恒吉僚子

恒吉 僚子(つねよし りょうこ、1961年 - )は日本の教育社会学者。専門は、教育社会学比較社会学比較教育学東京大学大学院教育学研究科教授(比較教育社会学コース)。父は発生生物学者の加藤淑裕(よしひろ、1924-1988、三菱化成生命科学研究所)、母はフランス文学者、評論家の加藤恭子

目次

来歴編集

米国ボルティモア生まれ。1984年一橋大学社会学部卒業。1990年プリンストン大学大学院社会学研究科博士課程修了社会学博士Ph.D.)。1991年文京女子大学経営学部専任講師助教授 、1996年東京大学大学院総合文化研究科助教授、2000年東京大学教育学研究科助教授、2007年准教授、2008年教授。元東京大学学校教育高度化センター長[1]日本学術会議会員・第一部幹事、一般社団法人日本教育学会理事、異文化間教育学会常任理事、公益財団法人伊藤忠記念財団評議員。

著書編集

  • 『人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム』中公新書、1992 
  • 『「教育崩壊」再生へのプログラム―日米学校モデルの限界と可能性』東京書籍、1999
  • 『子どもたちの三つの「危機」 国際比較から見る日本の模索』勁草書房、2008 

共編著編集

  • (S.ブーコックとの共編著)『育児の国際比較―子どもと社会と親たち』日本放送出版協会 NHKブックス、1997 
  • 『教育研究のメソドロジー 学校参加型マインドへのいざない』秋田喜代美, 佐藤学共編 東京大学出版会 2005

脚注編集