ジュムイジナヴィチュス、自宅にて(1954年1月)

悪魔博物館(あくまはくぶつかん、リトアニア語: Velnių muziejus)は、リトアニアカウナスにある博物館。国立チュルリョーニス美術館の分館である。悪魔をあしらった彫刻などを世界中から集めている。2009年現在、約3,000の収集品を所蔵している[1]

元々、画家のアンタナス・ジュムイジナヴィチュスリトアニア語版1876年 - 1966年)が個人的に収集していたものであったが、彼の死後、生前住んでいた家を博物館として開設、当時は260の収集品を所蔵するのみであった[2]。その後収集品は増え、また訪問客からの寄贈も多かったため、1982年、3回建ての博物館が別に建てられた[1]

集められた悪魔に関する作品は様々な文化のもとで作られたもので、絵画から彫刻、さらには日用品も多く、神話の内容を表したものから政治的なものまで様々なものがある[2]。政治的な意図を含んだ作品としては、例えばヒトラースターリンを悪魔になぞらえたものがある[2]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Devils' Museum”. Lithuanian Art Museum (2009年10月20日). 2009年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c Bignell, Rachel (2007年9月). “Devil Museum, Kaunas, Lithuania”. Fortean Traveller. 2010年10月16日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯54度54分03秒 東経23度54分38秒 / 北緯54.90083度 東経23.91056度 / 54.90083; 23.91056