PlayStation 3

かつてソニー・コンピュータエンタテインメントが製造販売した家庭用ゲーム機
PlayStation > PlayStation 3

PlayStation 3(プレイステーション スリー、略称: PS3)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(略: SCE、現: ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE))が日本において2006年11月11日に発売したコンピュータ[注釈 1]家庭用ゲーム機。発売当初はすべて大文字のPLAYSTATION 3という表記を使用していた[5]

PlayStation 3プレイステーション3
  • PlayStation 3 logo.svg
  • PlayStation 3 Logo neu.svg

Sony-PlayStation-3-CECHA01-wController-L.png
PlayStation 3(CECHA01)とコントローラ
メーカー
種別 据置型ゲーム機
世代 第7世代
発売日

日本の旗 2006年11月11日

CPU Cell Broadband Engine 3.2 ギガヘルツ(GHz)
GPU RSX 500 メガヘルツ(MHz)
対応メディア
対応ストレージ
  • SATA接続ストレージ(2.5インチ専用)
  • USBマスストレージ
コントローラ入力
外部接続
オンラインサービス Sony Entertainment Network/PlayStation Network
売上台数
  • 日本の旗 1,027万台[1]
  • Newworldmap.png 8,741万台[2]
最高売上ソフト
後方互換
前世代ハードウェア PlayStation 2
次世代ハードウェア PlayStation 4
テンプレートを表示

PlayStation 2(以降、PS2)の次世代機として開発された[6]。中核を担うCell Broadband Engine光ディスク規格であるBlu-ray Disc、高品質なデータ転送が行えるインタフェースであるHDMI(Ver.1.3a規格)の採用、7.1chサラウンド高精細解像度(フルHD/1920×1080p)に対応するなど、世界的な高精細度テレビジョン放送の移行に伴う形で進化が図られた[6]。同社の家庭用ゲーム機として、PlayStationソフトに対応した最後の機種である。

売上に関しては、競合ハードであるWiiが新規ユーザやライトユーザのシェア獲得に成功し、約1年前に先行発売したXbox 360は海外で市場を築いた一方で、本機はBlu-ray DiscとHD DVD規格争いが終結していない最中で陣営戦略を含めての開発・製造となったために、生産体制の遅れや初期価格の高騰を招いたこと、ハード高性能化に伴う開発コストの上昇などにより多くのソフトウェアメーカーが参入に慎重な姿勢を示したことなどで販売台数が伸び悩み、PS2と比較して苦戦を強いられた。

後に生産体制が整い、低価格化とともにソフトラインナップが充実するにつれ、次第に売り上げは安定していった。2012年12月末時点での世界出荷台数は7700万台となり、発売7年目にして競合ハードのXbox 360を抜いて2番手となった[7]

歴史編集

PS2が発売されて約1年が経った2001年3月9日に、スーパーコンピュータを意識した超並列プロセッサの開発が合意に至った[要出典]

存在が公になったのは、2005年5月16日アメリカカリフォルニア州で催されたコンピューターゲームの見本市であるElectronic Entertainment Expo(以下、E3)であった[6]。この時は試作品としての公開だったが、筐体は後に発売された製品とほぼ差異がなく、外部接続の端子類にのみ細かな違いがあった[6]ゲームコントローラは柄が長いものが公開されたが、製品に付属されたのは従来のDUALSHOCKのデザインを踏襲したSIXAXIS(シックスアクシス)となった[6]。発売日は2006年の春と発表された[6]

SCE CEOとしてPS3の開発を主導した久夛良木健は、E3時のインタビューにおいて「PS3が従来のゲーム専用機の枠に留まらない、エンタテインメントに特化した家庭用スーパーコンピュータ」であることをアピールした[8][9]。ここで言う「エンタテインメントコンピュータ」とはゲーム、オーディオ・ビジュアルを含む広範な娯楽環境の提供、またパソコンと同様の“誰もが自由にソフトを制作できるオープンな開発環境を持つ”ことも意味し、ソフトウェアをユーザーが独自に開発できる環境(Linuxなど)を提供することで、PS3というハードの魅力に惹かれたパワーユーザーが独自のソフトを開発することも見込んでいた[注釈 2][10]

2005年5月17日、東芝エルピーダメモリがPlayStation 3向け512メガビット(Mbit)XDR DRAMを発表した。

2006年5月に開催されたE3にて正式なデザイン、スペックと価格が発表されるとともに、発売日が11月中旬(日本では11日、欧米では17日)へと延期されることになった[11]。発売されるモデルはハードディスクドライブ(HDD)容量が20ギガバイト(GB)と60 GBのふたつであり、両者にはHDDの容量以外にも細かな違いがあった[12]。スペックについて当初は20 GBモデルにHDMI端子は非搭載とされたが、HDMI端子を搭載したテレビ受像機の急速な普及を受けて急遽搭載することとなった[12]。価格は20 GBモデルが日本6万2790円(税込)、北米499ドル、欧州499ユーロ、同じく60 GBモデルがオープン価格、599ドル、599ユーロ。発売前に日本の20 GBモデルは49,980円(税込)に改定された。

発売2ヶ月前となる2006年9月、PAL地域(欧州の一部、ロシア、中東、アフリカ、オーストラリア)での発売が再々延期されたが、これにはブルーレイの読み出し装置に使われるレーザーダイオードの生産計画に遅れが出たためとされた[13]。このことは日本や北米地域にも波及し、日本では初回出荷が8万台程度にとどまり[14]、SCEアメリカの最高経営責任者が「北米地域では2007年の4月あるいは5月までに在庫として製品が確保できるだろう」と語るほどであった[15]

2006年11月11日、日本で発売。東京都内のヨドバシカメラビックカメラの店舗では、開発を主導した久夛良木や丸山茂雄(当時SCE取締役)といったPSの生みの親が売り場に訪れ、直接購入客に手渡すパフォーマンスも行われた[16]

2007年3月23日、欧州で発売。欧州版の購入者でPLAYSTATION Networkに登録した先着50万人にBlu-ray Discビデオソフト「007 カジノ・ロワイヤル」を提供した[17]

2007年6月に久夛良木の後継としてSCEのCEOとなった平井一夫は前任者のメッセージが伝わりきっていない懸念を持ちながらゲーム機としての側面をアピールした[18]

2007年10月、PS2用ソフトの実行機能などが削除され大幅なコスト削減が図られた新型モデルが投入[19]された。

2008年6月の中期経営方針説明会にはソフトの重要性を語りながらも、新規ユーザの獲得としてノンゲームとネットワークにも焦点を当てるとも説明した[20]

2009年1月20日、エルピーダメモリがPlayStation 3向け1ギガビット(Gbit)XDR DRAMを発表した[21]

2009年9月、内部部品の改良により軽量・薄型化が図られた120 GB/CECH-2000Aモデルが発売された[22]

2010年3月18日、SCEは『地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)」』(以下、torne)を発売した。

2012年9月19日、更なる軽量・薄型化が図られたCECH-4000シリーズが発表された[23]

2013年11月2日、世界累計売上台数が8000万台に到達したと発表した[24]

2014年12月、日本での販売台数が1000万台に到達した。競合機種のWiiも販売台数が1000万台を超えており、日本の据置型ゲーム史上初めて同世代・複数機種での1000万台到達となった[25]

2017年3月17日、CECH-4300Cが公式サイトで「近日出荷完了予定」と告知され、2017年5月30日付で「出荷完了」となった[26]

各国の発売日編集

ハードウェア編集

デザイン編集

本体の当初のデザインは、PS/PS2のデザインを務めてきた後藤禎祐が続投した。PS2と同様に縦置き/横置きに対応した。横置き時の上面が曲面となっている。60 GB/CECHA00モデルのみ光学ドライブ周辺がクロムメッキされ、40 GB/CECHH00・80 GB/CECHL00モデルは銀色、20 GB/CECHB00モデルは本体色のままである。

CECH-2000Aモデルの本体のデザインはそれまでと異なり曽我部卓によるもので、横置き時の上面の曲面部分は残しつつも全体的に大きく変更されており、表面には柔らかさを感じさせるシボ加工を新たに施している。

 
CECH-2000A発表前のロゴ(CECHBからCECHHまで)
 
CECH-2000A発表後のロゴ(CECH-2000A以降)
表記
PS2までのロゴは「PlayStation」または「Play Station」と大文字と小文字による表記だったが、PS3ではロゴが一新され「PLAYSTATION 3」と大文字のみの表記になった。久夛良木によれば、今までのPS/PS2はPlayStationの完成形ではなく、PS3で完成したため、今までは「Play」と「Station」という2つの単語から構成されていた名前から、「PLAYSTATION」という1つの単語になったためという。このロゴは、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントソニー・ピクチャーズ・イメージワークスが製作に関わったサム・ライミ監督作品の映画『スパイダーマン』の字体(フォント)と同一である。プレスリリース内では「PS3(ピーエススリー)」の略称が使用されていた。テレビCMには「PLAY BEYOND」のロゴとサウンドロゴも使用された。箱には大きくBlu-ray Discのロゴが刻印された。
CECH-2000Aからは、ファミリーを総称する「PlayStation」に表記を統一するため、英語表記を「PLAYSTATION 3」から「PlayStation 3」に変更し、ロゴも「PS3」に一新したことで、PS3が正式な略称として用いられている。
パッケージデザイン
当初、PS3用ソフトのパッケージデザインは左側に黒枠があり、枠内の上にPSシリーズのロゴ、下に縦向きで「PLAYSTATION 3」と書かれているもので、パッケージイラストもより縦長であった。
2009年10月から11月にかけてPS3用ソフトのパッケージデザインが変更され、以降のものでは上側に黒枠があり、枠内の左に「PS3」、対応ソフトのみ右に「PlayStation Network」と書かれている。北米では3月下旬から青に統一したPS Vitaと同じような外観となった。この時期に発売されたソフトは新デザインのものと旧デザインのものが混在している。
起動音
起動音はオーケストラチューニングがそのまま用いられている。

CPU編集

ヘテロジニアスマルチコア構成のCPUであるCell Broadband Engineを新規開発して搭載しており、Cellの中の8個の数値計算に特化したSPEをシェーダや物理シミュレーションに用いる事で並列計算が効いて高速化ができるなど、2006年発売でありながら2010年代に広く普及するAPUやGPGPUに繋がるような先進的な設計が行われている。

反面、Cellのアーキテクチャがほぼ8ストリームプロセッサそのものである[注釈 3]ため、開発者にはソフトウェア並列化の知識を要求し、Cell内の汎用コアの性能がPentium 4未満の性能しか持たないため、PC向けのソフトウェアの開発手法を流用しても次世代機と呼べるほどのパフォーマンスを引き出せず、性能を発揮させるという意味ではソフトウェア開発を困難にした。そのため開発の難易度が高い本機はサードパーティにとっては参入障壁となり、ソフトウェアの品質にも差が生じた。

GPU編集

ソニー製品の中でGPUにプログラマブルシェーダを搭載した初のゲーム機となった。1080pでの映像出力に対応しているが、実際には見た目を大きく左右するテクスチャやシェーディングなどの処理負荷が掛かるためにレンダリング解像度としては1280×720(720p)が主流である[注釈 4]。こうして今まで主流だったポリゴン単位でのシェーディングからテクセル単位のシェーディングに本格移行し、きめ細かい質感表現が可能になった。

GPUには、GeForceシリーズなどで知られるNVIDIAと共同開発したRSX Reality Synthesizerを採用している。RSXは、NVIDIA社のPC用VGA「GeForce7800 GTX」に実装されているGPU(G70)をベースに、PS3内部で採用されている「Flex IO」インターフェイスを搭載したPS3専用のカスタマイズGPUである。単純な性能比較はできない GeForce7800GTXとはバーテックスシェーダ数(8本)、ピクセルシェーダ数(24本)が共通だが、動作周波数(GeForce7800GTX:430 MHz、RSX:500 MHz)、VRAMインタフェース(GeForce7800GTX:38.4 GB/s (256 bit)、RSX:22.4 GB/s (128 bit))、CPUインタフェース(GeForce7800GTX:8 GB/s、RSX:35 GB/s)、ROPユニット(GeForce7800GTX:16基、RSX:8基)と異なる部分もある。ソフトによってはCellのSPEユニットによる描画の処理分散も行われている[27]

SCEではRSXの浮動小数点演算性能を当初1.8 TFLOPSであると発表していたが、この数字はRSXのベースになったといわれているGeForce 7800 GTX (G70) 430 MHzの313 GFLOPSの6倍弱であり、G70の次世代GPUであるGeForce 8800 GTX (G80) 575MHzの345.6 GFLOPS(G70の算出方法では約500 GFLOPS)をも上回ってしまう。これはマイクロソフトがXbox 360のシステム全体の浮動小数点演算性能が1 TFLOPSであると発表したことに対抗し、特殊な算出方法を用いたことによると見られているが、SCE・MSともに数値の内訳は明らかにしていない。

画像出力解像度は、PS2が720×480ピクセルに対し、PS3では最大1920×1080ピクセルのフルHD表示が可能であり、プログレッシブ表示にも対応している。

2005年に発表されたスペック表には、クロック周波数は550 MHzと表記されていたが、後にコスト削減のために500 MHzにスペックダウンされた。

冷却・騒音・消費電力編集

高速CPU/GPUを使用するため、静音性と冷却の両立のため大型ヒートシンクと16センチメートル(cm)大型冷却ファンを搭載。40 GBモデルではCellが65 nmプロセス版に変わっているため、発熱が抑えられている[28]。80 GBモデル(CECHL01/CECHK01)ではRSXも65 nmプロセス版になっており、更に発熱が抑えられている[29]。室温より高温の空気は上昇するため、縦置きの方が排熱効率は高いと見られる(初期型はセンサー位置に問題があるのか同じ環境でも縦置き時に、極端にファンが低回転になり熱くなる)[30]

最大騒音は36デシベル(dB)(40 GBモデルは30 dB)と公表されている[31]。2倍速のBD(データ転送量はDVDの6倍速に相当)ディスクドライブ、16 cm排熱ファンは共に回転速度が遅いため、薄型PS2に近い静粛性である。

仕様上の最大消費電力は380 W(40 GBモデルは280 W)と公表されているが、これは電源容量を指す[32]XMB使用時で約165から170 W(40 GBモデルでは約130から132 W)、BD-Video再生時には約170から174 W(40 GBモデルでは約134から137 W)、ゲームは約170から197 W(40 GBモデルでは約142から158 W)となる。また、最新ファームウェアにすることによって低下していることも判明した[33]

CECH-2000A(120 GBモデル/250ワット(W))では、45 nm版Cell、65 nm版RSX、更に小型化した250 W電源等によりレイアウトも変更されており、冷却機構も小型化され、ファンも10 cmファンに変更されている[34]。XMB使用時で約76 W、BD-Video再生時には約83 W、ゲーム時[注釈 5]は約81から101 Wである[35]

メモリ編集

メインメモリには米国Rambus社開発の次世代メモリ「XDR DRAM」を採用。32ビットバス幅ながらDDR2 SDRAMデュアルチャンネル転送の2倍のスピードに達するといわれる。I/Oインタフェースは米国Rambus社のFlexIO技術を採用し、HD品質の高精細画像をリアルタイム処理するために必要な転送速度を実現している。CPUにはXDR DRAMメインメモリが直結され、GPUにはGDDR3ビデオメモリが直結されており、NUMA構成を取る。レイテンシ・ペナルティがあるものの、CPUとGPUが相互に他方の専用メモリにアクセスすることも可能である。

SCE Europeが2009年に公開した技術文書によると、ファームウェアのアップデートによりOSのメモリ使用量が減り、ゲームや開発に利用できるメモリ量が70メガバイト(MB)増加した[36]。メインメモリであるXDRが249 MB[注釈 6]、そしてRSXと繋がるGDDRが213 MB[注釈 7]となり、計462 MBがゲームに利用可能になり、50 MBがOSに占有されている状況となった。リリース当初は120 MB占有していたOSが様々な機能追加などを行いながらも大きく軽量化しており、この軽量化はメインメモリであるXDRの解放とボトルネックとされるRSXへの新たな割付が行われる事で、PS3開発をさらに柔軟にした。

2005年発表のスペック表には、クロック周波数は700 MHzと表記されていたが、後に製造コスト削減のために650 MHzにスペックダウンされた。

Blu-rayディスク/ドライブ編集

ディスクドライブはスロットイン方式を採用し、ディスクはソニーパナソニックなどが提唱する、当時「次世代DVD」と呼ばれた第3世代光ディスク規格である「Blu-ray Disc(BD)」を採用した。容量8.5 GB(2層)のDVDに比べ、BDは大きい記録容量(25 GB/50 GB/100 GBが開発済み、200 GBが開発中)を持つため、ゲームが記録容量の制約を受けにくくなった。ゲームによってはDVDでも容量は足りるが、著作権保護などを考慮し、PSN配信作を除く全作品がBDを採用している。PS3はBD-ROMの他にBD-RBD-REの読み出しも可能である。CPRMAACSに対応、読み取り専用で書き込み不可である。2008年3月のシステムソフトウェア バージョン 2.20で、記録膜に有機色素を採用したLTHタイプBD-Rを正常認識するようになった[37]

ストレージ編集

セーブデータ保存にはHDD、メモリースティックの他、SDメモリーカードコンパクトフラッシュなどのメディアを使用できる。またUSBマスストレージ規格に対応したストレージの接続も可能。その場合は2テラバイト(TB)が上限で、FAT32でフォーマット済みでないと認識しない(Game OS使用時)

カードリーダー/ライター
60 GBモデル(CECHA**)では、本体にメモリースティック、SDメモリーカード、コンパクトフラッシュと3種類のカードスロットが搭載されていて、横置きの場合におけるBDドライブ左に位置するカバーが開くようになっている(搭載していないモデルでは、カバーはついているが開かない)。内部的にはUSB接続。
メモリースティックのスロットにはメモリースティックDuoもアダプターなしで差し込める。同様にSDメモリーカードのスロットにはminiSDもアダプターなしで差し込める。各スロットにはアクセスランプもある。
HDD
PS3におけるハードディスクドライブ(HDD)は一般的な9.5ミリメートル(mm)厚で5400 rpmの2.5インチシリアルATAである。PS2のようなオプション装備ではなく標準装備である。例外的に2012年に欧州のみでHDD非搭載で代わりに12 GBフラッシュメモリを内蔵した廉価モデルが発売された。
市販の1.5 TBまでの2.5インチSATAのHDDに交換可能である。交換方法は説明書に書かれているが、モデルによって若干違う。交換の失敗によって故障した場合には、保証期間内でもメーカー保証対象外となる。修理に出す時はHDDを外してメーカーに送る必要があり、修理内容によっては本体交換やマザーボード交換などの理由により、修理前に使用していたHDDの初期化が必要になる場合もある。
2.5インチシリアルATASSDとの交換も可能である。3.5インチのSATA HDDを外部に装着するサードパーティー製キットも市販されている。
日本ではSCEJ公式のHDD交換サービス(有料)も開始された。純正HDD320 GBとの交換でHDDもSCEJ側で用意してくれる。

端子編集

HDMI端子
HDMI Ver.1.3a規格を搭載し、HDMIにて1080pに対応した製品は、PS3が初めてである[38]。さらにPS3ではHDMI Ver.1.3規格の中でもオプショナル機能であるDeep Color (12bit)、x.v.Color (xvYCC) をサポートしている。
HDMI接続では、映像と音声の完全なデジタル出力が一本のケーブルを繋ぐことで可能となった。接続するHDMIケーブルについては、HIGH-SPEED規格を推奨している。CDのアップサンプリング出力(176.4 kHz出力)やDSDディスク(またはSACD)のハイビット・ハイサンプリング出力する場合などにおいては必須である。
1920×1080/60pに対応した初めてのソフトは、ローンチタイトルの『リッジレーサー7』である。
当初はHDMI端子の自動認識がなく、RCA端子等にて接続して設定する必要があったが、システムソフトウェア バージョン1.60からはHDMI端子の自動認識に対応した。
システムソフトウェア バージョン1.80から、HDMI出力のみハードウェアスケーラ機能が使用できるようになり、PS/PS2/DVDビデオではこの機能を使うことで描画解像度は低いままで出力解像度を1920×1080iに「アップスケール」(アップコンバート再生)、つまり拡大して出力することができるようになっている。しかし、480pと720pのみに対応するPS3タイトルについてはD3端子(480i, 480p, 1080i)の解像度にしか対応していないテレビに出力する際、強制的にSD解像度(480p)で出力される問題は解消されていない(720pから1080iへのコンバートは行われない)。
USB端子
2個装備(最初期モデルのみ4個)。パソコンでも使われている通常のキーボード、マウスも接続して使用可能。USBメモリにも対応しデータ保管に使える。同時接続できるデータ保管用メディアはPSPやメモリーカードリーダライタに接続している物を含めて9台までである。PlayStation Storeへのチャージに使えるEdyのカードリーダーもUSBで接続する。
ネットワーク
10BASE-Tおよび100BASE-TX1000BASE-Tをサポートするイーサネットインタフェースを備える。
20 GBモデル以外では、IEEE 802.11 b/g準拠の無線LANを搭載する。

AV出力編集

AV出力端子には、PS/PS2に採用されてきたアナログ出力AVマルチに加え、デジタル出力HDMIを搭載(本体付属するのはコンポジット端子出力のAVマルチケーブルのみ)。音声出力として光デジタル出力端子も搭載。

AVマルチ出力においては、PS/PS2用既存ケーブルの流用も可能で、PS/PS2と同様、コンポーネント映像端子D端子SCART端子(欧州向け)・S端子・RCA端子(コンポジット映像)・RF端子での出力が可能である。AVマルチ出力でもD1 (480i)からD5 (1080p) までの解像度をサポートしている。ただし、DVDビデオ、BDビデオはRGBでの出力ができず、強制的にY/Cb/Cr信号に変更されるほか、発売当初はD端子出力と同様に市販DVDのアップコンバート出力はできなかったが、システムソフトウェア バージョン1.80以降で対応された。

AVマルチ入力端子を持つソニー製テレビとの接続には、AVマルチケーブル(VMC-AVM250または互換品)を用いることによってケーブル一本で映像と音声の伝送が可能。なお、一部機種ではD3/D4接続が可能であるが、設定の際は画面の指示通り「AV MULTI」を選択してはならず、「コンポーネント / D端子」を選択して設定する(一部機種のみの対応となっているためか、公式仕様とはなっていない)

システムソフトウェア バージョン3.30からゲーム3D映像に対応、 バージョン3.50からBlu-ray Discの3D映像に対応した。

サウンド処理は主にSPEが担当し、全てソフトウェアで行う。ゲームプレイ時には多くのタイトルでDolby Digital 5.1chのリアルタイムエンコードに対応する。一部ではより高音質のDTS Digital Surround 5.1chや、無圧縮変調方式であるLinear PCM 7.1ch/5.1chなどにも対応しており、中でも多くのSCE製タイトルは7.1chまで対応している。

Blu-ray Discに採用されたロスレスオーディオコーデックでは、Dolby TrueHDDTS-HD Master AudioをLinear PCMに変換して出力するが、初期モデルではこれらのビットストリーム出力がサポートされておらず、ビットストリーム出力を選択してHDMIで接続していても、旧来のDolby DigitalおよびDTS Digital Surround(DTS-HD Master Audioのコア部)で出力される[39][40]

ただし、デコード自体には対応しているため、HDMI接続によるLinear PCM 7.1ch/5.1ch再生に対応さえしていれば、Linear PCM出力を選択することにより同等のサウンド出力は可能で、のちに未対応だったDTS-HD Master Audioのデコードについても2008年4月15日のVer.2.30にてサポート[41]された。PS3のように次世代オーディオコーデックのデコード機能まで搭載したBDプレーヤーは数少ない[42]。CECH-2000モデル以降ではDolby TrueHD、およびDTS-HD Master Audio音声を、HDMI端子からビットストリーム出力が可能となっている[43](システムソフトウェア バージョン3.00以降[35])。

また、Dolby Digital PlusDTS-HD High Resolution Audioのデコードに対応している。その他、デジタル放送の記録フォーマットであるAACのデコードも可能である。音声出力はアナログ音声端子・HDMI端子・光デジタル音声端子のいずれか1つを選択する。音声同時出力を設定することでその他の出力端子にも2.0chで同時出力が可能であり、システムソフトウェア バージョン3.00以降で対応された。

コントローラ編集

本体に同梱された当初のコントローラはあくまでPlayStation 2DUALSHOCK 2のマイナーチェンジモデルという位置付けになっているが、ワイヤレス、6軸検出システム、中央のANALOGボタンの代わりに無線認識などに用いるPSボタン、L2・R2ボタンがトリガー式になる、振動機能が付いていないなどの変更点がある(詳細は仕様を参照)。

SIXAXIS(シックスアクシス)
「SIXAXIS」の形状は、従来のDUALSHOCK 2とほぼ同じだが、振動機能にちなんだ従来名称は廃止され、モーションセンサー(6軸検出システム)の軸数にちなんだ新名称となる。
Bluetoothによるワイヤレス通信接続が可能となり、従来のケーブルやマルチタップ等の煩わしさから解放され、リモートによる電源投入も可能となった。また、USBケーブルによる有線接続と急速充電が可能である(充電は本体起動時のみ可能)。初回使用時は、USB経由でPS3本体に接続し、中央のPSボタンを押してペアリング(Bluetoothの相手となる機器の組み合わせを認識)させる手順が必要となる。一度ペアリングさせれば、次回以降この手順は必要ない。
コントローラの新要素は、アナログスティックの精度向上(8ビットから10ビットへ)、R2/L2ボタンのトリガー化、3軸加速度と3軸回転(前後左右傾き・左右振り)を検出する6軸検出システム「モーションセンサー」で、より直感的に操作できる。従来あった振動機能は搭載されていないが、以前の感圧入力機能も引き続き搭載され、DUALSHOCK 2は172gだったが136gへの軽量化も実現している。
なお、SIXAXISに振動機能が搭載されない理由として、当初は開発担当者のインタビュー上で「モーションセンサーとの併用が技術的に難しいため」であるとされていたが[44]、後にSCEA(SCEのアメリカ法人)のCEOのインタビューで「技術的には可能だったが、価格が高くなるため戦略的な問題を理由に外した」と訂正されている[45]。また、SIXAXISを分解すると、PlayStationロゴボタン背面に、チップLED実装を想定していたであろうパターンが確認できる。コントローラの動作中、このパターンからは直流3Vの安定した電圧が検出されるため、その空きパターンにチップLEDを実装することで、動作中にPlayStationロゴを光らせられる。これもコスト削減を目的に省かれたと見られる。
DUALSHOCK 3
2007年11月11日より、「SIXAXIS」にフォースフィードバック機能(振動機能等)を追加した「DUALSHOCK 3」が発売された[46]。振動機能は、既に発売されている一部ソフト[47]に対しても、ネットワークを利用したアップデートで対応した。2008年10月発売の80 GBモデル以降は標準で同梱されている。2011年6月より発売されたCECH-3000シリーズでは、PS3コントローラの裏面表記変更、USB接続による電圧を追記(DC3.7V 300mAからDC5V 500mA)。
重量は約193 gで、SIXAXISの136 gやDUALSHOCK 2の172 gを上回る。

仕様編集

SCEがマニュアルや公式サイト上で公開しているデータに基づく。システムソフトウェアのアップデートにより拡張された仕様も含む。クロック周波数・性能の数値は2006年のE3で発表されたもの。2006年のE3以降は公式には発表されていない。

  • 外形寸法 (幅、高さ、奥行き)突起物含まず
    • CECH*00シリーズ 約325×98×274 mm
    • CECH-2000/3000シリーズ 約290×65×290 mm
    • CECH-4000シリーズ 約290×60×230 mm
  • 重量
    • CECHA00/CECHB00 約5 キログラム(kg)
    • CECHH00/CECHL00 約4.4 kg
    • CECH-2000 約3.2 kg
    • CECH-2100/2500 約3 kg
    • CECH-3000 約2.6 kg
    • CECH-4000 約2.1 kg
  • 定格電源
    • CECHA00・CECHB00 最大約380 W
    • CECHH00・CECHL00 最大約280 W
    • CECH-2000 最大約250 W
    • CECH-2100/2500 最大約230 W
    • CECH-3000 最大約200 W
    • CECH-4000 最大約190 W
  • CPU
    • Cell Broadband Engine
    • クロック周波数 - 3.2 GHz
    • 1基のPowerPCベース 64ビットコア(PPE)
    • 1基のVMX ベクトルユニット(PPEに内包)
    • 512KB 共有L2キャッシュ
    • 8基のSPE(うち1基は冗長性確保のため非使用(つまり不良コアが1基あっても品質に影響がない。詳しくは後述)。またOS用に常時1基が確保されているため、アプリケーションが使用可能なのは6基)。
      • 7基の128 bit 128 SIMD GPRs
      • 7基の256KB SRAM(各SPE用)
    • 浮動小数点演算性能 - 218 GFLOPS
  • GPU
    • RSX Reality Synthesizer - NVIDIAとの共同開発であり[48]GeForce 7800 GTX (G70) がベースだが、メモリバスなどの仕様が異なる。
    • 描画コア+512 Mbit GDDR3 SDRAM x4枚。
    • クロック周波数 - 500 MHz
    • ユニット数 - 24 PS / 8 VS / 8 ROP
    • メモリインターフェイス - 128 bit
    • 浮動小数点演算性能 - 224 GFLOPS[49]
    • フルハイビジョン(最大1080p) x2 チャンネル
    • 汎用プログラマブル並列浮動小数点シェーダーパイプライン
  • メモリ
    • 主メモリ - 256 MB XDR DRAM @ 3.2 GHz
    • VRAM - 256 MB GDDR3 (128bit) @ 650 MHz
    • システム転送速度
    • 主メモリ - 25.6 GB/s
    • VRAM - 22.4 GB/s
    • FlexIO
      • RSX - 20 GB/s (write) + 15 GB/s (read)
      • サウスブリッジ - 2.5 GB/s (write) + 2.5 GB/s (read)
  • サウンド
    • デコード、エンコードともにすべてソフトウェア処理
    • デコード
      • Dolby TrueHD(最大7.1chまで Blu-ray Disc再生時)
      • DTS-HD Master Audio(最大7.1chまで Blu-ray Disc再生時)
      • DTS-HD High Resolution Audio(最大7.1chまで Blu-ray Disc再生時)
      • Dolby Digital(最大5.1ch(EXの場合6.1ch)まで ゲームプレイ時 Blu-ray Disc再生時 DVD-Video再生時)
      • DTS Digital Surround(最大5.1ch(ESの場合6.1ch)まで ゲームプレイ時 Blu-ray Disc再生時 DVD-Video再生時)
      • Linear PCM(最大7.1chまで ゲームプレイ時 Blu-ray Disc再生時 DVD-Video再生時 CD-DA再生時)
      • AAC(最大5.1chまで Blu-ray Disc再生時 動画ファイル・音楽ファイル再生時)
      • MP3(最大2.0chまで 音楽ファイル再生時)
      • ATRAC3 plus(最大2.0chまで 音楽ファイル再生時)
    • エンコード
      • Dolby Digital(最大5.1ch ゲームプレイ時)
      • DTS Digital Surround(最大5.1ch ゲームプレイ時)
  • ディスクメディア
    • CD
      • 物理フォーマット - CD-ROMCD-RCD-RW、SACD Hybrid(CD層)、DualDisc(音楽専用面)
      • アプリケーション - PSソフト、PS2ソフト(一部モデルのみ)、CD-DA
    • DVD
    • Blu-ray Disc
      • 物理フォーマット - BD-ROM、BD-R、BD-RE
      • アプリケーション - PS3ソフト、BD-Video(BDMV)、BDAVBlu-ray 3D
    • Super Audio CD(CECHA/CECHBのみ)
  • コントローラ(SIXAXIS / DUALSHOCK 3 / PlayStation Move モーションコントローラ / PlayStation Move サブコントローラ)
    • Bluetooth (最大7台)
    • USB(有線接続)
    • Wi-Fi (PSP)
    • Network (over IP)
  • 通信
    • Ethernet - 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T x1
    • 無線LAN - IEEE 802.11 b/g(Wi-Fi認証取得、CECHBを除く)
    • 無線PAN - Bluetooth 2.0 (EDR)
    • AV出力
    • 解像度 - 480i, 480p, 720p, 1080i, 1080p(一部アプリケーション使用時は2160p対応。他のシステム使用時はWXGA, SXGA, WUXGAに対応。いずれもHDMI出力の場合のみ)
    • アナログ出力 - AVマルチ×1
    • デジタル出力 - HDMI 1.3a出力×1(Deep Color (12bit)、x.v.Color (xvYCC)、3D映像対応)
    • デジタル音声出力 - S/PDIF 光デジタル 角型×1
  • I/O
    • USB 2.0ポート - 前面 x4(CECHA/CECHB以降は2ポート)
    • カードリーダー/ライター(CECHAのみ)
      • メモリースティック 標準/Duo、PRO x1
      • SDメモリーカード 標準/mini×1(SDHC規格対応)
      • コンパクトフラッシュ (Type I/II) x1
  • ストレージ
    • 2.5インチシリアルATA接続ハードディスクドライブ x1(交換可能)
  • メディア再生機能

内蔵機能編集

PS/PS2との互換性編集

日本では20/60 GBモデルのPS3ではPS/PS2用ソフトを、40 GBモデル以降ではPS用ソフトのみがプレイ可能である。

プロセッサアーキテクチャがPS/PS2と異なる[注釈 8]ために、PS用ソフトに対しては全モデルともソフトウェアによるエミュレーションによって互換性を持つが、PS2(40/80GBモデル・薄型モデルを除く)については互換性を高めるため、後期のPS2に搭載されたチップ「EE+GS」(EE・GSのワンチップ版)を搭載し、このためにDRDRAMを2つ搭載している。ただし、欧州版60/80 GBモデルではEE+GSチップとDRDRAMは無くなり、GS相当のチップのみ搭載しており、EEをソフトウェアエミュレーションする(この場合、EE+GSチップの場合よりも互換性は低くなる)ことによってPS2用ソフトのプレイを実現している。CECHA、CECHB、CECHC、CECHE以外では低価格・低消費電力化を理由に、前述のハードウェアによるPS2互換のための部品が省かれPS2非対応となった(互換とは異なるが、PS2ソフトではダウンロード販売による実装の「 ゲームアーカイブス」で一部ソフトは遊べる)。

PS/PS2用コントローラ接続端子がないためPS3専用コントローラを使用するが、サードパーティー製のコントローラ変換アダプタも存在する。振動機能のあるPS/PS2用ソフトには別売りのDUALSHOCK 3を使う。USB接続の周辺機器や特定ゲーム専用コントローラは、純正でなく外部業者製が多いためPS/PS2ソフトへの対応は不完全である。振動機能やフォースフィードバックも含めて動作する場合もある(システムソフトウェア バージョン1.70参照)。また、PS/PS2用メモリーカードのスロットが無くなっているが、PS3用仮想メモリーカードでもセーブすることが可能。2006年11月11日の段階では国産全7841作中、動作検証中が1631本でそのうちPS用511・PS2用292タイトルに何らかの不具合が発生した。当初動作不能ゲームに含まれていた『ファイナルファンタジーXI』、『信長の野望Online』といったHDD必須のPS2タイトルもシステムソフトウェア バージョン 1.31で対応するようになり、バージョン 1.51ではPS2非対応だったPS作品の一部が対応した[50]

発売から約2ヶ月間、PS/PS2ソフトの映像出力時にi/p変換の不具合によって画質劣化が発生していたが、システムソフトウェア バージョン 1.50以降は改善され、i/p変換の恩恵を受けられるモニタなら画質はPS2よりもむしろ優れたものとなった。システムソフトウェア バージョン 1.80以降でアップコンバートに対応、HDTVであればPS/PS2より高精細で滑らかな表示が可能になった。スムージングを入れると画像の荒さを取る画像処理が行われる。特にグラデーションのような色の変化が滑らかにできそうな部分には効果的な補正が掛かり、単なる高解像度化よりも画質が向上する。

なおPS2に存在した、PS用ゲームソフトプレイ時の「テクスチャ補間処理」「CD-ROMの高速読み込み」機能(PlayStation 2#PSとの互換性参照)は、PS3でのエミュレーションにおいては省略された。

その後2009年7月30日、SCEが国際出願したPS3でPS2ソフトを動作させる特許の出願が日本において公報された[51]が、出願以降もこの機能が搭載されることはなかった。

ビデオ編集

当時の家庭用テレビ規格では最高画質のプログレッシブフルハイビジョン(1920×1080p)でBDビデオ(バージョン3.50からBlu-ray 3Dにも対応)やDVDビデオ、ハイビジョン映像記録規格AVCHDの再生、MPEG-2(PS、TS)、MPEG-1、H.264/MPEG-4 AVC、MPEG-4 SP、DivX、VC-1形式の各種動画データなどに対応した。サーバーに接続した場合、Windows Media Centerで録画した番組DVR-MS形式のファイルが見られる。PS3側ではMPEG-2として認識される。AVIに格納されたDivX形式の動画など格納コンテナの異なるものでも、再生に対応したデータ形式であれば再生できる。ただし、VC-1 (WMV) の再生に関してはインターネット接続によるアクティベーションを要する。

このようにPS3が対応する動画形式は、後発のPlayStationシリーズに比しても秀でて多く、DLNAを介した動画再生での安定性がある。

PSP-2000、PSP-3000のみ対応のワンセグチューナーや、ワンセグ録画対応ウォークマンで録画したテレビ番組はPS3本体にムーブ可能である。

CECH-4200シリーズ以降は、BDビデオなどの著作権保護技術の適用されたコンテンツからの映像出力はHDMIでのみ出力されるように変更されている。

アップコンバート
アップコンバートの品質はアニメに対して特に配慮しており、『AIR』のBD版(SDからのアップコンバート)とDVD版を見比べた時に同レベルの見栄えになるようにしたという[52]
ビデオ編集&アップロード
バージョン3.40から動画ファイルの編集やFacebookYouTubeにアップロードすることができるようになった。ただし、システムソフトウェア更新前に保存されたビデオや著作権保護があるビデオには対応しない。
ディスクリジューム
本体に再生情報が記録されるためディスクを取り出したり電源を切ってもリジューム(途中)再生が可能である。

ミュージック編集

ATRAC、AAC、WMA(システムソフトウェア バージョン1.60以降)、MP3、WAV形式の音楽データに対応する[注釈 9]音楽CDをATRAC、AAC、MP3いずれかの形式でHDDへリッピングすることにより、ジュークボックスとして利用することが可能である。CDからのリッピングでは、WAVデータには対応しておらず、WAVデータの取り込みは、USBメモリiPodウォークマンなどを用いてのUSB接続によるか、LAN機能を用いた方法でのみ可能である。WAVでは16 bit, 44.1 kHz以外のデータを再生することができない。プリエンファシスが掛かったCD-DAを再生すると、ディエンファシスされず出力される。また初期モデルのみSuper Audio CD(SACD)やDSDディスクの再生にも対応する。DSDの再生に関しては、SACDとDSDディスクでのみ再生でき、DSDデータをHDDに移動して再生することはできない。HDMI接続によるDSD出力にも対応していない。

アップサンプリング
音楽CDのアップサンプリング(88.2kHz/176.4kHz)や、SACD対応機ではビットマッピングによる高音質化にも対応する。バージョン3.00よりHDDに取り込んである音楽データのアップサンプリング再生にも対応する。
ビジュアライザー
音楽再生時はビジュアライザーを利用できる。プレイリストを作成して写真のスライドショーと同期させたり、インターネットブラウザ・Folding@homeや一部のゲーム実行時にバックグラウンド再生することも可能である。

フォト編集

JPEG、GIF、PNG、TIFF、BMP形式の静止画データに対応した。写真がひらひらと舞い落ちるようなものや、顔認識技術により被写体の顔をフォーカスしながら移り変わっていくスライドショーがある。エプソンキヤノンHP製の一部プリンタをUSBやLAN接続して印刷が可能である。

4K
「PlayView」やPlayMemories 4K EditionPlayMemories Studioにより2160p(3840×2160、Quad HD、4K)にも対応する。
フォトギャラリー
バージョン2.60からフォトギャラリーが追加され、時系列で線をたどって並べるアルバム表示や、顔の数や笑顔に撮影カメラ等のさまざまな要素で分類、フレームつきプレイリスト作成などフォト閲覧の機能が強化された。バージョン3.40からPSNエリアからFacebookPicasaウェブアルバムの写真を見たり、フォトギャラリーの写真をPSNのフレンドとシェア(共有)できるようになった。また、アルバムのタイトルと説明の編集や、写真へのコメント記入もできるようになった(FacebookまたはPicasaアカウントが必要)。

ネットワーク編集

インターネットブラウザー
PlayStation 3にはウェブブラウザが標準搭載され、ウェブサイトの閲覧が可能である。閲覧だけではなく、ブックマークの保存、文字サイズの変更、表示文字コードの変更、アクセスしたウェブページのURL履歴の表示、JavaScriptのサポート、プロキシサーバの設定など、一般的なブラウザに匹敵する機能がある。リンクなどの操作はパソコン同様にマウスポインタを使用し、アナログスティックやカーソルキーで操作する(マウスも使用可能)。
ページ上の画像や動画もダウンロード可能である。これらのデータはHDDや記録メディアに保存され、画像や動画はダウンロードしてすぐ楽しむことができる。音声についても、対応している形式であればダウンロードして保存後すぐ再生できる。更にAdobe Flash Player 9(古いシステムソフトウェアではFlash Player 7)を搭載し、サイト上のFlash動画なども閲覧できる。また、6つのウインドウが用意され、複数のリンクを開くことなく複数のページに同時アクセスでき、各ウィンドウを縮小表示することもできる。
2008年10月、システムソフトウェア バージョン2.50でAdobe Flash 9に対応した。これにより、Flash Player 7では対応できなかったサイトを閲覧したり、ニコニコ動画が視聴できるようになったほか、YouTubeなどの動画の動きが若干なめらかに表示されるようになった。
2009年9月、システムソフトウェア バージョン3.0で名称が「インターネットブラウザー」に変更された。
2010年夏ごろから、ニコニコ動画のプレイヤー仕様変更により、再度閲覧が不可能となってしまったが、アップデートにより再び閲覧可能になった。
対応仕様については公式サイトにある「PlayStation 3 インターネットブラウザー向け Webコンテンツガイドライン」[53]に詳しく記載されている。システムソフトウェア バージョン2.50の時点でHTML 4.01、CSS1、CSS2 Positioning、JavaScript 1.5の一部、これら他の仕様に対応している。
YouTubeでは、テレビ画面視聴に最適化した専用サービス「YouTube for Television」を提供しており、PS3のブラウザ機能から「www.youtube.com/tv」(www.youtube.com/xlは終了)にアクセスすると、PS3での操作に最適化されたYouTubeの画面が表示される[54]
Life with PlayStation
2007年3月22日からPS3による分散コンピューティングでの社会貢献の一環としてFolding@homeに参加でき、2008年2月5日には参加者が100万人を突破した。
2008年9月18日よりFolding@homeを統合し「Life with PlayStation」として無料提供を開始した。その場に居ながらにして世界各都市(約60都市)のニュースや天気、気温、ライブ映像が得られる情報サービスで、地球上の雲の様子もリアルタイムで表示している。チャンネル切り替えで画面切り替えが可能であり、世界の情報を得られるライブチャンネルと、Folding@homeチャンネル、ユナイテッド・ビレッジチャンネル、世界遺産 by αCLOCKチャンネルの4つが有る。BGMはデフォルトのものだけでなく、HDDに入っているものからも選曲が可能である。デフォルトのテーマは朝、昼、夜とで変化し、起動時と1時間ごとに時報的に再生される。リモートプレイ機能にも対応している。
2009年5月7日に1.1へのバージョンアップされ、世界各地の暮らしの1コマを紹介する「ユナイテッド・ビレッジ」が追加された。
2009年8月11日に世界遺産を写真で紹介する「世界遺産 by αCLOCK」が追加された。
2012年11月、サービス終了[55]
リモートプレイ
PSP、PlayStation Vitaなどの画面上でPS3の各種機能が遠隔操作できる機能である。PSPとの連動による「リモートプレイ」は、PS3の画面をMPEG-4/480pに変換・転送し、PSPでのネイティブな操作・視聴が可能となる、簡易ロケーションフリーを実現した。
PS3の画面をリアルタイムで480pのMPEG-4 Simple Profileに変換し、ストリームとして無線LAN経由でPSPに伝送する。ビットレートは256・512・768・1024 kbpsの中から選択できる。ただし、全ての機能に対応しているわけではなく、HDD上の音楽の再生やビデオの視聴、インターネットブラウザー、Folding@homeやPS3ゲームでは『週刊トロ・ステーション』『PixelJunk』などが対応している。ゲームアーカイブスも含め、PS用ソフトは全て対応している。
20 GBモデルは無線LAN機能が非搭載で増設も不可のため、無線LANを用いたPSPとの連動が制限されていたが、システムソフトウェア バージョン1.60で無線LANルーター経由のリモートプレイができるようになった。無線LANはバッファローの「AOSS」、NECの「らくらく無線スタート」に対応する。
2007年5月31日、システムソフトウェア バージョン1.80からは、インターネット経由のリモートプレイに対応した。外出先でリモートプレイをする場合、自宅のPS3をリモートプレイ待機状態にしておき、PSPで、PS3で使用しているPSNサインインIDとパスワードを入力する必要がある。なお、著作権保護されたBD・DVDなどについては転送できない。またデータのやりとりを行ったり、PocketStationのような使い方をしたり、PSPをPS3のコントローラやセカンドモニタとして使用するなど、今後さまざまな応用が考えられている。
システムソフトウェア バージョン2.00からは、PSPからネット経由でPS3の電源をオンオフできる機能であるWake on LANやWake on Wi-Fiに対応した。スタンバイ状態(電源ランプが赤点灯)でリモートアクセスを認識して自動的に電源が入るようにすることができる。
2010年5月より発売されたPシリーズからのVAIO[注釈 10]では、「リモートプレイ with PlayStation 3」「リモートキーボード With PlayStaiton 3」に対応しており、前者ではPS3に保存されている音楽・動画ファイルの再生、写真の表示、『週刊トロ・ステーション』のプレイができ、後者はVAIOをPS3のBluetoothキーボードとして使うことができる。

ソフトウェア・サービス編集

ゲーム編集

PS3規格のゲームソフトを始め、PlayStation Storeからソフトをダウンロード・プレイできる。

3D立体視にも対応しており、3D立体視PlayStation Moveを組み合わせたゲームも発売された[56]。3Dテレビまたは3Dディスプレイ(またはソニーのヘッドマウントディスプレイ)とHDMIケーブルが必要である。

また過去の機体で発売済みの一部のソフトが、秒間表示フレーム数60fps、画面解像度720pに対応し、BGM・効果音をサラウンド化したHDリマスターシリーズとして展開した[57]。その後は会員サービスPSPlusのサービスが開始された。

一方PS2用ソフトのHDリマスター化においては、PS2においてCPUをプログラマブルシェーダ代わりに使う特異なアーキテクチャ構成[注釈 11]の影響で、半透明なエフェクトやオブジェクトを多数描画するような処理があるソフトをそのまま移植した場合にPS3のVRAMバスの帯域が不足し、十分なパフォーマンスが出ない問題がある[注釈 12]

互換性
PS用ソフトはソフトウェアによるエミュレーションにより動作し全モデルで対応しているが、一部ソフトは正常動作しない。そのため、ゲームアーカイブス版『NOëL NOT DiGITAL』などは修正を施してPS3に対応させている。
PS2用ソフトは初期モデルではハードウェアレベル、もしくはソフトウェアとハードウェアの組み合わせにより互換機能を実現していたが、PS3発売当初は196タイトルに不具合があった[59]。また2007年発売モデル以降ではPS2互換機能は省かれている。ただし、2012年より一部のPS2用ソフトに関しては、PS3でプレイできるゲームアーカイブス版のダウンロード販売が開始され、PS2の互換性を持たないPS3でもプレイ可能となった。
リージョン
多くのPS3用ソフトにはリージョン制限が掛けられていないため、日本版の本体で他地域のPS3用ソフトも可能である(本体発売から6年が経過した2012年になって発売された『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』がPS3初のリージョン制限が掛けられたソフトとなったことを皮切りに、いくつかのソフトでは確認されている)。ただし、SCEからの動作保証は無い[60]。映画などのBDビデオには3つのリージョンが設定されている(日本と同一リージョンなのは、南北アメリカ、中印を除く東アジア)。
セーブデータ
セーブについては、PS/PS2ソフトはHDDの仮想メモリーカードに、PS3ソフトはHDDのセーブデータにて行う。PS3にはPS/PS2用メモリーカードスロットが搭載されていないため、PS/PS2のセーブデータを取り込むには「メモリーカードアダプター」が必要。

PlayStation Network編集

PS3の発売と同時にPlayStation Networkというネットワークサービスが展開されており、ユーザー毎に無料でアカウントを発行している。これにはメッセージの送受信、マッチング(オンラインプレイ用)、パッチング(配布済みプログラムの修正用)、コンテンツのダウンロード(PlayStation Store)などの機能が含まれ、コンテンツ配信のインフラにはアカマイ・テクノロジーズが採用されている。アカウントにはマスターアカウントとサブアカウントの2種類あり、サブアカウントはマスターアカウントを持つ保護者が被保護者にアカウントを分け与えるためのものである。マスターアカウントを得るのには18歳以上である必要がある。サブアカウントにはウォレットにチャージできないなどの行動制限が有る。システムソフトウェア バージョン2.00からXMB上にインフォメーションボードでPS3に関するお知らせや更新情報が出るようになった。システムソフトウェア バージョン3.00ではインフォメーションボードの名称がWhat's Newに改められ、デザインも一新された。

PlayStation Home
3Dオンライン・ユーザーコミュニティである。オンライン対応ゲームのマッチングにも対応し、ゲームが仕様に沿っていればセッションを組むこともできる。
トロフィー
PS3のアップデートによって更新された機能で、ゲームのやり込み度を表す。
アドホック・パーティー
PS3を介しネットワーク経由でPSPやPS3のアドホック・モードを使うことができるサービスである。
PlayStation Plus
PSN上の多様な特典を提供するオプションの定額制サービスパッケージのこと。PlayStation StoreからPlayStation Plus利用権を購入することでPlayStation Plusに加入できる。購入手続きが完了すると、XMB上のアバターにPlayStation Plusのアイコンが表示され、PlayStation Plus加入者専用の機能やPlayStation Storeのコンテンツにもアイコンが表示される。加入するには本体をバージョン3.40以降に更新する必要がある。

オペレーティングシステム編集

工場出荷時に搭載されているOSは「システムソフトウェア」と称される。OSの名前としては「Game OS」。SCEが開発・配布するもので、ソースコードが公開されないプロプライエタリのOSである。

操作のためのGUIにはPSX・PSPと同様にXMBを採用している。

日本語入力システムATOKが採用されている[61]

アップデート
PS2ではBB Navigatorの例外を除いて頻繁なアップデートは現実的ではなかったが、大容量のストレージを内蔵するPS3では、PSPと同様に、標準状態でインターネットやディスクメディア、USBストレージを通じたシステムソフトウェアのアップデート機能を実現している。
SCEは常に最新版にしておくことを推奨しており、アップデートすることによって、本体機能の追加・拡張やセキュリティが向上される。
PlayStation HomeFolding@homeや、ゲームソフトのアップデートはここでは行われない。

またPS2でのPS2 Linuxに引き続いて、PS3では「他のシステム」と称されるサードパーティOSのインストール機能を備える。後のモデルでこの機能は削除された。

その他編集

メディアサーバー
音楽・映像・画像の視聴・閲覧機能やネットワーク機能のリモートプレイにより、家庭内LANもしくは家庭外インターネット環境下でメディアサーバーとして利用できる。USBストレージも利用可能だがNTFSには非対応である。DLNAクライアントになることも可能でありパソコンなどのDLNAサーバー上にある映像や動画、音楽データを再生することもできる。本来DTCP-IPに対応していなかったため著作権保護されたデジタル放送の再生などには非対応であったが、バージョン3.00からDTCP-IPへ対応しており、対応するメディアサーバーを検出したときのみ、XMB左側にある設定メニューにDTCP-IP接続を有効にする項目が現れる(対応メディアサーバーが検出されないときは設定項目が隠れている)。2009年9月1日現在ではソニー製のブルーレイハードディスクレコーダーの一部の機種のみ、対応を公式に発表している。また、nasneを接続した時も同様である。なお、同時に認識できるメディアサーバーは最大4台までである。
クロスメディアバー(XMB)
PSXやPSPなどのソニー製品に採用されてきたGUIをPS3においても採用している。PS3では、メニューアイコンのカスタマイズや壁紙の変更が可能である。バージョン3.00では、デザインが大きくリニューアルされる。
ブラビアリンク
ソニー製液晶テレビ「BRAVIA」とHDMI接続した際の連携機能である。BRAVIAに付属しているマルチリモコンで直接PS3のXMBを操作できるほか、テレビの電源を切るとPS3の電源も自動的にオフになる「システムスタンバイ」機能などを利用できる。120 GB/CECH-2000A以降の全ての機種に搭載されている。リンク機能はCEC英語版に準じた規格の為、動作保証対象外となるがレグザリンクビエラリンクAQUOSファミリンク等の他社製品でも操作可能である。

バリエーション編集

PS3は主に搭載されるHDDの容量によってモデルが決定されており、また発売時期や地域によって様々な機能の差異が存在している。

同梱品
  • PS3本体
  • ワイヤレスコントローラ SIXAXIS(CECHK以降はDUALSHOCK 3)
  • 電源コード
  • AVケーブル(AVマルチコンポジット端子
  • USBケーブル(A端子→ミニB端子)
  • LANケーブル(CECHA/CECHBのみ)
  • 説明書一式
修理先の違い
PS3本体の修理先は3つに分かれており、CECHA00からCECHQ00までが岩手県一関市、CECH-2000からCECH2500までが千葉県東金市、それ以降の型番は千葉県木更津市へ送るように案内されている[62]。なお、送り先はそれぞれ「プレイステーションクリニック」となっているが、実際には木更津(ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズの木更津サイトが担当)以外は外注会社による担当である(岩手県の修理先は岩手テック(日本マニュファクチャリングサービスの1部門であり、ソニーイーエムシーエスのテックとは一切関係ない)、東金市の修理先はアドレス・サービスの担当)。

CECH*xxシリーズ編集

 
60 GBモデルの縦置き

初期モデル。型番の*はアルファベットが入る。またxxはリージョンコードが入り、日本は00である。2006年11月11日同時発売の60 GBモデルであるCECHAと20 GBモデルであるCECHBにPS2互換機能とSACDプレーヤーを搭載する。40 GBモデル以降は、PS2機能とSACDに非対応、USB端子数が2つに削減されたが、改良で消費電力を抑えファン動作音を低減し、HDD容量が増えたモデルが発売されている。

日本向け製品の内、CECHA・CECHBは2014年4月2日、CECHH・CECHL・CECHQは2014年7月2日に、それぞれ修理部品の在庫が切れ、アフターサービス受付を終了した[63]

CECHA
2006年11月11日発売、オープン価格(実売は59,980円程度)、北米では2006年11月17日発売、599ドル、659カナダドル。
2007年7月9日から499ドル、549カナダドル、10月17日から54,980円へと値下げ。
日本、中国の2ヶ国で製造しており、製造国は外箱バーコード番号から判別できる。
NTSC方式のみ対応。
HDD容量60 GB
イジェクトとスタンバイはタッチ式を採用。電極プラグは3極を採用し、電源ケーブルはアース(主にノイズ除去)接続にも対応
PS初期モデルやPS2初期モデルで問題となっていた熱暴走対策として、通気口を従来の初期モデルよりも多めにとり入れ、ファンも発熱量に応じて回転数を自動コントロールになる
同じ環境で横・縦置きでファン回転数が変わる、熱センサーが原因か横置きはファンが煩くなるが夏場でも安定動作する。
色はクリアブラックのみ
メモリーカードリーダライタを搭載。
コントローラはSIXAXIS(シックスアクシス)が標準で付属
CECHB
2006年11月11日発売、49,980円(税込み)、北米では2006年11月17日発売、499ドル、549カナダドル。
2007年10月17日から44,980円へと値下げ。
HDD容量20 GB
CECH*xxシリーズで唯一光学ドライブ周辺のシルバーラインが無い。
無線LANに非対応
「ガンダム無双 with PLAYSTATION 3」
2007年3月1日発売
CECHAに『ガンダム無双』が付属
「PLAYSTATION 3 ビギナーズパック」
2007年7月26日発売、CECH-AMG(60 GBモデル)は61,980円、CECH-BMG(20 GBモデル)は51,980円
CECHA・CECHBに『みんなのGOLF5』が付属。
「BLADESTORM 百年戦争 with PLAYSTATION 3」
2007年8月30日発売、64,980円
CECHAに『BLADESTORM 百年戦争』とオリジナルサウンドトラックを同梱。
CECHC
2007年3月23日発売
2007年10月7日から499ユーロ
欧州で発売されたモデル。PAL方式のみ対応。
HDD容量60 GB
PS2規格に対応しているが、Emotion Engine(EE)非搭載のためPS2ソフトの再現性は低い。
メモリーカードリーダライタを搭載。
CECHE
2007年6月16日発売、518,000ウォン
韓国・北米で発売されたモデル。NTSC方式のみ対応。
HDD容量80 GB
PS2規格に対応しているが、Emotion Engine(EE)非搭載のためPS2ソフトの再現性は低い。
メモリーカードリーダライタを搭載している。
CECHG(PAL)・CECHH(NTSC)
2007年10月10日発売、399ユーロ(PAL版)
2007年11月11日発売、39,980円(NTSC版)
2008年3月6日発売、39,980円(サテン・シルバー)
2008年10月10日からオープン価格
HDD容量40 GB
PS2機能とSACDに非対応、USB端子数が2に削減。
最大消費電力が380 Wから280 Wに、本体重量が5 kgから4.4 kgになり、軽量・省電力化を実現。
Cellは65 nmプロセスにシュリンク[注釈 13]化。
光学ドライブ周辺部分は銀色。CECHAでは艶のあるメッキだったが、CECHG・CECHHではサテン調の艶消しメッキとなっているため、見分けることは容易。
色は従来のクリアブラックに、セラミックホワイトとサテン・シルバーを追加。
「真・三國無双5 with PLAYSTATION 3」
2007年11月11日発売、49,980円
CECHHのセラミック・ホワイトに『真・三國無双5』とマップファイル等を同梱。
「PLAYSTATION 3 “デビル メイ クライ 4”プレミアムBDパック」
2008年1月31日発売、47,800円
CECHHDM(クリアブラック)・CECHHCWDM(セラミック・ホワイト)
デビルメイクライ4』とプレミアム映像を収録したBlu-ray Discを同梱。
「PlayStation 3『龍が如く 見参!』パック」
2008年3月6日発売、47,040円
龍が如く 見参!』と特製ステッカー“昇龍”を同梱。
「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS プレミアムパック」
2008年6月12日発売、51,800円
CECHH00 MG
メタルギアソリッド4』と、オリジナルカラー【鋼 -HAGANE-】を施し、本体同色のDUALSHOCK 3を同梱。
「PLAYSTATION 3 METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS WELCOME BOX with DUALSHOCK 3」
2008年6月12日発売、49,800円
『メタルギアソリッド4』と、CECHHに標準付属のSIXAXISに加えて、本体同色のDUALSHOCK 3を追加。
CECHK(PAL)・CECHL(NTSC)
2008年8月27日発売、(ロシアはその二週間後)(PAL版)
2008年9月発売、399USドル(NTSC版)
2008年9月20日発売、$495(マレーシア)
2008年10月30日発売、39,980円
HDD容量が80 GBに増量した以外は、40 GBモデルの機能を踏襲。
Cell、RSXともに65 nm世代にシュリンク化。
コントローラはDUAL SHOCK3が標準で付属。
期間限定で『グランツーリスモ5プロローグ Spec III』を同梱。
「PLAYSTATION 3 リトルビッグプラネット ドリームボックス」
2008年10月30日発売、44,980円
リトルビッグプラネット(CEJH-10003)』とDUALSHOCK 3を2個同梱。
「ウイニングイレブン×UEFA CHAMPIONS LEAGUE アニバーサリーBOX」
2008年11月27日発売、46,980円
『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009』とPlayStation 3(CECHL00シリーズ)にDUALSHOCK 3を2個同梱。
「龍が如く3“昇り龍”パック」
2009年2月26日発売、45,980円、10,000台限定
龍が如く3』と、CECHL00のセラミック・ホワイトを特別にデザインした本体を同梱。
「PLAYSTATION 3 バイオハザード5 プレミアム リミテッド BOX」
2009年3月5日発売、48,980円
バイオハザード5』と、CECHL00のクリアブラックにオリジナルロゴを施した本体に、DUALSHOCK 3を2個同梱。
「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE PLAYSTATION 3 “Cloud Black” HDD 160 GB特別仕様 +『FINAL FANTASY XIII』Trial Version Set」
2009年4月16日発売、49,980円(税込)
型番はCECHQ00
HDD容量が160 GB、特別色の“Cloud Black”でクラウディウルフの紋章が施されたオリジナルデザインのPS3と、『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』Blu-ray Disc版と、『ファイナルファンタジーXIII』体験版を同梱。

CECH-2000シリーズ編集

 
CECH-2000シリーズ

全面的にフルモデルチェンジ、縦置きには別売「縦置きスタンド」が必要。重量4.4 kgから3.2 kgに軽量化。デザインは従来イメージを踏襲しながらも大きく変更され、表面は柔らかさを感じさせるシボ加工となる。Cellは45 nmプロセスに変更され低消費電力化されたものを採用、システム最大消費電力は280 Wから250 Wに削減。CPUなどの発熱減少に伴い、通気口も本体後面に集約された。本体名表記は全て大文字「PLAYSTATION」から以前の「PlayStation」に戻った。前世代機の流れを引き継ぐ「PS3」ロゴが初めて採用された。新たに「ブラビアリンク」とドルビーTrueHD、およびDTS-HD Master Audio音声のHDMI端子からのビットストリーム出力に対応した。「他のシステムのインストール」機能が削除された。内部機構についても約2000点の部品点数削減がなされ[64]、大幅コストダウンされた。PS2初期モデルからの回転式PSロゴと主電源スイッチは削除され、イジェクトとスタンバイはタッチ式からボタン式となる。また、電極プラグも2極に変更され従来モデルの電源ケーブルは使用できなくなったが、PS2(SCPH-70000系を除く)付属電源ケーブルは使用可能。さらに、HDD位置も変更された。

CECH-2000A
2009年9月1日発売、299USドル、299ユーロ(北米、欧州、アジア地域)
2009年9月3日発売、29,980円
HDD容量120 GB
「PlayStation 3 FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION」(CEJH-10008)
2009年12月17日発売、41,600円(税込)
特別色“セラミック・ホワイト”でファイナルファンタジーXIII主人公ライトニングがプリントされたオリジナルデザインのCECH-2000Bと、ファイナルファンタジーXIIIを同梱。
「PlayStation 3 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 Special Pack」(CEJH-10009)
2010年1月27日発売、33,500円(税込)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT』Blu-ray Disc版とCECH-2000Aをセットにし、外箱を『-THIS IS IT』仕様にデザインした限定品。
CECH-2000B
2010年2月18日発売、34,980円(数量限定)
HDD容量250 GB

CECH-2100シリーズ編集

本体重量3.2 kgから3.0 kgと、更に軽量化。初期システムソフトのバージョンが3.20になった。HDD固定金具の形状変更、RSXが65 nmから40 nmにシュリンクされ[65]、省電力化された。XDRDRAMが512 Mbit(ピークバンド幅16 bit)×4個から1Gbit(ピークバンド幅32 bit)×2個になった。2010年4月製造分からCELLのコアレス[注釈 14]パッケージ[66]が採用された。

CECH-2100A
2010年3月26日発売、29,980円
2010年7月7日以降、オープン価格
HDD容量120 GB
CECH-2100B
HDD容量250 GB
「PlayStation 3 地デジレコーダーパック」(CEJH-10010)
2010年3月18日発売、42,800円(税込)
『torne』とCECH-2100Bを同梱。

CECH-2500シリーズ編集

HDD容量がAモデルの120GBが160GBへ、Bモデルは250GBから320GBへ変更。また160GBモデル向けに新色の「クラシック・ホワイト」を用意。

CECH-2500A
2010年7月29日発売、29,980円
チャコール・ブラックと新たにクラシック・ホワイト(LW)を追加
HDD容量160 GB
「PlayStation 3 地デジレコーダーパック」(CEJH-10011)
2010年7月29日発売、36,980円(税込)
『torne』とCECH-2500Aを同梱。
CECH-2500B
2010年7月29日発売、34,980円
チャコール・ブラック、クラシック・ホワイト(クラシック・ホワイトは2010年10月21日より販売)
HDD容量320 GB
「PlayStation 3 HDDレコーダーパック」(CEJH-10013)
2010年11月18日発売、39,980円(税込)
2011年3月1日から35,980円へと値下げ。
『torne』とCECH-2500Bを同梱。
「PlayStation 3 GRAN TURISMO 5 RACING PACK」(CEJH-10007)
2010年11月25日発売、35,980円
グランツーリスモ5』を同梱した限定色のタイタニウム・ブルーバージョンであり、化粧箱は黒色。
HDD容量160 GB。
型式番号が現行商品よりも古いのは、過去に予定されていた発売日に合わせて割り振られていたものをそのまま使用しているため。
「PlayStation 3「フリフリ!サルゲッチュ」Moveでゲッチュ!はじめてパック」(CEJH-10014)
2010年12月9日発売、36,980円
PlayStationMoveモーションコントローラと『PlayStationEyeとフリフリ!サルゲッチュ』とCECH-2500Aを同梱。
「PlayStation 3 with PlayStation®Move スポーツチャンピオン バリューパック」(CEJH-10015)
2010年12月16日発売、36,980円
PlayStationMoveモーションコントローラと『PlayStationEyeとスポーツチャンピオン』とCECH-2500Aを同梱。
「PlayStation 3 HDDレコーダーパック」(CEJH-10016)
2011年3月10日発売、35,980円(税込)
『torne』とCECH-2500Bクラシック・ホワイトを同梱。
CECH-2500A
2011年3月11日発売、29,980円
HDD容量160 GB
サテン・シルバーを追加
CECH-2500B
2011年3月11日発売、34,980円
HDD容量320 GB
サテン・シルバーを追加

CECH-3000シリーズ編集

重量3 kgから2.6 kg、最大消費電力230 Wから200 Wへ更に軽量・省エネ化され、イジェクトボタンのディスク挿入状態LEDランプ、無線LANアクセスLEDランプ、電源ボタンとイジェクトボタンのバックライトを省略した。コスト削減の影響で電源ボタン、イジェクトボタン、パネルカラー、側面質感が変更されている。映像メディアのアナログ出力規制に伴い、ブルーレイディスク再生時のD端子出力がSD (480i) に制限されるようになった(ゲーム画面はHD出力可能)。PS3コントローラの裏面表記変更、USB接続による電圧を追記した(DC3.7 V 300 mAからDC5 V 500 mA)。

CECH-3000B
2011年6月19日発売、34,980円
2011年8月18日価格改定、29,980円
HDD容量320 GB
チャコール・ブラック
「PlayStation 3 HDDレコーダーパック」(CEJH-10017)
2011年6月30日発売、35,980円
2012年5月24日価格改定、32,980円
『torne』とCECH-3000Bを同梱。
CECH-3000A
2011年7月8日発売、29,980円
2011年8月18日価格改定、24,980円
HDD容量160 GB
チャコール・ブラック
「PlayStation 3 TALES OF XILLIA X Edition」(CEJH-10018)
2011年9月8日発売、32,980円
TALES OF XILLIA X EditionオリジナルデザインがプリントされたCECH-3000Aチャコール・ブラックに『テイルズ オブ エクシリア』を同梱。
HDD容量160 GB
CECH-3000A
2011年9月8日発売、24,980円
HDD容量160 GB
クラシック・ホワイトを追加
「PlayStation 3 NINOKUNI MAGICAL Edition」(CEJH-10019)
2011年11月17日発売、33,780円
メインキャラクター・ナミダの妖精シズクのデザインを施しているCECH-3000Aに限定色「マジカル・ゴールド」、同梱されるワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK 3)も本体色と同様のカラーにして、『二ノ国 白き聖灰の女王』を同梱。
CECH-3000B
2011年11月17日発売、29,980円
HDD容量320 GB
スプラッシュ・ブルーとスカーレット・レッドを数量限定で追加
同梱ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK 3)も本体と同じ特別色
「PlayStation 3 FINAL FANTASY XIII-2 LIGHTNING EDITION Ver.2」(CEJH-10020)
2011年12月15日発売、37,960円
ファイナルファンタジーXIII-2』キャラクターであるライトニングがプリントされ、チャコール・ブラックをベースにした赤と白のCECH-3000Bと『ファイナルファンタジーXIII-2』を同梱した商品。
「ONE PIECE 海賊無双 GOLD EDITION」(CEJH-10021)
2012年3月1日発売、38,170円
主人公のモンキー・D・ルフィと海図がプリントされ、チャコール・ブラックをベースにした金色とワインレッドCECH-3000Bと『ONE PIECE 海賊無双』のソフト、麦わらの一味オリジナルカスタムテーマ10種がダウンロードできるプロダクトコードを同梱[67]

CECH-4000シリーズ編集

 
CECH-4000シリーズ

3年ぶりにフルモデルチェンジ、CECH-3000シリーズより25%軽量化、ブルーレイドライブはトップローディングに、蓋はスライド式となった(薄型PS2と同様)。この蓋には2段変速ギアボックスが繋がっていて、横置きの時は速く、縦置きの時はゆっくり開くよう設計されている[68]。専用縦置きスタンドも同時発売。日本と北米ではHDD搭載2モデル(250 GB, 500 GB)が発売だが、ヨーロッパでは250 GBのHDDの代わりにフラッシュメモリ搭載のモデルが発売される[23]

CECH-4000A
2012年10月12日発売(欧州のみ)、229ユーロ
HDDの代わりに12 GBフラッシュメモリ搭載。250GB増設用HDD(CECH-ZHD1、89.99ユーロ)も同時発売
CECH-4000B
2012年10月4日発売、24,980円
CECH-3000シリーズよりも小型化され、幅は変わらず高さと奥行きが小さくなった。
最大消費電力190 W
HDD容量250 GB。チャコールブラックとクラシックホワイト(LW)の2色
2013年2月28日にはアズライト・ブルー、ガーネット・レッドの2色が発売。
CECH-4000C
2012年11月22日発売、29,980円
HDD容量500 GB。チャコールブラックのみ
「PlayStation 3 スターターパック チャコール・ブラック / クラシック・ホワイト」(CEJH-10022 / CEJH-10023)
2012年11月22日発売、25,980円
HDD容量250 GBで『みんなのGOLF 6』を同梱した数量限定モデル。
「龍が如く5 EMBLEM EDITION」(HSN-0023)
2012年12月6日発売、37,800円
ブラック×ゴールドを施したオリジナルカラーのCECH-4000Bと『龍が如く5』を同梱した数量限定モデル。
「真・北斗無双 LEGEND EDITION」(CEJH-10024)
2012年12月20日発売、33,170円
ブラック×シルバーを施したオリジナルカラーのCECH-4000Bと『真・北斗無双』を同梱した数量限定モデル。
「METAL GEAR RISING REVENGEANCE 斬奪 PACKAGE」(VT066-J1)
2013年2月21日発売、31,960円
ブラックの本体に「斬」・「奪」の文字を施したオリジナルカラーのCECH-4000Bと『メタルギア ライジング リベンジェンス』とカスタマイズ用データとカスタマイズ用ボディ『サイボーグ忍者』ダウンロードコードが付属。
「PlayStation 3 HDDレコーダーパック」(CEJH-10025)
2013年7月11日発売、27,980円
『torne』とCECH-4000Bを同梱。

CECH-4200シリーズ編集

AACS Final Adopter Agreementに準拠するために、CECH-4000シリーズ以前の生産を終了して、新規に販売されたもの。CECH-4200シリーズ以降は、BD映像ソフト(BD-ROM)、および著作権保護技術の適用されたコンテンツからの映像出力は、HDCPで著作権保護されているHDMIでのみの出力に変更されている[69]。RSXが40 nmから28 nmにシュリンクされ、省電力化された。GDDR3が4個から2個に集約化された。2014年8月、日本向け出荷終了。

CECH-4200B
2013年9月発売、24,980円
HDD容量250 GB。チャコール・ブラック、クラシック・ホワイトの2色
CECH-4200C
2013年11月発売、29,980円
HDD容量500 GB。チャコール・ブラックのみ
「PlayStation 3 スターターパック チャコール・ブラック / クラシック・ホワイト」(CEJH-10026 / CEJH-10027)
2013年12月5日発売、25,980円
HDD容量250 GBで『グランツーリスモ6』を同梱した数量限定モデル。
「PlayStation 3 パペッティアパック」(CEJH-10028)
2013年12月12日発売、24,980円
HDD容量250 GBで『パペッティア』を同梱した数量限定モデル。

CECH-4300シリーズ編集

パッケージデザイン変更と、本体ストレージへのアクセスを示すアクセスランプが削除されている最終モデル。2017年5月出荷終了。

CECH-4300C
2014年8月発売、25,980円
内蔵HDD容量500GB。チャコール・ブラックが発売

各モデル比較編集

型番[* 1] HDD容量 発売日 本体色 質量 搭載機能
CECHAxx 60 GB
  • 日 2006年11月11日
  • 米 2006年11月17日
クリアブラック 5 kg
  • 無線LAN
  • Super Audio CD
  • メモリーカードリーダ[* 2]
  • PS2用ソフトの実行[* 3]
  • サードパーティーシステムソフトウェア
CECHBxx 20 GB[* 4]
  • Super Audio CD
  • PS2用ソフトの実行[* 3]
  • サードパーティーシステムソフトウェア
CECHCxx 60 GB 欧 2007年3月23日
  • 無線LAN
  • Super Audio CD
  • メモリーカードリーダ[* 2]
  • PS2用ソフトの実行[* 3](EEなし[* 5]
  • サードパーティーシステムソフトウェア
CECHExx 80 GB 米 2007年8月
CECHGxx 40 GB 欧 2007年10月 クリアブラック 4.4 kg
  • 無線LAN
  • サードパーティーシステムソフトウェア
CECHHxx 日・米 2007年11月[* 6]
  • クリアブラック
  • セラミック・ホワイト
  • サテン・シルバー
CECHJxx クリアブラック
CECHKxx 80 GB 欧 2008年8月
  • クリアブラック
  • セラミック・ホワイト
CECHLxx
  • 日 2008年10月[* 7]
  • 米 2008年8月
  • クリアブラック
  • セラミック・ホワイト
  • サテン・シルバー
CECHPxx
  • 160 GB
  • 80 GB
  • 欧 2008年10月
  • 米 2008年11月
クリアブラック
CECHQxx 160 GB 日 2009年4月 Cloud Black[* 8]
CECH-2000A 120 GB 日・米・欧・亜 2009年9月 チャコール・ブラック 3.2 kg
  • 無線LAN
  • ブラビアリンク
  • HDオーディオのビットストリーム出力
CECH-2000B 250 GB
  • 仏 2009年9月1日
  • 英 2009年10月2日
  • 米 2009年11月3日
  • 日 2010年2月18日[* 9]
CECH-2100A 120 GB 日 2010年3月26日 3.0 kg
CECH-2100B 250 GB 日 2010年3月18日
CECH-2500A 160 GB 日 2010年7月29日
  • チャコール・ブラック
  • クラシック・ホワイト
日 2011年3月10日 サテン・シルバー
CECH-2500B 320 GB 日 2010年7月29日 チャコール・ブラック
日 2010年10月21日 クラシック・ホワイト
日 2011年3月10日 サテン・シルバー
CECH-3000A 160 GB 日 2011年7月8日 チャコール・ブラック 2.6 kg
日 2011年9月8日 クラシック・ホワイト
CECH-3000B 320 GB 日 2011年6月19日 チャコール・ブラック
日 2011年11月17日
  • スプラッシュ・ブルー
  • スカーレット・レッド
CECH-4000A フラッシュ12 GB 欧 2012年10月12日 チャコール・ブラック 2.0 kg
  • 専用の250 GB HDDが別売
  • 無線LAN
  • ブラビアリンク
  • HDオーディオのビットストリーム出力
CECH-4000B 250 GB
  • 米 2012年9月25日
  • 日 2012年10月4日
  • チャコール・ブラック
  • クラシック・ホワイト
2.1 kg
  • 無線LAN
  • ブラビアリンク
  • HDオーディオのビットストリーム出力
日 2013年2月28日
  • アズライト・ブルー
  • ガーネット・レッド
CECH-4000C 500 GB
  • 欧 2012年9月28日
  • 日 2012年11月22日
  • 米 2012年10月30日
チャコール・ブラック
CECH-4200B 250 GB 日 2013年9月
  • チャコール・ブラック
  • クラシック・ホワイト
CECH-4200C 500 GB 日 2013年12月 チャコール・ブラック
CECH-4300C 日 2014年8月28日
型番[* 1] HDD容量 発売日 本体色 質量 搭載機能
補足
  1. ^ a b xxには00から12までのリージョンコードが入る。
  2. ^ a b メモリースティックなどのメモリーカードの挿入口が設けられているが、PS/PS2のメモリーカードについては別売りされる専用のメモリーカードアダプターで対応している。
  3. ^ a b c 一部のPS2用ソフトは正常に動作しない[70]
  4. ^ この20GBのモデルのみ、無線LANIEEE 802.11 b/g)機能と回転ディスク挿入部付近へのクロム塗装がない。
  5. ^ Emotion Engine(EE)非搭載モデルは、搭載モデルと比べPS2との互換性が低い。詳細は#PS/PS2との互換性を参照。
  6. ^ 2008年6月、『メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』のプレミアムパック版に同梱された鋼 -HAGANE- 色が発売。
  7. ^ 2009年2月、『龍が如く3』のPS3本体セット版に同梱されたセラミック・ホワイト色が発売。
  8. ^ ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』のPS3本体セット版に同梱された色。
  9. ^ 2009年12月17日、『ファイナルファンタジーXIII』のPS3本体セット版に同梱されたセラミック・ホワイト色(天面に主人公「ライトニング」をプリント)が発売。
リージョンコード
番号 地域 信号 DVD BD 管轄
00 日本 NTSC 2 A SCEJ
01 北アメリカ NTSC 1 A SCEA
02 オーストラリア、ニュージーランド PAL 4 B SCEE
03 イギリス、アイルランド PAL 2D1 B SCEE
04 ヨーロッパ、中東、アフリカ PAL 2 B SCEE
05 韓国 NTSC 3 A SCE Asia
06 東南アジア NTSC 3 A SCE Asia
07 台湾 NTSC 3 A SCE Asia
08 ロシア/インド SECAM 5 C SCE Asia
09 中国 PAL 6 C SCE Asia
11 メキシコ NTSC 4 A SCEA
12 香港 NTSC 3 A SCE Asia

周辺機器編集

純正、ソニーグループより発売編集

日本用
型番 名称 発売日 備考
CECH-ZA1J USB ACアダプター 2008年12月7日 USBケーブルとの組み合わせでSIXAXIS、DUALSHOCK 3、PlayStation Moveの充電に対応。
CECH-ZAC1 サラウンドサウンドシステム ACアダプター 2010年09月30日 サラウンドサウンドシステムに同梱。単体販売はない。
CECH-ZAC2 充電スタンド ACアダプター 2008年12月7日 PlayStation Move 充電スタンド、DUALSHOCK 3 充電スタンドに同梱。単体販売はない。PSP用のACアダプタPSP-380で代用できる。
CECH-ZAC3J nasne ACアダプター 2010年10月21日 nasneに同梱。単体販売はない。
CECH-ZC1J ワイヤレスコントローラ (SIXAXIS) 2006年11月11日 CECH-A、CECH-B、CECH-Hの本体に1つ同梱。振動機能なし(PlayStation 4(Proを含む)・PlayStation 5は非対応)。
CECH-ZC2J ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK 3) 2007年11月11日 CECH-L以降の本体に1つ同梱。振動機能付き(PlayStation 4(Proを含む)・PlayStation 5は非対応)。
CECH-ZCC1J PlayStation Move 充電スタンド 2010年10月21日 PlayStation Moveを充電するためのスタンド。
CECH-ZCM1J PlayStation Move モーションコントローラ
CECH-ZCM1JY 2016年10月13日
CECH-ZCS1J PlayStation Move ナビゲーションコントローラ 2010年10月21日
CECH-ZD1J torne(トルネ) 2010年3月18日 USB接続の外付け地上デジタル放送チューナユニット(BSデジタル放送及びCSデジタル放送には非対応、データ放送には未対応)。シングルチューナー。日本では地上デジタル放送の視聴および録画に関する制限が非常に厳しいため、欧州ではPlayTV[注釈 15]が発売されたものの日本での発売は長らく未定となっていたが、2010年3月18日に「torne(トルネ)」の名称で発売することとなった。ちなみにtorneを日本版PlayTVと呼ぶのは間違いであり、PlayTVの移植ではなく完全な日本独自の設計である[71]。録画番組をPSP向けに変換して、USB経由で転送できる。EPGも対応した。
CECH-ZDC1J DUALSHOCK 3 充電スタンド 2011年4月21日 DUALSHOCK 3を充電するためのスタンド。SIXAXISも対応。
CECH-ZED1J 3Dディスプレイ 2011年11月2日 BDリモートコントローラ(CECH-ZRC1J)による赤外線通信による操作に対応。
CECH-ZEG1J 3Dメガネ
CECH-ZGA1 PlayStation Move シューティング アタッチメント 2010年10月21日 モーションコントローラに取り付ける事で拳銃のように扱える装着部品。
CECH-ZK1JP ワイヤレスキーパッド 2008年12月7日
CECH-ZKB1JP ワイヤレスキーボード 2011年6月30日 単三乾電池2本必要。
CECH-ZM1J メモリーカードアダプター 2006年11月11日 PS/PS2のメモリーカードを接続できるアダプタ。セーブデータをPS3の内蔵HDDに取り込める。
CECH-ZNR1J nasne(ナスネ) 2012年8月30日 500 GBモデル。
CECH-ZNR2J 2013年10月10日 1 TBモデル。
CECH-ZR1J BDリモートコントローラ 2006年12月7日 Bluetoothのみに対応したモデル。単三乾電池2本必要。
CECH-ZRC1J 2011年3月31日 薄型・軽量化、そしてボタンや赤外線も追加されたモデル。システムソフトウェア バージョン3.60以上に対応。
CECH-ZS1J 縦置きスタンド 2009年9月3日 CECH-2000シリーズ、CECH-3000シリーズ用。本体を縦置きにする際に載せるための台。本体を縦置きにした際の安定性を向上させることができる。
CECH-ZST1J 2012年10月4日 CECH-4000シリーズ用。本体を縦置きにする際に載せるための台。本体を縦置きにした際の安定性を向上させることができる。
CECH-ZUC1 USBケーブル 2.8m 2010年12月16日 Mini B端子のUSBケーブル。なお、本体同梱のUSBケーブルは1.5mで単体販売はない。
CECH-ZVS1J サラウンドサウンドシステム 2010年9月30日
CEJH-15001 PLAYSTATION Eye 2008年7月24日 「メモーション」というソフトが同梱。
CEJH-15002 ワイヤレスヘッドセット 2008年10月30日 クレードル同梱。
CEJH-15004 HDMIケーブル 3.0m 2009年9月3日
CEJH-15005 電源コード 2009年9月17日 CECH-A、CECH-B、CECH-H、CECH-Lの本体に1つ同梱。
CEJH-15007 PlayStation Eye 2010年10月21日 単品。「メモーション」というソフトは同梱していない。
CEJH-15008 PlayStation Move スターターパック モーションコントローラ(CECH-ZCM1J)とPlayStation Eye(CEJH-15007)のセット
CEJH-15012 ワイヤレスヘッドセット 2012年9月20日 クレードル同梱。
CEJH-15014 HDMIケーブル 2.0m 2011年9月8日
CEJH-15018 PlayStation Move モーションコントローラ 2012年11月22日
CEJH-15019 PlayStation Move レーシングホイール 2013年1月17日 モーションコントローラに取り付ける事でハンドルのように扱える装着部品。
CUHJ-15001 ワイヤレスサラウンドヘッドセット 2015年12月3日 ワイヤレスアダプタ同梱。
SCPH-1020 メモリーカード 1994年12月3日 PlayStationのゲームのセーブデータを保存しておくための補助記憶装置。記憶媒体として1Mbit(128KB)のフラッシュメモリを採用している。メモリーカードアダプターを使用して接続する。
SCPH-1050 RGBケーブル 1995年3月17日 音声・映像を出力するためのケーブル。RGB21ピン端子付きのテレビで利用できる。
SCPH-10020 メモリーカード(8MB) 2000年3月4日 PlayStation 2用ゲームのセーブデータを保存しておくための補助記憶装置。メモリーカードアダプターを使用して接続する。
SCPH-10050 電源コード CECH-2000(薄型)以降の本体に1つ同梱。PS/PS2と共用。
SCPH-10070 RFUアダプターキット RF出力で使うキット。アンテナ線を介してテレビに接続できる。
SCPH-10080 AVアダプター コンポジット映像端子とAVマルチ端子が付いたアダプタ。後継はSCPH-10130。
SCPH-10130 AVアダプター(S映像出力端子付き) 2000年10月12日 コンポジット映像端子とAVマルチ端子とS端子が付いたアダプタ。SCPH-10080の後継。
SCPH-10320 D-sub15ピン変換ケーブル 2001年5月9日 D-sub15ピン付きのモニターで利用できる。
SCPH-10480 S端子ケーブル 2006年12月7日 音声・映像を出力するためのケーブル。S端子付きのテレビで利用できる。
SCPH-10490 コンポーネントAVケーブル 音声・映像を出力するためのケーブル。コンポーネント入力端子付のテレビで利用できる。
SCPH-10500 AVケーブル 音声・映像を出力するためのケーブル。本体に1つ同梱。PS/PS2と共用。
SCPH-10510 D端子ケーブル 2006年11月22日 音声・映像を出力するためのケーブル。D端子付きのテレビで利用できる。
型番 名称 発売日 備考
エレクトレットコンデンサーマイクロホン
型番はECM-PCV80U。通信カラオケJOYSOUND DIVE』等で使用可能なマイク。
ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer”
型番はHMZ-T1、HMZ-T2、HMZ-T3、HMZ-T3W。

ライセンス商品編集

HD液晶モニター3
型番:HP3-138。 ホリより発売されたライセンス商品。CECH-2000シリーズ、CECH-3000シリーズ用。

広告編集

世界万能対談
世界万能対談とはPS3と万能ねぎによる対談でPS3の機能を紹介する対談である2010年12月11日現在9種類のCMが存在する。
  • タイトル
    • #1 万能とは
    • #2 新色・増量PS3®
    • #3 torne(トルネ)™で地デジ録画
    • #4 テレビでインターネット動画
    • #5 PSP®「プレイステーション・ポータブル」でできること
    • #6 PS3®は3D対応
    • #7 PlayStation®moveが新登場
    • #8 3D何でもPS3®で
    • #9 PS3®でAVチャット
  • 声の出演
世界万能「生」対談
さらに、このCMから派生したインターネット宣伝番組が『世界万能「生」対談』である。ニコニコ生放送Ustreamおよび 世界万能対談ホームページでリアルタイム配信された。PS3、万能ねぎのほかにゲストを交えてPS3の機能を紹介する。また、番組と同時に行われたアンケート「世界万能調査」に回答すると、PS3と万能ねぎの「万能セット」などが当たるプレゼントが実施された。回によっては2コン、たまねぎ、PS3(クラシック・ホワイト)、Moveちゃん、3コンといったこの番組独自の新キャラクターも登場する。

キャッチフレーズ編集

  • Play Beyond
  • PS3時代を宣言します。
  • 「世界でひとつ」のゲームをやる。
  • すべては、ココロ動かすために。
  • やりたかったぞー
  • ゲームの逆襲がはじまる。
  • 本格始動。
  • みんなのアソビ場。
  • みんな、ここで目覚める
  • こころは、もっと動く。(playfaceキャンペーン)
  • つかいきろう△◯☓☐。
  • Playの全てがここにある。
  • ソーレソレソレ

反響編集

発売当初、BDドライブの主要部品である青紫色レーザーダイオードの量産失敗により、出荷台数は発売日に9万台、以降も週3から4万台程度と供給不足に陥った。発売日には日本のみならず海外からの来日者もおり各地で即日完売。その後1ヶ月間余は供給不足が続き、インターネットオークションにおける高額な転売が問題となった[72]。米国SCEのCEOジャック・トレットンは、2008年1月GameSpot紙に対して2007年北米で苦戦した原因について「PS3の最大の失敗は発売開始時の供給不足だった。米国だけで少なくとも100万台の需要はあったが、それに応えることができなかった」と述べた。ただ発売開始直後、メリルリンチ日本証券は60 GBモデルの製造コストを約85,000円と試算しており、単純に言えば売る度に25,000円以上の損失を出していたことになる。

2006年末頃から次第に供給不足は解消され、2007年1月中頃には生産出荷台数[注釈 16]日本100万台、全世界200万台を達成したと報道された。2008年1月の各誌報道によれば、40 GBモデルの製造原価は、基板の設計変更や機能の省略などによって800ドルから400ドルへと半減した。北米での80 GBモデルと日本での60 GB/20 GBモデルの出荷停止は、逆ザヤによる赤字を抑えることも目的とみられる。なお2009年末の段階では、逆ザヤは販売価格に対して6%ほど(約1,800円)であり、売れば売るほど赤字になる状態は解消しつつあることがソニーの2009年第3四半期業績説明会で明らかにされた。2009年度連結決算の発表時において、PS3の逆ザヤは2010年3月末で解消したことを公表した[73]

こうして北米での「次世代DVD」の規格争いにおいてBD陣営の牽引役となり、HD DVDを撤退に追いこむ要因の一つとなった[74]

BD再生においても専用プレーヤー/レコーダーと比しても遜色ない性能を持っている。システム更新により無償で機能が向上する点はAV機器としては当時は革新的で、特に2007年5月のシステムソフトウェア バージョン 1.80ではBDの1080p/24 Hz出力(フィルム素材の映画ソフトを最も忠実に再生する)とDVDのアップコンバートに対応、高価な民生機に匹敵する画質と評価する向きもあった[75]。この機能は、本来SD画質のDVDがHD画質と同レベルにみえるほど性能が高い。HDMI搭載ハイビジョン対応テレビがあれば、BD再生だけでなくDVDのアップコンバートなどで多くのユーザが恩恵を受けられる[76]

また初期モデルで再生可能なSuper Audio CDの音質は評価されている[77]

本機は性能の高さによりコンピューターとしても使用された。2007年3月22日の最新システムソフトのダウンロードで スタンフォード大学のグリッドコンピューティング「Folding@home」へ参加できるようになった。当時の参加台数は約2万8千台であったが、性能は地球シミュレーターの15倍にもおよび、他のパソコン約20万台分以上の性能を出して、同プロジェクトの処理能力が2倍以上に向上した[78]。また2008年からCellの強力な性能に着目したアメリカ空軍では、米国空軍研究所合成開口レーダー画像処理などの最先端研究用にPlayStation 3を2016台を連結しクラスターシステムを2010年に構築した(コンドルクラスターと呼称)[79]

一方普及に際しては2007年にライバルメーカーであるマイクロソフトから英語版ウィキペディアにあるPS3の記事(en:PlayStation 3)にてIPアドレスを介した編集が行われ[80]、「PS3は最も悪いハードであると思われる」などネガティブな編集をしたことが発覚し、マスコミで報道され話題になった。ただし、この事件は同様にWikipediaにおいてソニー内部からXbox 360ソフトに関して批判的な編集がなされた事が発覚した後の出来事である[81]

また、ソフトウェアメーカーの動向も注目された。

  • PS3はサードパーティーのマルチプラットフォーム作品の開発に大きな影響を与え、同じHDゲーム機であるXbox 360との組み合わせが多くなり、PS2互換性を排してからは一部ソフトがPS2との組み合わせでも発売されるようになった[注釈 17]。RAMの容量に関しては、Xbox 360では512MBをCPU/GPUで共用し、PS3ではMain RAM 256MB、GPU RAM 256MBの独立形式であるため、それぞれのOSで消費する容量を考えなければ容量の違いはほとんどない[注釈 18]。グラフィック面等で劣るマルチ作品が一部にあった理由は、非対称型マルチコアを多数使用することによるミドルウェア開発の困難さに起因する。2007年12月、米国SCEのCEOジャック・トレットンは、「サードパーティーは、PS3版の開発を先行させて後で別プラットフォームに対応させ始めている」と発言した[83]。これに対しルーカスアーツの開発チームはXbox 360用エンジンを開発後、PS3用に移植を進めたがエンジンがバージョンアップするたびにXbox 360版と同じ表現を出せなかったため、PS3専用の開発チームを作ったと上記のトレットンとは逆のことを述べている。原因の一つにSCEがライブラリの整備を怠っていることをサードの開発者は指摘する[84]バイオショックのPS3版は移植作業に3つのスタジオと14人ほどのスタッフをかり出すことになったという話もある。
  • PS3用ソフトウェアの開発が難しいと言われる理由は、3DCGを多用したタイトルをマルチプラットフォームで発売する場合において、Xbox 360やPC向けの設計をそのままPS3に適用した場合:十分なパフォーマンスを得られないためだとの分析がある[85]。これは、PS3のグラフィック性能を十分に引き出すためには設計段階からPS3に特化しなければならないことを意味する。
  • 開発費問題は同一社の定量的な調査では「(PS2の)2倍もいっていない。工数を上がらないように作ろうと思えば作れる」[86] などPS3ならではのゲームを作成するためにはPS2と比較し高騰しており、開発工程低減が重要視されている。PS2並のゲームを作成する場合においては、PS3の大容量かつ高速なメモリやBlu-ray Disc、Cellプロセッサの処理速度から、余計な調整の工程を省きつつも見栄えもよくすることができるため、かえって負担は軽くなると開発関係者は語っている[87]。EpicのUE開発者は講演の中で従来のシングルスレッドプログラムの5倍と答えている(EpicがPS3でリリースしたソフトはUT3の一本のみ)[88]
  • アクティビジョン・ブリザードのCEOはソニーがハードウェアの値下げでユーザーを拡大し、ソフトウェア販売の鈍化を止める気がないのなら2010年から2011年を見て、PSP/PS3用ソフトのサポートを続けるかどうか、検討する可能性があると発言した。これに対してソニー会長は「アクティビジョンCEOは、注目を集めることを好む。われわれは互いに圧力を掛け合っており、これは戦略」と述べ、ビジネス上よくある駆け引きだと一蹴した[89]

問題点編集

傷害・盗難事件
2006年11月17日の米国発売日には販売店の前で2人組の強盗による発砲事件が発生、購入のために並んでいた客数人が怪我をした。12月4日には、ノースカロライナ州ウィルミントンで大学生からPS3を強奪し逮捕状が出た18歳の同大学生が警官に自宅で射殺される事件が発生。死亡した大学生の手にはPS3のコントローラが握られていた。この事件は警察側が245万ドルを遺族に支払って終結した[90]12月5日には茨城県の運送会社の荷物置き場から、保管中のPS3が180台(計約950万円相当)がパレットごと盗まれ、出入り業者の運転手の男と無職の男が逮捕された[91]
訴訟
2010年4月1日のアップデートでLinuxなど他のOSをインストールする機能を削除した[92]。セキュリティ上の理由とされているが、この機能の削除は「不公正であり、詐欺的である」として、ユーザーに集団訴訟を起こされた[93]ほか、自作ソフト(Linuxインストール機能の復活など)を正規のものとPS3に認識させてしまうルートキーの解析[94]などが行われた。
世界規模のシステム障害
2010年3月1日PlayStation Networkの世界規模の障害が発生し、新型PS3以外では時計の表示エラーが原因とされ、以下の現象が確認された[95]。同問題はPS3が2010年をうるう年と誤認識していたことが原因であったため、3月2日(GMT)になった時点(内蔵時計で3月1日)で解消された[96]
  • 時刻が『2000/01/01』になり、PlayStation Networkにログインしようとすると『エラーが発生したため、“PlayStation Network”からサインアウトしました。(8001050F)』と表示。
  • ゲームを起動しようとすると『トロフィー情報の登録に失敗しました。(8001050F)』とエラーが表示され、トロフィーデータが表示されなくなる。
  • インターネット経由での日付と時刻の設定を行うと『時刻設定に失敗しました(8001050F)』とエラーが表示。
個人情報流出事件
  • 2011年5月28日、日本およびアジア諸国のPlayStation Networkサービスを一部再開することと、ユーザへのお詫びとして無料提供されるゲームのタイトルが発表される。PS3のラインナップは、『The Last Guy』、『おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho!』、『無限回廊 -序曲-』、『WipEout HD』、『ハスラーキング』の5タイトルの中から2本。
違法コピー問題
  • パッケージソフトの場合、ディスクを複製できてもPS3においてコピーディスクを起動することは難しいとされていた[97]。しかし、2010年8月にPS3に特定のUSB機器を刺すだけでゲームディスクのバックアップとディスクレス起動を実現したjailbreak(脱獄)が公開された。翌9月には公開したチームとは別のチームがjailbreakに必要なソフトウェアをオープンソース化したと発表した。さらに同年暮にはPS3の電子署名アルゴリズムが解析されたとハッカーカンファレンス27C3で発表され、これまでより容易にコピーディスクの起動およびiso起動とカスタムファームウェアでのPSNへの接続が可能となった。後のファームウェア更新によってjailbreakが使用していたセキュリティホールは塞がれた。
  • ダウンロードソフトについてはプロダクトコードを他人と共有して使用するWarezが容易であるが、ゲームによってはネットワーク機能の使用不使用に関わらずプレイ時にネット接続を必須とさせるなど、独自の対策が進められている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ゲームソフトの動作のみならず、初期モデルではLinuxをはじめとするサードパーティOSでの使用もはじめから想定されていた。プレスリリースでは、「コンピュータエンタテインメント・システム」といった呼称もみられる。
  2. ^ ただし、ライセンシー向けの開発環境と違って、Linux上ではPS3の持つ100%の能力が使える訳ではない。
  3. ^ 8つあるSPEの内の1つが、歩留まり向上を目的にした冗長性のために使用不可になっている。
  4. ^ 発売当時は次世代の映像フォーマットである1080pが普及し始めていたため、カタログスペックとして一応対応しているが、オブジェクト描画の詳細度を保ったまま十分なパフォーマンスが出せるわけではない。対応映像フォーマットは広告として大きな意味を持つため、後の世代のゲーム機でも同様に背伸びをする傾向がある。
  5. ^ 『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』のデモバージョン
  6. ^ 256 MBの内、OSが7 MBを使用
  7. ^ 256 MBの内、OSが43 MBを使用
  8. ^ PS/PS2はMIPS系で、PS3はPowerPC系
  9. ^ ATRAC、WMAの再生はインターネット接続によるアクティベーションが必要。
  10. ^ 2010年7月よりソフトウェアアップデートで2009年秋冬モデル以降のVAIOにも対応
  11. ^ VRAMバス幅が2560 bit
  12. ^ 例としては『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』が挙げられるが、この作品については後にVRAMの転送速度のボトルネックを避けるために、プログラマブルシェーダを活用するように描画システムを変更したパッチ適用によって1080p/60 fpsや高画質化が施された[58]
  13. ^ 加工技術を微細化し半導体チップサイズを縮小する事。
  14. ^ コア=芯材なしで形成する技術
  15. ^ SCEEによってGC2007で、ヨーロッパ圏向けにUSB接続の外付けテレビチューナユニットとして発表された。チューナーを二つ搭載、HDDに1080pのまま保存が可能といった特徴がある。2008年9月にヨーロッパで販売が開始された。録画番組をPSP向けに変換して、USB経由で転送できる。EPGにも対応した。
  16. ^ 主にソニーがゲーム機の販売台数の代わりに用いる、生産拠点からメーカーの倉庫などへの出荷数。小売店への出荷数とは異なる。
  17. ^ しかし、『レインボーシックス ベガス』のように、旧世代のゲームエンジン(UnrealEngine2.5)を使用したことが原因でグラフィックに差が見られる例もあった。
  18. ^ PS3ではCPU/GPUがそれぞれ相手のRAMにもアクセスできるが、GPUとなるRSXがGeforce7800Gtx相当のものを使用しているため、全く同じという訳にはいかない。システムのバージョンアップ作業ではメモリーとの葛藤もあるとPS3ファームウエアの開発陣が語っている[82]

出典編集

  1. ^ 週刊ファミ通 2018年1月4日号『マーケティングリポート』211頁、KADOKAWA
  2. ^ http://www.vgchartz.com/platforms/
  3. ^ [PS3] メディアクリエイト、2012ゲーム産業白書(販売本数Best1000)、PS3:1913370。メディアクリエイト、2015ゲーム産業白書(年間販売本数Best1000)、PS3 UH:55365。
  4. ^ VGChartz PS3 Nov 2019
  5. ^ SCEI 久夛良木社長インタビュー(1)「PLAYSTATION 3でコンピューティングを変える」 - PC Watch:後藤弘茂のWeekly海外ニュース, 2005年6月8日
  6. ^ a b c d e f “次世代コンピュータエンタテインメント・システム PLAYSTATION 3を2006年春発売予定” (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2005年5月17日), http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20050517_ps3.html 2009年10月23日閲覧。 
  7. ^ プレイステーション3、Xbox360の累計販売台数を上回る・・・調査会社IDCが報告”. インサイド. イード (2013年1月13日). 2021年12月18日閲覧。
  8. ^ 本田雅一のE3レポートSCEI 久夛良木健社長兼CEOインタビュー — Cellが家庭にもたらすパワー(2005年5月21日、Impress Watch
  9. ^ 本田雅一のE3レポート SCEI 久夛良木健社長兼CEOインタビュー — PlayStation 3はゲーム機ではない”. PC Watch (2005年5月21日). 2008年7月15日閲覧。
  10. ^ 後藤弘茂のWeekly海外ニュース SCEI 久夛良木社長インタビュー(2)「PS 3のHDDにフル機能Linuxを搭載」(2005年6月9日、Impress Watch
  11. ^ “PS3価格発表――発売日は11月11日に決定”. ITmedia. (2006年5月9日). http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0605/09/news021.html 2009年10月25日閲覧。 
  12. ^ a b “PLAYSTATION®3 HDD 20GB HDMIを標準搭載 日本国内希望小売価格 49,980円(税込)” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2006年9月22日), http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20060922_ps3_hdmi.html 2009年10月25日閲覧。 
  13. ^ “SCEE、PS3の欧州での発売時期を2007年3月に延期 日本・北米では変更なし”. GAME Watch (Impress Watch). (2006年9月6日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/20060906/ps3.htm 2009年10月25日閲覧。 
  14. ^ “PS3「予約終了」早くも続出・生産遅れで品薄感”. 日本経済新聞社. (2006年10月30日). http://it.nikkei.co.jp/digital/news/game.aspx?n=AS1D26096%2028102006 2009年10月25日閲覧。 
  15. ^ “北米での「PS3」品薄状態は5月までに解消へ=SCEA”. ロイター. (2007年2月28日). http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-24901320070228 2009年10月25日閲覧。 
  16. ^ “PS3発売で7:00に一斉カウントダウン!都内各所のゲーム販売店に長蛇の列”. 電撃オンライン. (2006年11月11日). https://dengekionline.com/data/news/2006/11/11/9bf939329348e9d163985caba0749dc0.html 2020年9月26日閲覧。 
  17. ^ 欧州版PS3購入者にBDビデオ「007/カジノ・ロワイヤル」を提供-PLAYSTATION Network登録者50万人にプレゼント、AV Watch(Impress)、2007年02月13日
  18. ^ ソニー・コンピュータエンタテインメント平井一夫社長兼グループCEOインタビュー(2007年9月3日、Impress Watch
  19. ^ “SCEJ、40GB HDDを搭載した新PS3発売決定 従来モデルは約5,000円の値下げ 「DUALSHOCK 3」も11月11日発売”. GAME Watch (Impress Watch). (2006年10月9日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/20071009/ps3.htm 2009年10月25日閲覧。 
  20. ^ ソニー、2010年度までの中期経営方針を発表 - BRAVIA/PS3への映像配信を強化”. Phile web (2005年6月26日). 2008年7月15日閲覧。
  21. ^ エルピーダメモリ公式発表
  22. ^ “SCE、29,980円の薄型「新PlayStation 3」を9月3日発売 - 初代の2/3に薄型化。HDMI CEC対応で、HDDは120GB”. GAME Watch (Impress Watch). (2006年8月19日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090819_309300.html 2009年10月25日閲覧。 
  23. ^ a b “更なる小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション3」(CECH-4000シリーズ)全世界で発売”. SCE (SCE). (2012年9月19日). http://www.scei.co.jp/corporate/release/120919b.html 2012年9月19日閲覧。 
  24. ^ “「プレイステーション 3」全世界累計売上8000万台を達成 ~「グランツーリスモ 6」をはじめ、年末商戦に向けさらに充実する世界累計300本以上のソフトウェアタイトルとともに、今後もプラットフォームを普及拡大~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2013年11月6日), https://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20131106_ps3_80million.html 2022年2月23日閲覧。 
  25. ^ 「マーケティングリポート」『週刊ファミ通』No.1363、KADOKAWA、2015年、216頁。
  26. ^ “PS3事実上の生産終了か ソニー「近日出荷完了予定」と告知”. ITmedia. (2017年3月17日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/17/news090.html 2021年12月18日閲覧。 
  27. ^ 西川善司の3Dゲームファンのための「PLAYSTATION Edge」講座 ソニー謹製プレイステーション 3専用フレームワークが登場! 同時に見えてきたPS3の“今の弱点”. Impress GAME Watch (2007年3月15日). 2009年4月18日閲覧。
  28. ^ 新型PS3ハードウェアレポート PC Watch 2007年11月12日
  29. ^ PS3 80GB Core unit and 65nm RSX GPU SlickDeals.net Forums
  30. ^ PS3縦置き横置き放熱が優れているのはどっち?調べてみた ポケットニュース
  31. ^ 西田宗千佳のRandomTracking 、AVwatch インプレス、2007年11月8日
  32. ^ 電源部120 V × 3.2 A [1]FCCに提出された資料(PDF)より
  33. ^ 騒音/消費電力を検証してみる AV Watch 2007年11月12日
  34. ^ 【新型PS3分解】記事リンク集 Tech-On! 2009年9月7日
  35. ^ a b ついに発売された新型PS3。その新機能を検証-HDオーディオ/HDMI CEC対応でAV機能は完成型へ AV Watch 2009年9月3日
  36. ^ SCEE Research & Development Division - ウェイバックマシン(2011年7月25日アーカイブ分)
  37. ^ SCE、BD-Live対応のPS3用最新ファーム「2.20」を公開 -LTHタイプのBD-Rも再生可能に。レジューム再生強化
  38. ^ 業界初、HDMI Ver.1.3aの機器認証試験を開始”. ソニー プレスリリース (2006年11月10日). 2008年12月31日閲覧。
  39. ^ 「PS3」がドルビーTrueHDを採用 Phile-web 2006年09月22日
  40. ^ Blu-rayの起爆剤「PLAYSTATION 3」のAV機能を試す。 AV Watch 2006年11月11日
  41. ^ PS3がファームウェア2.30でDTS-HDマスターオーディオ対応 AV Watch 2008年4月11日
  42. ^ 【特集】ハイビジョンディスク時代のAVアンプ AV Watch 2008年2月21日
  43. ^ 新PS3は、TrueHD/DTS-HD MAのビットストリーム出力対応(Impress AV Watch 2009年8月21日)
  44. ^ PlayStation 3に搭載される未発表の機能も判明!――システム開発担当者に仕様の詳細を聞く、ITmedia、2006年5月12日
  45. ^ PlayStation 3 Video Interview: Kaz Hirai、Kikizo、2006年10月2日
  46. ^ PlayStation.com (Japan) お知らせ | DUALSHOCK 3 2007年11月11日発売、PlayStation.com (Japan)、2007年10月9日
  47. ^ PlayStation.com (Japan) | お知らせ | 6軸検出システムに加え、新たに振動機能を搭載したDUALSHOCK 3、PlayStation.com (Japan)、2007年9月20日
  48. ^ 後藤弘茂のWeekly海外ニュースSCEI 久夛良木社長インタビュー(4)「PLAYSTATION 3のコストダウン戦略”. PC Watch. インプレス (2005年6月17日). 2022年2月23日閲覧。
  49. ^ 西川善司 (2013年2月25日). “西川善司,PS4にまつわる6つの疑問に答えるそぶりをしてみる~PS4はPS4.1,PS4.2と進化する!?”. 4gamer.net. Aetas. 2022年2月23日閲覧。
  50. ^ 「プレイステーション 3」で「プレイステーション」および「プレイステーション 2」用ソフトタイトルをお楽しみいただくにあたって、PlayStation.com (Japan)
  51. ^ ソニーが日本でもPS3でPS2ソフトを動作させる特許を出願、ついに互換性実現なるか”. Gigazine. OSA (2009年8月3日). 2022年1月18日閲覧。
  52. ^ 本田雅一のAVTrends 専用プレーヤーを超える「PS3」アプコンの秘密 「“Air”のBD版(SDからのアップコンバート)とDVD版を見比べて、同レベルと言ってもらえるように」
  53. ^ PlayStation.com (Japan)|PlayStation®3 情報|システムソフトウェア アップデート
  54. ^ PS3やWiiから利用できる「テレビ用YouTube」スタート」。、AV watch、2009年1月16日
  55. ^ 「Life with PlayStation」11月に終了へ 1500万人が参加した「Folding@home」支援も終了”. ITMedia NEWS. アイティメディア (2012年10月22日). 2022年1月18日閲覧。
  56. ^ PlayStation Move最新事情 PlayStation Moveと立体視が紡ぐ次世代モーションゲーミングの世界
  57. ^ “PlayStation®3“HDリマスター” プレイステーション® オフィシャルサイト”. SONY. http://www.jp.playstation.com/hdremaster/hdremaster.html 2017年4月14日閲覧。 
  58. ^ ZONE OF THE ENDERS HD EDITION -はいだらクオリティへの道- For quality and performance improvement.
  59. ^ 島田昇 (2006年11月13日). “PS3、互換性に不具合のPS2ソフトが200タイトル”. CNET Japan. ニュース > パーソナルテクノロジー. Red Ventures. 2022年4月16日閲覧。
  60. ^ 海外で販売されている"PLAYSTATION 3"規格ソフトウェアは国内で購入した"PLAYSTATION 3"で遊べますか? PlayStation.com (JAPAN) サポート]
  61. ^ 次世代コンピュータエンタテインメントシステム「プレイステーション 3」に「ATOK」が標準搭載 — ゲームソフトやサービスでの快適な日本語入力を実現 — - 2006年11月13日 ジャストシステム
  62. ^ 送り先・期間 - PlayStation®3 サポート
  63. ^ PlayStation3 一部機種のアフターサービス受付終了のお知らせ
  64. ^ 日経エレクトロニクス,2009年9月21日号,P10
  65. ^ 【訂正あり】RSXが40 nmになって消費電力が下がった新型PS3(CECH-2100A)を分解してみた、ポケットニュース、2010年4月22日
  66. ^ 「実はプレステ3で300万個の量産実績」、ソニーがコアレスパッケージの進展明らかに、EETIMESJapan、2011年2月16日[リンク切れ]
  67. ^ PlayStation®3 ワンピース 海賊無双 GOLD EDITION”. playstation.com. ソニーインタラクティブエンタテインメント. 2022年2月23日閲覧。
  68. ^ 西川善司 (2014年9月6日). “[CEDEC 2014]PS4の作り方教えます。SCEのメカ設計担当者自らが内部構造を徹底解説”. 4Gamer.net. Aetas, Inc.. 2014年9月6日閲覧。
  69. ^ PlayStation3 システムソフトウェア ver.4.53 ユーザーズガイド 映像出力設定”. SCE (2013年12月4日). 2014年2月5日閲覧。
  70. ^ 「プレイステーション 3」で「プレイステーション」および「プレイステーション 2」用ソフトタイトルをお楽しみいただくにあたって”. PlayStation.com. ソニーコンピュータエンタテインメント (2006年11月11日). 2022年2月23日閲覧。
  71. ^ 渋谷清人 (2010年1月22日). 西田宗千佳の― RandomTracking―「torne」開発チームは「SCEオールスターズ」!~PS3用地デジチューナ「torne」インタビュー~. インタビュアー:西田宗千佳. インプレス. https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20100122_344154.html 2022年2月23日閲覧。 
  72. ^ >PS3がヤフオクで“祭り”「20億円」入札や「1円」落札も”. ITmedia News. インプレス (2006年11月13日). 2022年2月23日閲覧。
  73. ^ 村井令二 (2010年5月13日). “ソニーの今期予想は最終黒字へ、液晶テレビなど損益改善”. ロイター. 2022年2月23日閲覧。
  74. ^ 新世代DVD:ブルーレイ、小売り世界最大手も支持 毎日新聞 2008年2月16日 - ウェイバックマシン(2008年2月18日アーカイブ分)
  75. ^ 音元出版「AV REVIEW」2007年7月号「HDワールドグランプリ」
  76. ^ 山之内 正 (2007年5月25日). “山之内 正が“新生PS3”を検証 - 24p出力対応で最高水準のBDプレーヤーに進化”. ファイル・ウェブ. 音元出版. 2022年2月23日閲覧。
  77. ^ 本田雅一のAVTrends 専用プレーヤーを超える「PS3」アプコンの秘密「“Air”BD版と同レベルを目指した」Impress AV Watch 2007年5月28日 - ウェイバックマシン(2007年6月1日アーカイブ分)
  78. ^ 東洋経済2007年4月7日号
  79. ^ Fixstarsプレスリリース:米国空軍研究所、PS3を用いた世界最高レベルの高速クラスターシステムを構築 2010年11月18日 - ウェイバックマシン(2010年11月22日アーカイブ分)
  80. ^ http://en.wikipedia.org/w/index.php?diff=prev&oldid=123703172
  81. ^ マイクロソフトもWikipediaでソニーのPS2、PS3をこき下ろしていた”. Gigazine. OSA (2007年9月5日). 2022年2月23日閲覧。
  82. ^ 西田宗千佳の― RandomTracking ―PS3とPSPの新ファームウエア詳細をSCEに聞く今後の方向性は「ネット連携」?”. AV Watch. インプレス (2008年10月23日). 2022年2月23日閲覧。
  83. ^ 米SCE社長の発言
  84. ^ 北米市場最大のゲームショウ「E3 2008」にて感じたこと GameSpot Japan - ウェイバックマシン(2012年5月13日アーカイブ分)
  85. ^ 西川善司の3Dゲームファンのための「METAL GEAR SOLID 4」グラフィックス講座 職人芸的最適化術によって生まれたPS3最高峰グラフィックスの秘密に迫る(後編)”. Game Watch. インプレス (2008年12月4日). 2022年2月23日閲覧。
  86. ^ コーエー松原社長、コーエーの次期事業戦略を社長として初披露 事業ポートフォリオによる開発とグローバルを意識した多作化に注力 2007-09-27 GAME Watch - ウェイバックマシン(2007年10月12日アーカイブ分)
  87. ^ Take it easy!: PS3の性能の使い方”. @niftyココログ. nifty (2007年4月18日). 2022年2月23日閲覧。
  88. ^ ゲームプログラミング界の巨人、Tim Sweeneyが「未来のゲーム開発テクノロジー」を語る - ウェイバックマシン(2008年9月12日アーカイブ分)
  89. ^ ソニー会長、「PS3」の値下げめぐる観測を一蹴”. ロイター. ロイター (2009年7月8日). 2022年1月18日閲覧。
  90. ^ Sheriff apologizes to Strickland family; county to pay $2.45 million - ウェイバックマシン(2009年1月8日アーカイブ分)
  91. ^ 「PS3」180台盗難、出入りの運転手を逮捕 茨城”. asahi.com. デジタル>PC・ゲーム. 朝日新聞 (2007年3月23日). 2022年2月23日閲覧。
  92. ^ “「PS3でLinux」が不可能に 4月1日のアップデート(バージョン3.21)で”. ITmedia News. (2010年3月29日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/29/news068.html 2011年6月17日閲覧。 
  93. ^ “「PS3でLinux」無効化めぐり、ユーザーがソニー訴える”. ITmedia News. (2010年5月6日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/06/news041.html 2011年6月17日閲覧。 
  94. ^ ハッカーがPS3の「鍵」をネット上に公開 Kotaku JAPAN News - ウェイバックマシン(2011年1月6日アーカイブ分)
  95. ^ PlayStation®3にて発生していた障害について”. PlayStation.com. ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010年3月2日). 2022年2月23日閲覧。
  96. ^ PlayStation®3をご利用のお客様へ”. PlayStation.com. ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010年3月2日). 2022年2月23日閲覧。
  97. ^ 中村聖司 (2008年1月28日). “台湾ゲームショップ特別レポート 完全保存版 Ver.2.0 台湾ではWiiが大ブーム。トレンドは「持ち寄ってみんなで遊ぶ」”. GAME Watch. Taipei Game Show 2008現地レポート. インプレス. 2022年2月23日閲覧。

外部リンク編集