急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん、Acute otitis media)とは、真正細菌中耳に感染して急性の炎症を起こす疾患である。一般に中耳炎という場合、この疾患を指すことが多い。


原因編集

細菌が中耳に感染する経路として大きく分けて以下の3つがある。

  1. 経耳管性
    • 中耳は耳管によって咽頭と連絡しているが、鼻腔や上咽頭に感染が起こることで、起炎菌が中耳へと侵入する。乳幼児では耳管が成人と比べて短く、内腔が太い上に水平に近いので中耳に細菌が侵入しやすい。乳幼児に急性中耳炎が起こりやすいのもこのためである。起炎菌は5歳以下ではインフルエンザ菌が、それ以後は溶血性連鎖球菌肺炎球菌が多い。
  2. 経外耳道性
    • 外耳道と中耳は通常鼓膜で隔てられているが、鼓膜穿孔によって細菌が直接中耳に侵入したり、鼓膜に感染した後中耳に波及することがある。頻度は少ない。
  3. 血行性

症状編集

耳痛、発熱、伝音性難聴耳鳴耳漏が主要な自覚症状である。また鼓膜は充血し、重症例では穿孔する。

診断編集

症状と鼓膜所見によって診断される。

合併症編集

  1. 内耳炎
    • ごくまれに内耳炎を合併し、感音難聴(神経障害による難聴)、めまいを伴う事がある。予後は不良。

治療編集

安静にし、抗生物質消炎鎮痛剤を投与する。鼓膜が膨隆していたり耳痛が高度だったりしたときは、鼓膜切開して分泌物を吸引し、抗生物質を点耳する。

  • 小児急性中耳炎に関してはガイドラインが作成されており、それを参考に加療されることが好ましい。

予後編集

完全に治癒することが多いが、慢性中耳炎に移行したり、頭蓋内合併症を起こしたりすることもある。

診療科編集