当麻 桜井(たいま の さくらい)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族官位従四位下武蔵守

 
当麻桜井
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 和銅8年2月14日715年3月23日
官位 従四位下武蔵守
主君 持統天皇文武天皇元明天皇
氏族 当麻氏
テンプレートを表示

経歴編集

持統天皇3年(689年刑部省に判事が置かれると、藤原不比等らと共にこれに任ぜられる(この時の冠位は務大肆)。大宝元年(701年大宝令における位階制度の制定を通じて、従五位上に叙せられる。

その後、慶雲2年(705年伊勢守和銅元年(708年)武蔵守と、文武元明朝にかけて地方官を歴任した。

和銅8年(715年)正月に従四位下に叙せられるが、同年2月14日卒去。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

参考文献編集