メインメニューを開く

ギア-GEAR-』(ギア)は、日本で公演されている演劇である。京都府京都市アートコンプレックス1928(専用劇場)で公演され、首都圏(East Version)では千葉県千葉市千葉ポートスクエアで公演されている[1]。台詞の一切無いノンバーバル演劇であり[2]パントマイムブレイクダンスマジックジャグリングというパフォーマンスが取り入れられ[2]、ギミックの多く取り入れられた舞台セット[2]レーザー光線を用いた光学的な演出などでストーリーを表現する[2][3]

概要編集

 
首都圏公演劇場の千葉ポートシアター(千葉ポートスクエア内)

多くの歯車が噛み合って調和を産み出すと意味で「ギア」と命名された[2]。ストーリーは荒廃した未来社会において、おもちゃ工場で働き続けるロボット、「ロボロイド」をストーリーの中心に据え、かつてその工場の製品であった「ドール」も登場。人間が去ってしまったあと、ロボロイドたちは徐々に人間に近づいてゆくものの、工場の突発的な停電により機能を停止してしまう。その時製品であるドールが「人の心」を持ってしまい、ロボロイドたちの再生を祈る、と言うもので、いわゆる「感動物語」である[4][2][5]。基本的には専用の劇場で公演が行われ、技巧の凝らされたセット、演者の動き、パフォーマンス、光学、音響、果てには風までも使ったギミック[6]でストーリーを表現する、台詞の無い、いわゆるノンバーバル演劇で、公演時間は90分程度[7][8]

プロデューサー小原啓渡[9]企画制作はART COMPLEX[9]。後援は京都府、京都市、京都市観光協会京都商工会議所京都文化交流コンベンションビューロ、KANSAI Creative Factory推進委員会、京都府教育委員会京都市教育委員会[9]。公式サイトによれば、各パフォーマンスには一流の人材を揃えているとのこと[2]

2010年1月にトライアウト公演開始(大阪・道頓堀studioZAZAなど5公演)。その後2012年4月から、京都の劇場、アートコンプレックス1928でロングラン公演を開始[10]。2017年現在も公演中[11]

専用劇場であるアートコンプレックス1928(1928ビル)は京都市中京区にある客席数100席の小劇場[7]。そのビルは、1928年に大阪毎日新聞社京都支局ビルとして、武田五一の設計により建築されたもので、京都市登録文化財。1999年に改装を行い、現在の名称が使われるようになった。2012年4月からは『ギア』公演の専用劇場となっている[12][13]。立地は京都の中心的繁華街四条河原町界隈、三条通寺町通(寺町京極)の交差点付近である[14]

ロングラン公演は最初の頃は振るわなかったが、口コミやリピーターにより[6]2015年6月には1000回を達成、来場者数は小劇場ながら同年10月、7万人を越える[15][7][3]、2018年10月7日 ( 日 ) には通算2,500回公演、来場者数は20万人を突破した[16]

また本演劇はノンバーバル演劇であるため、言語の壁がない[6]TripAdvisorによる「外国人に人気の日本の観光スポットランキング 2015」19位にランクインするなど、外国人観光客にも人気を博しているほか[7][3]、子供でも楽しめる内容となっており[3]、4歳未満の幼児が入場できるキッズデーも設けられている[11]。演出家は「オン・キャクヨウ」、漢字表記すれば「御客様」ということになっている[7]。これはロングラン公演にあたり、観客からのフィードバックを重視し演出等を改善しているからだという[7]

なお2015年11月から2016年4月にかけて、ロシアモスクワでの海外公演も行っている[10]2017年12月22日より『ギア East Version』公演を千葉ポートスクエア(千葉ポートシアター)にて公演が開始されている[17]

公演概要編集

その他公演編集

脚注編集

  1. ^ OGINO. “ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』が12月から新設の千葉ポートシアターでイーストバージョンのロングラン開始” (日本語). 2019年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR- 『ギア』とは”. GEAR. 2017年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 京都創造者大賞2016 アート・文化部門 アートコンプレックスグループ”. 京都ブランド推進連絡協議会 (京都府、京都市、京都商工会議所). 2017年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  4. ^ 砂野加代子. “新感覚エンターテイメント 京都発の「ギア」がスゴイ!”. Smart Magazine 関西 (株式会社ジェイトリップ). 2016年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  5. ^ 京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR- キャラクター”. GEAR. 2017年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  6. ^ a b c “京都で活気づく「ノンバーバル舞台劇」 国境・年齢を超える“わかりやすさ”p.1”. msn産経ニュースwest. (2013年2月2日). オリジナルの2014年9月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140911090322/http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130202/wlf13020219010026-n1.htm 2017年3月5日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 外国人に人気!日本発・日本初ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』”. 日本の歩き方 (株式会社地球の歩き方T&E). 2017年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  8. ^ 「90分」は日経MJの2016/11/18、中本千晶のコラム、「中本千晶のレビューれびゅー」による。
  9. ^ a b c 京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR- スタッフ”. GEAR. 2017年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i 京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR- 講演履歴”. GEAR. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  11. ^ a b c 京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR- チケット”. GEAR. 2017年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  12. ^ アートコンプレックス 1928 1928の紹介”. アートコンプレックス 1928. 2016年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  13. ^ 京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR- 劇場紹介”. GEAR. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  14. ^ アートコンプレックス 1928 アクセス”. アートコンプレックス 1928. 2016年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  15. ^ 『ギア -GEAR-』本日14時公演にて、京都ロングラン公演来場者数7万人突破!”. ART COMPLEX. 2016年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  16. ^ 無期限ロングランは日本初! 言葉を用いらずに表現する舞台『ギア-GEAR-』6年目に突入”. ART COMPLEX (プレスリリース)/ソーシャルワイヤー. 2017年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月27日閲覧。
  17. ^ a b 『ギア-GEAR-』East Version、12月22日公演スタート!!
  18. ^ 2012、『第2回 ALL関西フェスティバル in バンコク」の開催について』、ALL関西『食』輸出推進委員会 (大阪商工会議所大阪府関西経済連合会新関西国際空港株式会社)

外部リンク編集