メインメニューを開く

建設機械抵当法(けんせつきかいていとうほう、昭和29年5月15日法律第97号)は、建設機械に対する登記制度および抵当制度について定めた日本法律。動産である建設機械について、登記制度を整備し、それによって抵当権の設定を容易にすることを目的とした法律。民法の特例法の1つ。

建設機械抵当法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和29年5月15日法律第97号
種類 民法
効力 現行法
主な内容 建設機械の所有権など
関連法令 民法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

関連項目編集

外部リンク編集