恋のほのお」(原題: Love Grows (Where My Rosemary Goes))は、英国のグループ、エジソン・ライトハウスが1970年に発表したデビュー・シングル。セッション・シンガーのトニー・バロウズがリード・ボーカルを務めた一連のヒット曲のひとつ。

恋のほのお
エジソン・ライトハウスシングル
B面 エブリー・ロンリー・デイ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1969年11月
ジャンル ポップスロック
時間
レーベル ベル・レコード
作詞・作曲 トニー・マコーレイ
バリー・メイスン
シルヴィン・ウィッティンガム
プロデュース トニー・マコーレイ
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
エジソン・ライトハウス シングル 年表
恋のほのお
(1970年)
It's Up To You, Petula
(1971年)
ミュージックビデオ
「Love Grows (Where My Rosemary Goes)」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

ホワイト・プレインズの「恋に恋して」が録音された直後の1969年11月に制作された。エジソン・ライトハウスは本作品をトニー・バロウズに歌わせるために作られたスタジオ・グループであった。

1970年1月9日、シングルA面曲として発売された[1]全英シングルチャートで5週連続で1位を獲得。同年3月28日から4月4日にかけてビルボード・Hot 100で5位を記録し[2][3]、1970年の年間チャートの40位を記録した。またカナダ(RPM)では3位[4]、オーストラリアでは2位、南アフリカ共和国では3位を記録するなど世界的にヒットし、ゴールドディスクに輝いた。

作者の一人のトニー・マコーレイは、ザ・ファウンデーションズの「星のベイビー(Baby Now That I've Found You)」と「恋の乾草(Build Me Up Buttercup)」、フィフス・ディメンションの「夢の消える夜((Last Night) I Didn't Get to Sleep at All)」、デヴィッド・ソウルの「やすらぎの季節(Don't Give Up on Us)」などのヒット曲を書いたことで知られる。

脚注編集

関連項目編集

先代:
ロルフ・ハリス
「トゥー・リトル・ボーイズ」
全英シングルチャート 1位
1970年1月31日 - 2月28日(5週)
次代:
リー・マーヴィン
「ワンダリング・スター」