恋の人形』(こいのにんぎょう、Cytherea)は、サイレント時代1924年に公開されたアメリカ合衆国の映画で、ジョージ・フィッツモーリス英語版監督し、アルマ・ルーベンスルイス・ストーン英語版コンスタンス・ベネットノーマン・キャリー英語版らが出演した恋愛映画。原作は、ジョセフ・ハーゲシャイマー英語版小説Cytherea, Goddess of Love』で、フランシス・マリオンがこれを翻案して映画用の脚本を書いた。この作品の中には、夢の中を描いた場面が2か所あり、初期のテクニカラーによるカラー撮影がなされた[1]。この作品は、別名で『The Forbidden Way』ともいった。

恋の人形
Cytherea
Cythera (SAYRE 14596).jpg
監督 ジョージ・フィッツモーリス
脚本 フランシス・マリオン(翻案)
製作 サミュエル・ゴールドウィン
出演者 アルマ・ルーベンス
コンスタンス・ベネット
ノーマン・キャリー
ルイス・ストーン
アイリーン・リッチ
撮影 アーサー・C・ミラー
J. A. Ballテクニカラー・コンサルタント)
編集 スチュアート・ヘイスラー
製作会社 サミュエル・ゴールドウィン・プロダクションズ
Madison Productions
配給 アソシエイテッド・ファースト・ナショナル英語版
公開
  • 1924年4月3日 (1924-04-03)
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語インタータイトル
テンプレートを表示

あらすじ編集

リー・ランドンは、妻ファニーとの穏やかな生活に満ち足りないものを覚えていた。彼は愛の女神の名からシセリアと名付けた人形を飾り、その人形のような女性と、彼が夢見る楽園キューバへ行って見たいものだと夢想していた。そんな折に、姪のクレアが、夫が愛人を作って家を出て行ったと泣きついてきた。リーは、その愛人の住まいへと談判に行くこととなったが、...[2]

キャスト編集

制作編集

この作品は、 サミュエル・ゴールドウィン・プロダクションズ英語版が制作し、アソシエイテッド・ファースト・ナショナル映画英語版からリリースされた。本作は、それまでのテクニカラーによるカラー映像が、屋外の自然光によって制作されていたのに対し、初めて人工的な照明によって作られたテクニカラー映画であった[1]

保存状況編集

『恋の人形』は、いずれの映画アーカイブにもコピーが所有されていない[3]。本作は、失われた映画である。

脚注編集

  1. ^ a b Progressive Silent Film List: Cytherea at silentera.com
  2. ^ 恋の人形 - 映画.com - ネタバレを含むあらすじが記載されている。:なお、「ストーリー」では、人形の名が「セシリア」と記されているが、原題でもある Cytherea は、ギリシア神話におけるアプロディーテーの別称「キュテレイア (Κυθέρεια)」に由来する名であり、キリスト教の聖人カエキリア (Caecilia)(聖セシリア)に由来するセシリア (Cecilia) とは異なるので、ここでは「シセリア」としている。
  3. ^ The Library of Congress American Silent Feature Film Survival Catalog: Cytherea

関連項目編集

外部リンク編集