憲法の「空語」を充たすために

憲法の「空語」を充たすために』(けんぽうのくうごをみたすために)は、内田樹の憲法論。

憲法の「空語」を充たすために
著者 内田樹
発行日 2014年8月15日
発行元 かもがわ出版
ジャンル 評論
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 並製本
ページ数 96
コード ISBN 978-4-7803-0713-9
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2014年8月15日、かもがわ出版より刊行された。装丁は上野かおる。本書のまえがきは、著者のブログでも読むことができる[1]

同年5月3日、神戸大学名誉教授の和田進[2]が主催する兵庫県憲法会議は神戸芸術センターで「神戸憲法集会」と題する集会を行う。本書は、同集会で内田が行った講演に加筆したものである。

脚注編集

注釈編集

出典編集

関連事項編集