メインメニューを開く

憂世ノ志士』(うきよのしし)および『憂世ノ浪士』(うきよのろうし)は、スパイク・チュンソフトのゲームソフト。

憂世ノ志士
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 3
発売元 スパイク・チュンソフト
人数 1人
発売日 2015年1月29日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
テンプレートを表示
憂世ノ浪士
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation Vita
発売元 スパイク・チュンソフト
人数 1人
発売日 2015年2月11日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
テンプレートを表示

『憂世ノ志士』が2015年1月29日PlayStation 3で、『憂世ノ浪士』が2月11日PlayStation Vitaで発売された。

概要編集

幕末を舞台としたアクションアドベンチャーゲーム

プラットフォームや発売時期が異なるが世界観や基本システムが共通し、セーブデータも共有するため実質的なバージョン分け作品である。

システム編集

登場人物編集

坂本龍馬
声 - 木島隆一(男性主人公A)・徳本英一郎(男性主人公B)・斉藤壮馬(男性主人公C)・坂口候一(男性主人公D)・小市眞琴(女性主人公A)・村中知(女性主人公B)
『憂世ノ志士』の主人公。
沖田芳次郎
声 - 木島隆一(男性主人公A)・徳本英一郎(男性主人公B)・斉藤壮馬(男性主人公C)・阪口候一(男性主人公D)・小市眞琴(女性主人公A)・村中知(女性主人公B)
『憂世ノ浪士』の主人公。
新撰組に入隊したての新米隊員。向いてないと言われるほど優しい性格をしているが、さまざまな経験を積んで新撰組の中心人物となっていく。ゲーム的には剣や槍、銃や素手で第一線で戦うキャラだが、ストーリー的には沖田宗司や土方にはひよっこ扱いされ、斎藤よりやや強い程度である。
浮世絵を書くのが得意で、作中ではその出来を色々な人に褒められている。
勝海舟
声 - 竹内良太
お龍
声 - 青木瑠璃子
浪士ではある事件の容疑者となり、それを調べている主人公と出会う。新撰組が嫌いだったのだが、絵を書くのが好きなこともあり主人公と意気投合する。実はかなりの剣の達人であり、中盤で主人公に秘剣を伝授してくれる。
お登勢
声 - 石黒千尋
浪士では寺田屋の店長で気だるそうにしている。旦那がいたが死んでいる。
沖田宗司
声 - 田村睦心
浪士では主人公の上司になる。かなりの強キャラだが病弱。
近藤勇
声 - 梁田清之
浪士では主人公の上司になる新撰組で最も偉い人。トレードマークは仮面。
桂小五郎
声 - 松田健一郎
土方歳三
声 - 衛藤将展
浪士では主人公の上司になる。かなりの強キャラだが俳句のセンスがない。
桜木太夫
声 - 佐倉薫
浪士では島原で働く遊女。千葉を雇って用心棒にしている。
岩倉具視
声 - 高梨謙吾
浪士では自称未来が見えるという男で、実際に事件の聞き込みに来た主人公の目的を当て、驚かせていた。
斉藤一
声 - 白石恵三
浪士では主人公の先輩になる。最初の事件で主人公と組んで事件の調査をすることになる。
山南敬助
声 - 浅科准平
浪士では主人公の先輩。ダジャレが好き。
伊東甲子太郎
声 - 藤波聡
浪士では主人公の後輩。剣の腕も確かだが何よりも学があり、それを請われて近藤にスカウトされる。
徳川慶喜
声 - 江川大輔
永倉新八
声 - 佐々木啓夫
浪士では主人公の先輩。子どもが好き。
大浦慶
声 - 青山桐子
浪士では大浦屋の商人。金貸しも行っている。
高杉晋作
声 - 井之上潤
浪士ではピストルを持っていたことで、ある事件の容疑者となる。その事件の前に主人公と仲良くなっており、主人公のことを兄弟と呼ぶ。
陸奥宗光
声 - 土居伸之
浪士では大浦屋で働いている。
千葉佐奈
声 - 七瀬亜深
浪士では金がなく、様々な場所で働いているけんし。坂本龍馬が好き。
トーマス・B・グラバー
声 - 手塚ヒロミチ
岡田以蔵
声 - 山口和也
浪士では武市お付きの剣士として、時には戦い時には協力することになる。甘いものが苦手。
後藤象二郎
声 - 綿貫竜之介
西郷隆盛
声 - 西谷修一
大久保利通
声 - 西村朋紘
中岡慎太郎
声 - 中村大樹
中村半次郎
声 - 江越彬紀
田中久重
声 - 鈴木清信
浪士では江戸の発明家として登場。武器強化に必要な素材などを売ってくれる。
武市半平太
声 - 成田剣
浪士ではとある事件で出会う。トレードマークはメガネで、甘いものが好き。

外部リンク編集