後藤光三(ごとう みつぞう、1905年(明治38年)8月15日 - 1977年(昭和52年)5月30日)は、日本牧師である。日本基督長老教会(現・日本長老教会)の初代議長で、日本人で初めて保守的な立場から説教学の大著を書いた。

生涯編集

戦前、中央神学校で学び、田中剛二らの薫陶を受ける。卒業後は、日本基督教団の牧師として戦争中を生きる。

終戦後、日本基督教団小月教会を創設して、開拓伝道を始める。その後、日本基督教団を離脱して、長老派の伝道に関わり、1949年昭和24年)、東京基督神学校創立メンバーになる。長谷川真太郎の自宅の神学校で事務長を務めながら、牧会学説教学信仰告白を教える。その経験から日本語で最初の本格的な説教学の著書を著す。1956年昭和31年)、日本基督長老教会の初代議長に就任するが、翌年1957年(昭和32年)、東京基督神学校の教師と理事を辞任する。

英語の賛美歌の翻訳・日本語作詞でも活躍して、1956年(昭和31年)、TEAMの宣教師ラッセル・ステルワゴンの編集した「救いの聖歌集」の曲の訳詩等を手伝った。その歌集には後藤の作品も多数収録されている。

1964年(昭和39年)には町田聖書教会の初代牧師に就任する。晩年は闘病生活を送るが、病床で5冊の闘病記を書いた。

訳詩編集

  • 「すくいぬしにきたれ」(Come to the saviour)George F. Root
  • 「つみのきよめ」(Wordless Book chorus)Frances M.Johnston
  • 「せかいのこども」(Jesus loves the little children)George F. Root

作詞作曲編集

  • 「じゅうじか」

著書編集

訳書編集

参考文献編集