当りっ子ハリー』(あたりっこハリー、The Strong Man)は、フランク・キャプラ監督、ハリー・ラングドン英語版主演による1926年のアメリカ合衆国のサイレント・コメディ映画である。キャプラの長編映画監督デビュー作である[1]

当りっ子ハリー
The Strong Man
The Strong Man (1926 lobby card - 1).jpg
監督 フランク・キャプラ
脚本 ハル・コンクリン
ロバート・エディ
原案 アーサー・リプリー英語版
製作 ハリー・ラングドン英語版 (クレジット無し)
出演者 ハリー・ラングドン
プリシラ・ボナー
音楽 カール・デイヴィス (1985年)
撮影 グレン・カーシュナー
エルギン・レスレー英語版
編集 ハロルド・ヤング英語版
アーサー・リプリー
製作会社 ハリー・ラングドン・コーポレーション
配給 ファースト・ナショナル・ピクチャーズ英語版
公開 1926年9月19日
上映時間 75分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント
英語中間字幕
テンプレートを表示

初陣ハリー英語版』と並んでラングドンで最もよく知られた映画であり、キャプラは彼の次作『初恋ハリイ英語版』(1927年)でもコラボレーションした。

プロット編集

第一次世界大戦中のヨーロッパでベルギー人のポール(ハリー・ラングドン)は、メリー(プリシラ・ボナー)という女性から慰問の手紙と写真を貰い、恋に落ちる。戦後、ポールはアメリカに渡ってメリーを捜すが、成り行きでならず者たちから町を守ることとなる。

キャスト編集

評価編集

サイレント映画評論家のダン・ナヴァロはラングドンのキャリアを振り返り、「1926年3月にハリー・ラングドンの『初陣ハリー英語版』が封切られた時に観客達はチャーリー・チャップリンバスター・キートンハロルド・ロイドの偉大な映画への挑戦者として受け入れた。ラングドンは『4人目のコメディの天才』と賞賛された。1926年9月、ラングドンはさらに優れた映画、フランク・キャプラの『当りっ子ハリー』で登場した。(中略)それはフランク・キャプラの最初の監督作であり、彼の天才ぶりが輝いている」と評した[2]

2007年にアメリカ議会図書館によりアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

参考文献編集

  1. ^ The Strong Man - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  2. ^ Navarro, Dan. Dan Navarro's Silent Film Guides, 2006. Last accessed: February 18, 2008.

外部リンク編集