メインメニューを開く

当間 修一(とうま しゅういち、1949年6月20日[1] - )は、日本の指揮者大阪府出身。大阪音楽大学卒業。一般社団法人 大阪コレギウム・ムジクム主宰。

当間 修一
出生名 當間 修一
生誕 (1949-06-20) 1949年6月20日(70歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
学歴 大阪音楽大学
ジャンル クラシック
職業 指揮者
公式サイト 公式ウェブサイト

来歴編集

在学中にバッハの音楽に傾倒、オルガニストおよび通奏低音奏者として研鑽を積む。

1975年に一般社団法人 大阪コレギウム・ムジクムを設立。1976年(昭和51年)に室内オーケストラ「アンサンブル・シュッツ」(現・シンフォニア・コレギウムOSAKA)を、翌1976年に大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団(現・大阪コレギウム・ムジクム合唱団)を、翌1977年にその核となる大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団を創設。以降常任指揮者として、海外を含む数々の演奏会やCD・DVDなどで、国内外より高い評価を得ており、大阪を拠点に器楽・声楽を問わず音楽の普及と発展に力を尽くしている。

レパートリーはルネサンス音楽から現代の音楽まで広く、ハインリッヒ・シュッツの作品の演奏を活動の一つの柱とするほか、バッハ、ベートーヴェンなどの作品を数多く演奏。近年は、柴田南雄武満徹木下牧子鈴木憲夫西村朗千原英喜など日本の作曲家、また海外の現代作曲家の作品紹介も積極的に行っている。また歌唱発声法に関する書籍・DVDの刊行や、合唱作品の作・編曲も行っている。他にも多くの合唱団での指揮・指導などを務めるほか、合唱コンクールの審査員なども務めた。

1996年(平成8年)大阪文化祭賞奨励賞、1998年(平成10年)文化庁芸術祭音楽部門優秀賞、2001年(平成13年)ABC音楽賞「クリスタル賞」、2003年(平成15年)関西合唱連盟「長井賞」、2011年(平成23年)大阪文化祭賞グランプリを受賞。2014年(平成26年)「第49回大阪市市民表彰」文化功労部門にて表彰。

脚注編集

外部リンク編集