メインメニューを開く

意足寺

意足寺(いそくじ)は、福井県大飯郡おおい町万願寺にある曹洞宗寺院山号は湯谷山。本尊は十一面千手観音菩薩。寺伝によれば延暦24年(805年)に心安宗隆大居士により開基され、規伯正模禅師勝が開山したと伝えられる。当初は小浜市太良荘長英寺にあったが、江戸時代初期に現在地の万願寺跡地に移転した。

意足寺
湯谷山意足寺
所在地 福井県大飯郡おおい町万願寺
位置 北緯35度27分50.9秒
東経135度35分46.3秒
座標: 北緯35度27分50.9秒 東経135度35分46.3秒
山号 湯谷山(ゆだにさん)
宗派 曹洞宗
本尊 十一面千手観音菩薩
創建年 (伝)延暦24年(805年
開基 規伯正模禅師
正式名 湯谷山意足寺
文化財 木造十一面観音菩薩立像
地図
意足寺の位置(福井県内)
意足寺
法人番号 6210005008813
テンプレートを表示

目次

文化財編集

重要文化財編集

  • 木造千手観音立像(附 紙本墨書千手千眼陀羅尼経 1巻)[1][2]
本像は身体から台座までヒノキの一木造、平安時代の作、像高は109.0cm、天冠上に10面の化仏をいただく42臂の千手観音立像である。
解体修理の際、像内に千手千眼陀羅尼経(附指定)が納められているのが確認された。応徳元年(1084年)の奥書があり、千手観音を造立する際に写経されたものと考えられる。

台風被害編集

昭和28年(1953年)の台風13号[3]で寺背後の山が崩れ[4]観音堂庫裏が流出した。住職夫婦は亡くなったが、本尊は被害の直後、土砂の下から地元住民らによって発掘された。住民の多くが台風の被害に遭い、自宅に損害を受けた者も少なくなかったが、住民は本尊の救出を優先し、これが像の損傷を最低限に食い止めた大きな要因となった。迅速な発掘作業の結果、散逸した脇手などもほぼ全て回収され、像容も著しいダメージを受けることなく修復が可能となった。

交通アクセス編集

近隣情報編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大正10年4月30日文部省告示第353号(参照:[1]
  2. ^ 木造千手観音立像 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  3. ^ 木造千手観音立像”. おおい町. 2016年8月28日閲覧。
  4. ^ 「みほとけの里 若狭の秘仏」意足寺の千手観音像が本開帳を迎えます”. 福井県文化振興課. 2016年8月28日閲覧。