝負が企画され7連勝で勝利。2021年は5冠を達成。

韓国囲碁リーグは2013年から出場し、2016年には主将を務める。中国甲級リーグに2014年から出場。韓国囲碁棋士ランキングでは2014年32位、2015年7位、2017年2月に2位、2019年2月に1位。『囲碁発陽論』で主に勉強している。

2020年にはコロナ19被害復旧寄付金1000万ウォンと、韓国棋院研究生奨学金500万ウォン、疎外階層子供たちのために100万ウォン、南海郡に郷土奨学金2000万ウォンと研究生奨学金500万ウォンを寄付。2021年には棋士育成奨学金に500万ウォンを寄付した[3]

タイトル歴編集

国際棋戦

国内棋戦

他の棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦等

  • クラウン・ヘテ杯 準優勝 2018年
  • 囲碁TV杯マスターズ 準優勝 2019年
  • 竜星戦 準優勝 2019年
  • 申眞諝vs朴廷桓囲碁スーパーマッチ 2020年 7-0 朴廷桓
  • 陜川郡招待河燦錫国手杯英才囲碁大会英才頂上対決
  • 韓国囲碁リーグ
    • 2013年(ポスコケムテク)4-8
    • 2014年(CJ E&M)8-5
    • 2015年(CJ E&M)
    • 2016年(正官庄皇眞丹)13-1
    • 2017年(正官庄皇眞丹)13-2
    • 2018年(正官庄皇眞丹)11-2(ポストシーズン 3-1)
    • 2019-20年(セルトリオン)16-0(ポストシーズン 6-1)
    • 2020-21年(セントリオン)12-2
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2014年(山東景芝酒業)2-3
    • 2015年乙級(安徽寧国市政)5-2
    • 2016年(雲南保山永子)7-6
    • 2017年(杭州雲林決破)8-3
    • 2018年(竜元明城杭州)11-2
    • 2019年(蘇泊爾杭州)11-3
    • 2020年(蘇泊爾杭州)11-2
    • 2021年(蘇泊爾杭州)

脚注編集

外部リンク編集