愛知国学院(あいちこくがくいん)は、名古屋市熱田区高座結御子神社境内に所在した神職養成施設。

概要編集

愛知国学院の前身は1912年明治45年)に山王稲荷神社境内に設置された「愛知県神職養成所」である[1]。これは後に熱田神宮政所に移転する[1]

1921年大正10年)に至って愛知国学院が高座結御子神社の境内において設立される[1]1944年昭和19年)には中部神祇学校と改称される[1]。この時の校長は春日井瀇。しかし、翌年には名古屋大空襲により焼失の憂き目に遭っている[1]。焼失後は再建を果たせぬまま、1947年(昭和22年)に廃校となっている[1]

跡地には1977年(昭和52年)8月20日に山王高座会の手により「愛知国学院・中部神祇学校之碑」が建立された[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 熱田区制五十周年記念誌編集部会 編(日本語) 『熱田区誌』熱田区制五十周年記念事業実行委員会、1987年10月1日。全国書誌番号:88014448 

関連項目編集