張 統(ちょう とう、生没年不詳)は、五胡十六国時代前燕の人物。遼東郡の出身。

生涯編集

313年、張統は楽浪帯方の二郡に拠って高句麗と連年戦いを繰り返していた。楽浪の人の王遵が張統を説き伏せ、率いていた千余家とともに鮮卑慕容部の大人慕容廆に帰順した。慕容廆は楽浪郡を置き、張統を楽浪郡太守、王遵を参軍に任じた。

将軍に任じられた。

319年12月、高句麗の将の如奴子が河城へ拠った。慕容廆は張統を遣わして、如奴子を急襲させた。勝った張統は如奴子を捕らえ、千余家の人々を連れ帰る戦果を挙げた。

これ以後の事績は、史書に記されていない。

参考文献編集