メインメニューを開く

後藤 基国(ごとう もとくに)は、安土桃山時代の武将。通称は新左衛門。

 
後藤 基国
時代 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正8年(1580年
別名 新左衛門
主君 別所長治
氏族 後藤氏
神吉頼氏
後藤基次
テンプレートを表示

後藤基国の前半生については定かではないが、三木城主の別所長治の家臣であった。天正8年(1580年)に三木合戦における、平田村に於いて羽柴勢と闘い死。なお、黒田孝高に仕えて黒田二十四騎にも名を連ねる後藤基次(又兵衛)は息子に当たる。