メインメニューを開く

弘形村(ひろかたむら)は、1955年(昭和30年)まで愛媛県上浮穴郡にあったであり、現在の上浮穴郡久万高原の中部一帯の地域である。

ひろかたむら
弘形村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
仕七川村弘形村中津村(一部)→美川村
現在の自治体 久万高原町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
上浮穴郡
団体コード 消滅時制度なし
隣接自治体 仕七川村中津村柳谷村参川村父二峰村
弘形村役場
所在地 制度なし
愛媛県上浮穴郡弘形大字上黒岩
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

現在の久万高原町の中部一帯。四国山地の中、面河川上流右岸及び御三戸で分岐し面河川の支流である久万川の流域にわたる。1887年(明治20年)開通の予土横断道路(現在の国道33号)が久万川に沿って村内を貫通している。

弘形村という地名は、明治の町村制実施時に、旧村の日野浦、上黒岩、中黒岩・大川・有枝から各一文字ずつ取って「ひろかた」としたものとされる。5地区は大字となり、美川村となっても存続した。

歴史編集

明治以降

  • 1889年(明治22年) 成立。
  • 1955年(昭和30年) 合併により美川村となる。
弘形村の系譜
(町村制実施以前の村)
日野浦 ━━┓
中黒岩 ━━┃
上黒岩 ━━╋━     弘形村   ━━━┓ (昭和30年3月31日合併)
大川  ━━┃              ┃
有枝  ━━┛              ┃━━ 美川村 
                      ┃
             仕七川村 ━━━━┛
                                          ┃
             中津村 ━━━━━┛
             の一部(大字中津を除く)

地域編集

日野浦(ひのうら)、上黒岩(かみくろいわ)、中黒岩(なかくろいわ)、大川(おおがわ)、有枝(ありえだ)の5つの大字があった。いずれも明治の村制発足前からの旧村である。久万高原町になってからは町内全域について地名表記に「大字」は付けなくなった。

役場は大字上黒岩においた。

行政編集

役場

大字上黒岩においた。

産業編集

米麦、とうもろこし、三椏、茶などを産し、養蚕も営まれた。

交通編集

鉄道等はない。

関連項目編集