張 耀霊[1](ちょう ようれい、343年 - 355年)は、五胡十六国時代前涼の第6代君主。は元舒。第5代君主張重華の次男。

哀公 張耀霊
前涼
第6代君主
王朝 前涼
在位期間 353年
姓・諱 張耀霊
元舒
諡号 哀公
廟号
生年 343年
没年 355年
張重華
年号 建興353年

生涯編集

343年、張重華の次男として生まれた。

353年10月、張重華は病を患うようになると、張耀霊はまだ10歳であったが、世子に立てられた。

11月、張重華は重篤に陥ると、功臣である謝艾を呼び寄せて張耀霊の輔政を命じようとしたが、長寧侯張祚・右長史趙長の画策により阻まれた。間もなく張重華がこの世を去ると、張耀霊が後を継ぎ、大司馬大将軍・護羌校尉・涼州刺史・涼州・西平公を称した。顕陵において父を葬り、昭公と諡した。趙長らは張重華の遺詔を捏造し、張祚を使持節[2]・都督中外諸軍事・撫軍大将軍[3]に任じて、張耀霊の輔政を委ねた。

12月、趙長らは建議して「時難は未だ平らげられておらず、年長の主君を立てるべきです。耀霊は沖幼であり、どうか長寧侯祚を立てていただきますよう」と述べた。張祚は予め張重華の母である馬氏にこの事を伝えており、馬氏は張祚を寵愛していたので、これを認めた。これにより、張耀霊は廃されて涼寧侯に降格となり、幽閉された。代わって張祚が大都督・大将軍・涼州牧・涼公となった。

355年7月、河州刺史張瓘は張祚討伐を掲げて挙兵し、州郡に檄を飛ばして「祚を廃して侯として邸宅に返し、涼寧侯耀霊を復位させるのだ」と触れ回った。8月、驃騎将軍宋混もまた張瓘に呼応すると、張祚は楊秋胡を派遣して張耀霊捕縛を命じた。東苑において張耀霊は捕らえられ、殺害された。その遺体は沙坑において埋められた。哀公と諡された。9月、武始に屯営していた宋混は、張耀霊の為に喪を発した。

年号編集

  1. 建興353年

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『資治通鑑』には張曜霊と、『十六国春秋』には張霊耀と記載される
  2. ^ 『晋書』には持節とある
  3. ^ 『晋書』には撫軍将軍とある