志保田鉎吉

日本の教育者

志保田 鉎吉(しほた しょうきち、1873年明治6年)9月[1] - 1959年昭和34年)2月1日[要出典])は、日本教育者

志保田鉎吉

経歴編集

京都府天田郡福知山町(現在の福知山市)出身[2]。清水道勝の三男として生まれ、志保田六兵衛の養子となった[1]1895年(明治28年)、京都尋常師範学校を卒業し、天田郡中部の高等小学校訓導を務めた[1]1900年(明治33年)、東京高等師範学校文科を卒業し、沖縄県師範学校教諭となった[1]1901年(明治34年)、台湾総督府国語学校教授に就任[2]。その後、台南高等女学校校長、台南師範学校校長、台北師範学校校長、台北第一師範学校校長を歴任した[1]

後に帰国、1959年昭和34年)2月1日京都市で死去[要出典]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 人事興信録 1931, p. シ之部 志(波、保、摩、水) シ五.
  2. ^ a b 台湾之官民 1924, p. 206.

参考文献編集

  • 橋本白水 『評論 台湾之官民』南国出版協会、1924年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。 
公職
先代
(新設)
  台湾総督府台北第一師範学校
1927年 - 1931年
次代
浜武元次
先代
(新設)
  台湾総督府台北第二師範学校長
1927年
次代
根井久吾
先代
太田秀穂
  台湾総督府台北師範学校長
1922年 - 1927年
次代
(台北第一・第二師範学校設置)
先代
(新設)
  台湾総督府台南師範学校長
1919年 - 1922年
校長事務取扱
1919年
台湾総督府国語学校分校主任
1918年 - 1919年
次代
田中友二郎
先代
(新設)
  台湾総督府台南高等女学校長
1917年 - 1919年
次代
清水儀六