メインメニューを開く

式守伊之助 (16代)

16代 式守伊之助(じゅうろくだい しきもりいのすけ、1892年6月20日 - 1948年12月3日)は、大相撲立行司。本名は刀根亀吉、山形県山形市出身。

伊勢ノ海部屋所属、のち出羽海部屋9代式守伊之助の弟子(のち養子)。わずか6歳で初土俵。松翁20代木村庄之助21代木村庄之助の弟弟子。

出世は兄弟子の21代庄之助よりも早かったが、行司引退も45歳と早かった。その後、年寄立田川を襲名して理事まで昇進した。戦後、現役の親方のまま死去。

人物編集

22代木村庄之助著『二十二代庄之助一代記』によれば、頭脳明晰で事務能力が素晴らしく、話のわかる人物だったが、太っていて行司にはやや不向きであったようである。

また、故実などを覚えようとはせず、本来立行司の職務である土俵祭も、同じく立行司の20代庄之助(松翁)に任せ、一度も行ったことがなかったという。

履歴編集

  • 1899年5月  初土俵・式守亀司
  • 1910年春  4代式守錦之助を襲名。
  • 1922年春  幕内格に昇進。4代式守錦太夫を襲名。
  • 1927年春  三役格に昇進。7代式守与太夫を襲名。
  • 1932年10月 16代式守伊之助を襲名。
  • 1938年夏  行司引退。年寄・立田川を襲名。
  • 1948年12月3日 死去。