メインメニューを開く
後藤文一郎

後藤 文一郎(ごとう ぶんいちろう、1861年5月23日文久元年4月14日) - 1928年昭和3年)9月29日)は、日本の政治家弁護士衆議院議員(4期)。

略歴編集

1861年(文久元年4月14日)、三河国碧海郡知立村(現・愛知県知多市)に生まれる。石川部平の青藍塾(漢学)に学んだ後、明法学社茂松法学校東京法学校(現・法政大学)で学ぶ。

1882年明治15年)に代言人試験に合格し、愛知県岡崎町(現・愛知県岡崎市)で開業する。1890年(明治23年)に愛知県会議員に当選するも、衆議院議総選挙に出馬するため、1892年(明治25年)に県会議員を辞職する。

1892年(明治25年)2月、第2回衆議院議員総選挙自由党候補として出馬するが、落選する。

1898年(明治31年)、第6回衆議院議員総選挙に愛知県11区から憲政党候補として出馬し、当選する。以後、第9回衆議院議員総選挙立憲政友会)、第10回衆議院議員総選挙、衆議院議員補欠選挙に当選する。

1928年(昭和3年)9月29日に死去。

参考編集