慧聡(えそう、生没年不詳)は、飛鳥時代百済から渡来した

慧聡
飛鳥時代
尊称 三宝の棟梁
生地 百済
宗派 三論宗
弟子 厩戸皇子
テンプレートを表示

人物編集

推古天皇3年(ユリウス暦595年)に渡来。

推古天皇4年(596年)に法興寺(現在の飛鳥寺安居院)が造営すると、蘇我馬子の長男・蘇我善徳が寺司となった。この造営後の法興寺に渡来僧・慧慈と共に住み、蘇我氏などの厚遇を受けて三宝の棟梁と称されたが、これらの事績は伝説である[1]

遠く14世紀の応長元年(1311年)成立の『三國佛法傳通縁起』は、三論宗南都六宗の一つ)の学僧で厩戸皇子の仏教の師と称している。

脚注編集