慢性前立腺炎

慢性前立腺炎(まんせいぜんりつせんえん)とは、細菌が原因になって起こる慢性の前立腺炎の事である。慢性細菌性前立腺炎(まんせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる[1]

目次

原因編集

この慢性前立腺炎の原因は、急性の細菌性前立腺炎が慢性化して起こる場合と、何らかの基礎疾患があるか、カテーテルが入っているか、結石のような異物があり、それがブドウ球菌腸球菌セラチア菌などの細菌によって慢性的に起こる場合がある[1][2]

ただ細菌が原因となる慢性前立腺炎は10%程度と比較的少なく、ほとんどが細菌とは関係の無い非細菌性慢性前立腺炎である[1]

症状編集

症状自体は大したことは無く、痛みも無い。微熱程度の発熱(38度以下程度)、前立腺肥大症慢性膀胱炎のような症状、精液血液が混じったりして精液が黄色くなるなどが主な症状である。血液中の白血球が増える事もあまり無い[1][2]

診断編集

前立腺をマッサージして前立腺の分泌物を調べたり、マッサージ後の尿を調べて細菌を検査する事になるが、細菌を検出するのが難しい場合もある。直腸のほうから前立腺を触ってみると、硬くゴツゴツした前立腺を触れる事もあるが、余り所見の無い事もある[1]

治療編集

急性前立腺炎から慢性化して起こる場合も、最初から慢性の前立腺炎の場合も、細菌によって起こっている事には変わりが無いため、治療抗菌剤を用いて保存的に治療する事になる、いわゆる薬物療法である[2][3]

物理療法として温熱療法が行なわれる事もある[2][3]

治療の大半は保存的な治療が主体となり、治癒するまでは通常長くかかり、数年かかる場合もある[3]

脚注編集

註釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 細井康男 『専門医が解説する前立腺肥大とガンの最新治療』日本書院本社、2012年、p.134
  2. ^ a b c d 細井康男 『専門医が解説する前立腺肥大とガンの最新治療』日本書院本社、2012年、p.135
  3. ^ a b c 細井康男 『専門医が解説する前立腺肥大とガンの最新治療』日本書院本社、2012年、p.136

参考文献編集

関連項目編集