メインメニューを開く

張 盛煥(チャン・ソンファン、장성환1920年10月27日-2015年1月4日)は大日本帝国陸軍軍人及び大韓民国の軍人、政治家企業家

張盛煥
生誕 1920年10月27日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮京畿道京城府
死没 (2015-01-04) 2015年1月4日(94歳没)
大韓民国の旗 大韓民国
所属組織 大日本帝国陸軍
大韓民国空軍
最終階級 中尉(日本陸軍)
中将(韓国空軍)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

 
1950年6月27日、P-51を受領し米軍将校から説明を受ける韓国空軍要員
前列左から5人目が張盛煥

1920年、京城府に生まれる。1941年、早稲田大学商学部卒業。1942年、岐阜陸軍飛行学校浜松陸軍飛行学校卒業。

1948年4月、韓国軍入隊。同年6月15、航空基地司令部勤務。同年9月、航空基地司令部飛行部隊小隊長。1949年9月31日、飛行団飛行隊第2中隊長[1]

1950年6月、朝鮮戦争が勃発するとF-51D操縦要員として板付に派遣された。同年11月、空中輸送班長。韓国空軍初の空輸任務を遂行した。1952年7月、駐アメリカ大使館付武官。

1954年9月10日、第1訓練飛行団長[1]

1955年10月15日、第5混成飛行団長。

1957年2月11日、空軍本部作戦参謀副長[1]

1958年6月1日、空軍大学校総長[1]。同年9月1日、空軍本部行政参謀副長[1]

1959年、軍事休戦委員代表、任少将

1960年8月2日、空軍参謀次長[1]

1962年8月1日、空軍参謀総長[1]、任中将。在任中、第30防空管制団(現防空管制司令部)を創設するなど戦力の増強に寄与した。

1964年8月1日、予備役編入後、駐タイ大使。

1967年、大韓航空公社社長。

1968年1月、大韓航空協会会長。第63回国際航空連盟総会に韓国代表団の最初の派遣を行い、ニューデリー韓国モデル航空協会傘下団体の加入を承認[2]

1970年、国際観光公社総裁。

1971年1月、交通部長官。

叙勲編集

  • 功労勲章(アメリカ) - 1952年
  • 無星乙支武功勲章 - 1956年
  • 無星忠武武功勲章 - 1956年
  • 無星花郎武功勲章 - 1956年
  • 功労勲章(アメリカ) - 1962年
  • 一等勤務功労勲章 - 1963年
  • 功労勲章(アメリカ) - 1964年
  • 大授雲麾勲章(中華民国) - 1964年6月4日[3]
  • 大統領功労表彰 - 1964年

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 韓国国防部 1971, p. 706.
  2. ^ 歴史” (韓国語). 大韓民国航空会. 2018年1月27日閲覧。
  3. ^ “劉馭萬大使代表政府贈勳張盛煥中將”. 中央通訊社影像空間. https://photo.cna.com.tw/Query/PhotoDetails.aspx?IMG_ID=19640604001300&IMG_SUB_ID=196406040013000000&page=1 2015年12月22日閲覧。 

参考文献編集

公職
先代:
白善燁
  大韓民国交通部長官
第20代:1971
次代:
金信
先代:
申攸浹
  大韓航空協会会長
第3代:1968.1 - 1971
次代:
イ・サンヒ
軍職
先代:
金信
  韓国空軍参謀総長
第7代:1962.8.1 - 1964.8.1
次代:
朴元錫