悼公(とうこう、? - 前451年)は、の第34代君主。霊公の子で荘公衛君起の弟。

悼公 姫黔
第34代公
王朝
在位期間 紀元前455年 - 紀元前451年
(『史記』六国年表より)
都城 帝丘
姓・諱 姫黔
諡号 悼公
生年 不詳
没年 紀元前451年
霊公

生涯編集

霊公の少子として生まれる。

出公後7年(前470年)5月、褚師比・公孫弥牟・公文要・司寇亥・司徒期らが乱を起こしたため、甥の出公へ出奔した。

出公後21年(前456年)、出公が薨去したため、叔父である公子黔(けん)が立って衛君(以降は悼公と表記)となり、出公の太子を攻め滅ぼした。

悼公元年(前455年)5月、の叔孫舒はの皋如と舌庸、宋の楽茷と会合し、出公を衛に入れようとした。衛では公孫弥牟(子南文子、悼公の弟の公子郢の子)が迎え入れようとしたが、公文要(公文懿子)が反対した。そこで衛軍は諸侯軍と戦ったが敗北し、公孫弥牟が門を開けて出公を入れようとした。しかし、出公は伏兵を恐れて結局衛に入ることはなかった。その後、悼公は公孫弥牟の補佐で政治を行い、出公のいる城鉏(じょうそ)を越に与えた。

悼公5年(前451年)、悼公が薨去し、子の弗が立って衛君(敬公)となった。

参考資料編集