慕貞모정)は、金官伽倻の第2代の王居登王の妃である。金官伽倻の第3代の王麻品王を生む。

慕貞
各種表記
ハングル 모정
漢字 慕貞
テンプレートを表示

許黄玉インドサータヴァーハナ朝から船に乗って48年伽耶に渡来した際に、媵臣(嫁にいく女の付き人)としてサータヴァーハナ朝から伽耶に渡来した申輔官職泉府卿を務める)の娘である[1]

慕貞は、『花郎世記』には申輔の娘と記録されているが、『三国遺事』には申輔の妻と記録されているという[2]

家族編集

脚注編集

  1. ^ 신보 申輔 韓国学中央研究院
  2. ^ 모정 慕貞 韓国学中央研究院

参考文献編集