慧明院

慧明院(けいめいいん、生年不詳 - 文化10年10月17日1813年11月9日))は、江戸時代の女性で、11代将軍・徳川家斉側室。俗名は志賀。父は能勢頼能

生涯編集

天明元年(1781年)、大奥に入り中臈となる。寛政8年(1796年)に総姫を出産し御客会釈となるが、翌年、寛政9年(1797年)に総姫が早世する。

文化10年(1813年)10月17日(あるいは11月26日)、死去。戒名は慧明院智岳貞輪大姉。

慧明院が登場する作品編集

  • 大奥』よしながふみ

参考文献編集