メインメニューを開く
御幸町通
日本基督教団御幸町教会

御幸町通(ごこまちどおり)は京都市内の南北の通りの一つ。寺町通の一本西にあたり、北は丸太町通から南は五条通までである。平安京には存在せず、豊臣秀吉による天正の地割で新設された通りである。通り名の由来は秀吉が大阪(あるいは伏見)から御所に参内する時に使ったためなど諸説がある。

三条通四条通の間には、三条御幸町のアートコンプレックス1928をはじめ若者向けの文化施設・商店などが多い。

沿道の主な施設編集

関連項目編集

京都市内の南北の通り
西隣の通り
麩屋町通
北は 丸太町通 まで 東隣の通り
寺町通
御幸町通
南は 五条通 まで