メインメニューを開く

『懺悔の生活』(ざんげのせいかつ)は、大正10年1921年)に春秋社より刊行された、一燈園の創始者・西田天香が自身の宗教生活をまとめた随筆集。

目次

概要編集

郷里・長浜の期待を受けて北海道に開拓に入った西田天香だったが、出資者と労働者との板挟みに苦悩して辞職。失意の内に帰郷して南禅寺などに宗教遍歴を重ねる中、1904年に3日3晩の断食坐禅で宗教的転回を得る。その後、下座行・懺悔の生活を続け、支援者からの出資で一燈園を鹿ヶ谷に設立。各地での講演等をまとめた本書が1921年に刊行されるや、わずか1年半の間に151刷を重ねるベストセラーとなった[1]

編集

  1. 福田
  2. 托鉢
  3. 芸術と一燈園生活
  4. 転記
  5. 棄恩入無為と家庭ぐるみの救い
  6. 漬けもの物語
  7. 鹿ヶ谷夜話(1)
  8. 鹿ヶ谷夜話(2)
  9. 自然法爾
  10. 念仏と題目 - 寺と住職について
  11. PL会小話
  12. 一燈園生活にふれたる二種の女性
  13. 落ち穂
  14. 紫金牛 - 天華香洞偶話
  15. 天華香洞録抄

エディション編集

  • 『懺悔の生活』(春秋社、1921年→、新版、1995年→新装版、1999年)
  • 『懺悔の生活』(回光社、1932年)
  • 『西田天香選集』巻1(春秋社、1967年)

参考文献編集

  • 『一燈園 西田天香の生涯』(三浦隆夫著、春秋社、1999年)

脚注編集

  1. ^ 『一燈園 西田天香の生涯』(三浦隆夫著、春秋社、1999年)より

関連項目編集

外部リンク編集