メインメニューを開く

徳川泰子

日本の元華族

徳川 泰子(とくがわ ひろこ、慶応3年9月24日1867年10月21日)- 昭和19年(1944年3月13日)は、貴族院議員徳川家達夫人。近衛忠房の長女。母は光子(島津斉彬の養女。実父は島津久長)。結婚前は近衛 泰子である。

略歴編集

徳川宗家16代目を継承した家達と婚約し、千駄ヶ谷の徳川邸で義伯母(父系では曾祖母)にあたる天璋院の訓育を受けた。明治15年(1882年)成婚。明治17年(1884年)嫡男家正を産み、他に三女を儲けている。

日本赤十字社篤志看護婦人会会長、撫子会会長、愛国婦人会理事を務めて婦人看護に重きをなし、特に日露戦争での後方支援に活躍した。戦後には勲四等宝冠章を賜っている。

登場作品編集

テレビドラマ

外部リンク編集