御祓村

日本の愛媛県喜多郡にあった村

御祓村(みそぎむら)は、1954年昭和30年)まで愛媛県の南部、喜多郡にあった。現在の喜多郡南部にあたる。肱川水系の御祓川の流域。

みそぎむら
御祓村
廃止日 1954年9月1日
廃止理由 新設合併
五十崎町・天神村御祓村五十崎町
現在の自治体 内子町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
喜多郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 大瀬村河辺村肱川村天神村
御祓村役場
所在地 愛媛県喜多郡御祓村大字只海
座標 北緯33度31分08秒 東経132度42分28秒 / 北緯33.51886度 東経132.70778度 / 33.51886; 132.70778座標: 北緯33度31分08秒 東経132度42分28秒 / 北緯33.51886度 東経132.70778度 / 33.51886; 132.70778
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

現在の喜多郡内子町の南部。小田川の支流、御祓川の流域。御祓川が村内をほぼ西流する。御祓川の右岸、北側が只海、南側が北表。西方を除き周囲は600m程度の山々で囲まれている。南は山鳥坂で河辺村と接する。

地名の由来

  • 御祓川の流域であることから。

歴史編集

藩政期

明治以降

  • 1875年(明治8年) - 壺中小学校分校開校
  • 1889年(明治22年) 12月15日 - 町村制実施により、只海村(ただのうみ)・北表村(きたおもて)が合併して「御祓村」成立。喜多郡に属す。
  • 1909年(明治42年) - 河辺村大字山鳥坂(やまとさか)字オヤブ・ダラリを編入。
  • 1954年(昭和29年) 9月1日 - (旧)五十崎町、天神村との合併により、新たな五十崎町となる。
御祓村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)
            町村制施行時 
只海   ━━┓                      
       ┣━━━  御祓村 ━━━━━━━━━┓ 
       ┃                 ┃
北表   ━━┛                 ┃
                          ┃  (昭和29年9月1日合併)      
                         ┣━━━━ 五十崎町
             (旧)五十崎町 ━━━━┫     
             天神村    ━━━━━┛     
             
(注記)旧五十崎町ほかの合併までの系譜については、それぞれの町村の記事を参照のこと。

地域編集

大字として、只海、北表の2つの大字があった。いずれも、発足前の旧村がそのまま大字となったもの。後に、河辺村の一部を編入、大字山鳥坂とする。

おおむね御祓川の北岸が只海、南側が北表。山鳥坂は南部、河辺村との境。

行政編集

役場は大字只海においた。

産業編集

米、葉タバコ、栗などを産す。養蚕も盛んであった。

交通編集

かつては物資の輸送は舟運によっていた。

関連項目編集