恒春郡(こうしゅんぐん)は日本統治時代台湾に存在した行政区画の一つであり、高雄州に属した。

概要編集

恒春郡は郡役所が設置された恒春街以外に車城庄満州庄、蕃地を管轄した。郡域は現在の屏東県恒春鎮車城郷満州郷牡丹郷に当たる。

1945年3月に重慶国民政府が策定した台湾接管計画綱要地方政制により郡域をもって恒春県とする案があったが、政制の廃止により計画は消滅した。

歴代首長編集

郡守編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『台湾総督府職員録 大正9年12月』、232頁。
  2. ^ 『台湾総督府職員録 大正11年』、398頁。
  3. ^ 『台湾総督府職員録 大正12年』、414頁。
  4. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 大正14年』、412頁。
  5. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和3年』、471頁。
  6. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和6年』、530頁。
  7. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和7年』、529頁。
  8. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和9年』、572頁。
  9. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和12年』、666頁。
  10. ^ 興南新聞社 1943, 382頁.
  11. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和14年』、763頁。
  12. ^ 太田 1940, 533頁.
  13. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和16年』、664頁。
  14. ^ 興南新聞社 1943, 98頁.
  15. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和17年』、709頁。
  16. ^ 興南新聞社 1943, 95頁.
  17. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和18年』、230頁。

参考文献編集

関連項目編集